« 今年の「香川の大物釣魚ギネス」が印刷できました | トップページ | 国道沿いに大きな石の魚 »

2010年3月15日 (月)

もらった餌木竿を修理

Chp0203  釣竿を整理していると、買った覚えがない竿が出て来ました。イカ釣り用の餌木竿です。
片ちゃんがたくさんの竿を一度にくれたことがあったので、片ちゃんに聞きました。

「わしのじゃない」とあっさり至極。となると、誰がくれたのかさっぱり想像がつきません。
「覚えがないのに、有る」ということは、無意識に万引きしてきたんでしょうか。国連が認める「老齢人口」入りを果たし、少しボケが・・・。

大丈夫。リールシートのところが壊れています。まさか、そんな商品を売っているはずがない。
壊れているので使えません。「困ったときは、赤澤名工」。修理をお願いするために持って行きました。

私が持っていった安物のリールシートをチャンチャンと簡単に取り付けるだけかと思ったら、「こんなチャチなものではなく、ちゃんとした部品があるのでそれを使うとして・・・。シートの固定はナンジャラカンジャラ・・・」

私はテキトーに付けてくれたらいいのだけど、「しばらく預からせてくれ」とのこと。
しばらくして、「できた」という電話があったので、取りに行きました。

修理が終わったのを見て、不思議。まるで新品。どこを修理したのかという痕跡さえありません。リールシートの上下に黒くなっているところがありますが、素人の取り付けではありません。
「修理代は要らん」と言うので、ありがたく「はいはい」と受け取りました。うふふのふ、ですわ。

3月 15, 2010 赤澤名工シリーズ |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もらった餌木竿を修理:

コメント

コメントを書く