« 「ナチュラルプール」でお魚(平成22年) | トップページ | いよいよ釣りです(平成22年) »

2010年7月28日 (水)

釣りエサ確保(平成22年)

Cimg2377 釣りをするには、とにかく釣りエサを確保しないといけません。昼食はビュッフェに並んでいる料理の中から自分で好きなものを取って食事をするのですが、ミホがその中に、イカが入っている料理を見つけました。

で、シェフに「釣りエサにしたいので、生のイカをくれないか」と頼んでくれました。シェフが「オーケイ」と言い、横にいた女性がニコッと笑って裏のまかない室に消えました。

だけどなかなか出てきません。イカを持ってくるだけなのに・・・。ホントに意志が通じたのかいなと心配したが、10分ほどして女性が紙コップを持って出て来ました。

コップの中には釣りエサになるようにきれいに切られたイカが山盛りに入っています。イカをわざわざ切ってくれていたようです。感謝。ミホのおかげでエサを確保することが出来ました。ふふふ。

Cimg2269 Cimg2577m Cimg2609 Cimg2298
今回アルバで泊まったのが、私には初体験の「オールインクルーシブ」システム。日本でこの言葉を使うときには、「旅行代金、観光代金、3度の食事代金が含まれる料金システム」で使われているようですが、カリブ海の「オールインクルーシブ」はオドロキでした。

ホテルでの何もかもが代金に含まれています。まず、ホテルの施設を紹介すると、
・広い敷地に複数のちゃんとしたコース料理が出てくるレストラン(イタリア料理専門、鉄板料理、寿司料理などいろいろ)、
・料理、果物、デザート、飲み物が食べ放題のビュッフェ(飲み物はウエイターに注文)、
・ビール、ワイン、カクテル、ソフトドリンクがいつでも飲める屋外スタンド
・お好みのピザをいつでも焼いてくれる屋外の施設、
・勝手に食べられるソフトクリーム製造機、
・氷を取り放題の製氷機
・プール
・ビリヤード、卓球、各種のゲーム機
・ビーチにたくさん置いている簡易ビニールベッド などなど

Cimg2306ホテルのチェックインしたときに、手首に「宿泊者証」になるバンドをしていると、これらすべてが無料。

ですから、朝ホテルを出るときに昼食用の食事、デザートなどを自由に選んで持ち出せるパックも置いていました。
夜は、毎日生演奏と色んな踊り実演があります。もちろん、タダ。コチトラはタダが嬉しくてついついビール。太り気味。料理も旨い。まさに楽園・天国。これが日本では考えられないほど、リーズナブルな料金。

アルバの入国申請書のの中に、「どこに泊まりますか」という質問があり、答えの欄に「ホテル」とは別項目として「オールインクルーシブ」があり、システムとして定着しているようです。

というわけで、釣りエサも無料で確保。さてさて、いつ釣りを決行しますかね。

7月 28, 2010 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 釣りエサ確保(平成22年):

コメント

コメントを書く