« アルブ島の港近くで・・・(平成22年) | トップページ | カリブ海でトローリング(2)(平成22年) »

2010年7月31日 (土)

カリブ海でトローリング(平成22年)

Cimg2456 Cimg2459 Cimg2460     アルバ島でチャーターした船は超豪華。ミホがアメリカから予約を入れていました。
私、由美子、カツ、ミホ、ユーキ、ショーエイの6人が緊張して乗り込みます。船長のグレンが説明をしてくれますが、チンプンカンプン。カツが通訳してくれるので安心。英語が出来ないと、1人では釣り船も予約できませんわ。

広いリビング室、ベッドルーム2室、そしてキッチン、シャワー、トイレ付き。その中を見ただけで、舞い上がってしまいました。

心配なのは船酔い。そのために日本から船酔い止めを買っていったので、用意万端。
船は予定通り7時半に出港。助手のエドワードが手際よく順次仕掛けを作って流します。左に2本、右に2本の合計4本のサオ。

Cimg2500Cimg2471 4本のうち3本は擬似バリ仕掛け、もう1本の仕掛けには大きな冷凍サヨリを付けて、別巻きのリールにつけた大きなオモリで沈めます。そのオモリのでかさに感激、感嘆。ちょうど砲丸投げの玉ぐらいの球形オモリ。
トローリングをしたことが無い私には、これも新鮮。

出港して10分後には、すべての仕掛けを流し始めます。準備万端。私はトローリングのチェアーに初めて座りました。気分サイコー。大物が釣れそうな気がします。
この船のホームページ乗っていた写真(でかいシイラを抱えたもの)が目に浮かびます。

7月 31, 2010 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/48922338

この記事へのトラックバック一覧です: カリブ海でトローリング(平成22年):

コメント

コメントを書く