« 中央卸売市場の食堂にクエの魚拓 | トップページ | アメリカ最古の釣具店に行って来ました(平成22年) »

2010年7月18日 (日)

アメリカに行っていました(平成22年)

  Cimg2125 2010年の6月下旬から7月上旬に掛けて、由美子と、孫がいるアメリカに行って来ました。約20日間の旅行です。いまだ時差ぼけが直りません。

歳がいくと、なかなか環境に慣れず、日本からアメリカに行っての時差ぼけが直ったのも1週間ほどかかりました。こちらに帰ってからの時差ぼけが直るのもまだ4~5日はかかりそうです。

アメリカでもお魚グッズをいくつか見つけましたし、ちょっとした釣りもして来ました。これらについて、粛々と書いていくつもりです。
しばらくお付き合いください。きっとギャオーとか、ゲッとか、ナンジャアとかいう劇的なものはありませんが、そこそこのオモロイ話もあるかと思います。

ミホがニューヨークの空港まで迎えに来てくれて、どうにかマンションに到着。香川県高松市の自宅を出てから、40時間弱。飛行機の時刻上、成田のホテルで1泊しないといけないので、こうなります。
アメリカは遠い。

Cimg2823Cimg2825
久しぶりに会ったユーキ(8歳)の手首には、数本の輪ゴムを巻いています。カラーの輪ゴムですが、これがニューヨークの子供たちで大流行しているとのこと。

手首に巻けば普通の輪ゴムですが、手首からはずすと自然に動物などの色んな形になります。
20個ほど入ったものが5ドル。すごく高い。これを発明したのが日本人らしいのだが、日本では売れず、アメリカで大流行。こういうケースは産業製品でも、これまでにもいろいろありました。

アメリカで流行すれば日本でも売れることが多いので、これから日本でも流行するかも知れません。
色んな形があるが、買うときには袋に入っているので、自分ではどういう形のものがあるのかを選択できません。

Cimg2141 そして孫のユーキが言うには、下のショーエイ(4歳)が持っているお魚形が希少で大人気とのこと。なかなか手に入らず、動物形数個との交換になるらしい。

輪ゴムのお魚グッズがあるとは想像もできませんが、それが大人気と聞いて、うれしくなりました。

7月 18, 2010 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカに行っていました(平成22年):

コメント

はじめてうかがいました。
娘さんの元職場の同僚(先輩)です。
娘さんからこちらをご紹介いただきました。
たくさんの画像、読みやすいお話、新鮮なネタ!とても魅力的なブログですね。
今の娘さんと、お孫さんの画像は、激レアです!幸せそうですね。
魚好き、釣り好きにとって、四国は、本当に楽園ですよね。
高松も龍馬の高知、坂之上の雲の松山にまけず、さぬきうどんなどでもりあげることを祈っております。
私は松山出身で、高松には社会人になって8年くらいいました。
今は東京です。
また、おじゃまします。

投稿: 玉井利彦 | 2010/07/20 9:33:22

コメントを書く