« アメリカ最古の釣具店に行って来ました(平成22年) | トップページ | 水族館のお魚グッズ(平成22年) »

2010年7月20日 (火)

ニューヨーク水族館に行った(平成22年)

Cimg2147 Cimg2146 Cimg2161 ニューヨークに着いた翌日はマンハッタンの釣具店へ。その翌日は水族館へ。ま、娘が私の釣り好きを考慮したスケジュールを立て、それに孫が従うという本末転倒。
ユーキからは、「水族館に行くのは、オジイサマがお魚が好きからなの」と言われてしまいました。

釣り好きは魚を見ているだけで、気持ちさわやか、ルンルン気分になれます。
色んな魚が展示されていますが、私の興味はあくまでも釣りの対象になる魚。水族館の展示では花形といえる、色鮮やかで華やかなチョウチョウウオなどのエサトリには興味なし。

子供たちに人気の亀、人魚(マナティ)、セイウチ、アザラシなどには付き合いますが、私の興味はあくまでも釣り対象魚。

どこの水族館に行っても、そういう目で観察。意外と釣りの対象になる魚展示は少ないのです。ここのニューヨーク水族館でも同じでした。

やっと見つけたシマアジのような魚、チヌに似た魚の前で記念撮影。残念ながら、磯釣りの対象になるような魚は、イスズミに似た魚ぐらいしか見つけられませんでした。

Cimg2154全体的には、日本の水族館の方が水槽が大きく見ごたえがあるような気がしました。それでもひょっとたら、ここで釣りをする機会があればどんな魚が釣れるのかと、探しました。 水深1mぐらいの浅い砂場のようなところで、泳いでいる魚を発見。もし岸から釣れるとしたら、この魚かな、と見当をつけました。

7月 20, 2010 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニューヨーク水族館に行った(平成22年):

コメント

コメントを書く