« 見たことのない風景。ウツボの一夜干し | トップページ | イシダイの仕掛けをいただきました »

2010年2月 5日 (金)

赤澤名工作のはさみホルダー

Cik0479 赤澤名工がはさみホルダーを2個作ってくれました。10年前にも作ってくれていて、これは救命胴衣につけて愛用していました。

ところが最近、「アレを作ってやるから・・・」と、突然の申し出。「現在使っているのが、まだ十分に使える」と言っても、「作ってやる」の一点張り。

ありがたく作ってもらいました。厚意はありがたくいただきます。同じ「コウイ」でも、好意や高位や後遺はありがたくないときもありますけど・・・。分かるかなあ。

厚意でくれた2つを並べてみると、格段の品質向上。飾りに手彫りのお魚が付いています。
それに私の名前のきれいさも格段に上品になっています。

ハサミそのものにも、私の名前が彫り込んでいます。すごいでしょ。ふふふのふ、ですわ。

以前のものと今回作ってくれたものを比べてみて、赤澤名工が作り直してくれた理由が何となく分かりました。
赤澤名工が私がこれまで救命道具につけていた以前のものを見るたびに、「名工」のプライドが許さなかったんじゃないかと・・・。

で、2つ作ってくれたので、「一つが10年もつとして、今後20年は大丈夫」と考えたが、「そんな齢までは釣りをしていないわなあ」。
ふと思いつきました。このハサミホルダーには、お魚の手彫りが付いています。ということは、立派なお魚グッズです。私のコレクション対象になります。

赤澤名工は何にも言わなかったけど、最初から「一つは実用、もう一つはお魚グッズ」のつもりだったのかなあ。

2月 5, 2010 赤澤名工シリーズ |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤澤名工作のはさみホルダー:

コメント

コメントを書く