« 足摺岬の磯釣り釣行(最終) | トップページ | フグ、フグ、フグ、フグ・・・ »

2010年4月 3日 (土)

赤澤名工がオモリを作ってくれました

Cimg0720 赤澤名工にお願いしていたステンレス棒のオモリができて来ました。ハリスにゴム管を入れておいて、簡単にB、2B、3Bと取替えが出来るものです。

名工は重さ100分の1グラムまで計測できる器械を持っていて、それはそれは正確に作ってくれました。

磯釣りに行ったとき、早速使って見ました。「調子良し」の一言。ガン玉のように位置がずれることも無く、イライラがなくなりました。

ガン玉の場合、使っているうちに位置がずれたりします。その都度もとの位置に戻して、歯でギュッと噛み潰します。
それでもしばらくすると、また位置がずれています。またまた、歯でギュッ。ギュッ、ギュッ、とやっているうちに、ガン玉が変形してハリスに止まらなくなったりします。イライラッ。

今回名工が作ってくれたオモリだと、このイライラが全くおきませんでした。
ただでさえ老齢人口入りのオジンにとっては、イライラが続くと長生きできなくなります。老齢人なんだから、もう十分に長生きしているということか。国連が言うことだから、逆らえませんわ。

4月 3, 2010 赤澤名工シリーズ |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤澤名工がオモリを作ってくれました:

コメント

コメントを書く