« 四万十川のカニ魚拓 | トップページ | ブダイのフライ感想 »

2010年2月21日 (日)

「平成22年版の香川ギネス」を作成します

Cie0402毎年発行している「香川の大物釣魚ギネス」の平成22年版の作成に取り掛かりました。デザインは猪ちゃんにお願いしています。

昨年版からの1年間で、新たに追加された魚種はアカエソ(斉藤清文さんの32.4cm)、アカササノハベラ(私の27.8cm)、アカネキンチャクダイ(片山勝男さんの20.8cm)、オオニベ(加藤尚人さんの109.6cm)、ギンガメアジ(岡哲男さんの34.3cm)、タチウオ(陸からは花田裕之さんの107.2cm、船からは藤綱郁夫さんの108.8cm)、ハナアイゴ(丸橋博行さんの34.7cm)、ヨコスジフエダイ(亀山静夫さんの27.1cm)、の8魚種。

このうち圧巻なのは、オオニベの109.6cm。多分、この写真が表紙を飾ることになると思います。加藤さん、おめでとうございます。

加藤さん以外にも、新魚種を釣られた皆さん、おめでとうございます。ウデか、ウンか、どちらにしても、おめでとうございまーす。

これまでにあった記録を今回更新したのが、アコウ(横矢正司さんの59.5cm)、アナハゼ(山岡尚幹さんの19.5cm)、コノシロ(私の31.8cm)、サヨリ(村上和之さんの40.7cm)、ブダイ(百々正光さんの45.2cm)、メバル(岩倉修さんの35.7cm)、ナマズ(山岡尚幹さんの61.9cm)の7魚種。

記録を更新した皆さん、おめでとうございまーす。実を言うと、新魚種を釣るよりは、これまでの記録を破る方が難しいと思います。
新魚種はウンが7割、ウデ3割。記録更新はウンが3割、ウデ7割と勝手に思っています。

ま、私が「勝手に」思っているだけですから、「オレが釣ったのは、ウデ10割」と思うのは「勝手」です。

2月 21, 2010 釣り記録 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「平成22年版の香川ギネス」を作成します:

コメント

こんばんは。SALTY STYLEのtamと言います。先日、宿毛の藻津でマアジの44センチを磯フカセで釣りました。スケールあてた写真がなければダメなんですよね?

投稿: tam | 2010/02/22 21:24:47

コメントを書く