« サヨリカゴをいただきました | トップページ | 私のヒブダイ記録更新 »

2010年5月13日 (木)

お寺の塀の上にお魚

Cimg1593 本州と四国を結ぶ瀬戸大橋の四国側が坂出市。その大屋富(おおやぶ)町を歩いていて、意外な場所にお魚発見。
正法寺というお寺を散策していたら、人通りがほとんどない小道に沿った塀の上に造形物があります。

 

最初見たときには、ナンカあるなあと近づいて確認したらお魚さんだったので、うれしさを通り越してしばらくの間、思考が停止してしまいました。

 

お魚が波を抜けて天に向かい、叫んでいる感じ。お魚造形探索隊としては、大変貴重な発見。マヤ文明発見くらいだと思います。

何故お寺の塀の、それも正門近くではなくて最も目立たない場所に、このお魚があるのかは、さっぱり見当が付きません。

でもこのお魚は最近のものでないことは確かです。何十年も前からひっそりと塀の上で天に向かって叫び続けていたと思うと、愛(いと)おしくさえ感じます。

 

だけどこんなところにお魚があるとしたら、今度お魚造形探索隊としては、四国中のお寺の塀が見逃せなくなりました。ますます忙しくなります。

 

 

 

 

5月 13, 2010 陸に上がった魚 公園、道の駅、民家 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お寺の塀の上にお魚:

コメント

コメントを書く