« 5月のイシダイが釣れた理由、その2 | トップページ | ホテルの前に恵比寿様 »

2010年7月14日 (水)

ピラルクのモチーフ

Cimg0826 愛媛県南部にある水族館「虹の森公園 おさかな館」の中に、ちょっとだけだけど驚いたものがありました。
壁に貼り付けたピラルクーの剥製、もしくは金属で作った造形です。

 

何度見ても剥製かどうか分かりません。ウロコの一枚一枚まで正確に見えるので、私には剥製に見えました。

 

だけど壁に見えるのは半身だけです。剥製にしたなら半身だけを見えるようにするのもおかしいなあ、と思いつつとりあえず写真に撮りました。

最後に水族館から出て行くときに、受付のお嬢さんに聞こうと思ったけど、「営業終了前に入ってきたオジン」というだけでも十分に怪しいのに、それ以上に怪しい内容で話しかける勇気はありません。

 

で、剥製かどうか分からずじまい。でも、森の中の水族館で実物大の壁に張り付いたピラルクに会えただけで、私の気持ちは十分に満たされました。

 

オジンって、意外に純粋なんですぞ。

7月 14, 2010 陸に上がった魚 公園、道の駅、民家 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピラルクのモチーフ:

コメント

コメントを書く