« 水族館のお魚グッズ(平成22年) | トップページ | まずはカリブ海のお魚探索(平成22年) »

2010年7月22日 (木)

カリブ海の「アルバ」に・・・(平成22年)

Cimg2181ニューヨークで2泊半した後、カリブ海に浮かぶ小さな島、「アルバ」に飛びました。2泊半というのは、ニューヨーク空港の出発が早朝だったので、その日は午前1時半起床の半泊。

私が「死ぬまでに一度でいいから、コバルトブルーのカリブ海に行きたい」としつこく言っていたので、娘夫婦が「しゃーないなあ」と、セッティングしてくれました。「死ぬまでに・・・」ということで、ギリギリセーフかも知れません。アンタだって、いつ死ぬか分かりませんから。
ここで1週間滞在の予定です。

ところで、日本を出発する前、ミホから「アルバに行く」と聞いてもさっぱり分かりませんでした。
日本では全くといっていいほど知られてないらしく、インターネットで検索しても、日本語の情報はほとんどありません。1週間滞在したホテルでも日本人どころか東洋人にも全く会いませんでした。

Cimg2180ホテルに到着して、まず迎えてくれたのが50cmぐらいのトカゲ2匹。爬虫類が大嫌いの私ですが、「カリブーー」の雰囲気もあって、そんなに嫌な感じはありません。
この後、この島がトカゲの島であることを、イヤというほど知らされますが、このときは大きなトカゲが普通に歩いていることに、ちょっと感激。

Cimg2202mCimg2183
部屋に入り、前に広がるコバルトブルーのビーチに超感激。やっと来れた。贅沢ーッ。
というわけで、これからはアルバ島でのゆったりのんびり珍道中がブログネタになります。

Zimg065 まずは「アルバ」について簡単に紹介。位置は南米ベネズエラの沖25キロですので、香川県からだと岡山県までの距離です。夜にはホテルのビーチからベネズエラの電気がよく見えました。
世界地図で見ると、ベネズエラにくっついて見えます。

ニューヨークからだと飛行機の直行便が毎日3便あって、4時間で到着。アメリカからは他の3都市からも直行便が出ているので、アメリカにとっては近い国です。私たちが乗った飛行機は満席。

1986年にオランダから自治領として独立。通貨はドルが通用しますが、店でのお釣りは「アルバギルダー」というこの国の硬貨でくれます。四角い硬貨を渡されて、チト戸惑いました。

面積は193k㎡。日本で一番小さい香川県の10分の1ぐらいの小さな島国です。人口は10万3千人で、これも香川県の10分の1。

とにかく島なので、釣り三昧?。赤、青、黄色の熱帯魚をバンバンと釣れて、「釣れすぎて面白くないわ。どうしょうもないわあ」を期待。
でも、そうは問屋がおろしませんでしたわ。

7月 22, 2010 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カリブ海の「アルバ」に・・・(平成22年):

コメント

コメントを書く