« 狙い通りの30cm超のサヨリ | トップページ | シロダイの一夜干し 対 イシガキダイのカマ塩焼き »

2009年12月28日 (月)

道路脇に魚のレリーフ

Cho0233 香川県の西端に近い三豊市詫間町を車で走っていて、道横の用水路脇にお魚のレリーフを見つけました。

後続の車がいたので停車できません。100メートル以上走ってからUターン。ブログネタをゲットするには、手間を惜しんではいけません。大変なんです。大変難です。

ブログネタにさせてもらったけど、このレリーフは見ての通りお魚というより浦島太郎。三豊市詫間町は浦島太郎で町おこしをしています。なので、いたるところに浦島太郎がいます。橋の欄干にも・・・。

Cho0210橋の欄干には、別のお魚レリーフがあります。コチラの方にはタツノオトシゴもいてかわいいのです。
でも竜宮城にタツノオトシゴっているのかなあ。タツ(龍)の子がいてもいいのかなあ。きっといいんでしょう。

でも最大の疑問があります。浦島太郎さんは髭がある老人になっています。
でも、浦島太郎が老人になったのは、玉手箱を開けた後でしょ。玉手箱を開けて老人になってから、再度亀に乗せてもらったのかなあ。

こんなことにイチャモンをつけてはいけません。いくらオジンといっても、ゴチャゴチャ言ってはいけません。ゴメンナサイ。

12月 28, 2009 陸に上がった魚 橋、トンネル、道路に魚 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 道路脇に魚のレリーフ:

コメント

コメントを書く