« 徳島県南部の海岸でイカ釣り | トップページ | 釣り道具入れをいただきました »

2009年12月18日 (金)

徳島県南部でのイカ釣り(2)

Chr0006 徳島県南部の大砂海岸でのゴムボート釣りは、午後6時半過ぎまで。そして、この日は釣り場のすぐ前にある民宿「大砂荘」で泊まり。オカテッちゃんの予約です。

ここでの夕食が豪華でした。一人ひとりにイセエビの刺し身が丸ごと1匹ずつ。普通の刺し身も付いて、味噌汁もイセエビ。都会じゃあ、考えられませんわ。

Chr0005写真の写りが悪いのは、ご勘弁ください。砂浜でゴムボートから降りるときに、ツルッと滑って水深30cmの海の中で、四つんばい。「あっ」と叫んだけど、ベストのポケットが海水に・・・。その中に入れていたカメラがご臨終。
なので、携帯電話のカメラで撮った写真です。

私は午後9時過ぎには、布団の中。ヨッさんは「午前3時にならんと寝られん」と20歳代のボヤキ。70歳に近いはずなのに、ナンタルフシダラな生活リズム。年寄りは早寝早起きのはずなのに。

私が熟睡して午前1時半に目が覚めると、ヨッさんが「眠れん、眠れん。午前3時にならんと・・・」とまだぼやいています。今度は、早起きが真髄のコチトラが眠れません。午前3時になったと思ったら、ヨッさんからいきなりの大イビキには笑ってしまいました。

Chr0004薄暗い午前6時に、窓の外からサイレンが鳴り響きます。耳をすますと、「警報、警報・・・。大津波警報。地震発生。大津波警報」と言っています。
窓を開けて聞くと、「大津波発生・・・。すぐに山の方に逃げてください。大津波警報」と、叫んでいます。

Chr0001こりゃあ、一大事、と思ったけど、体が動きません。もう一度耳をすまします。すると、「くんれん、くんれん・・・」の言葉。

「くんれん」が「訓練」とわかるまで2~3秒掛かりましたわ。だったら、最初に「訓練」と言わんかい。

そんなこんなで、2日目の出船は、午前6時半。釣り開始は午前7時。私は前日の夜に、アジを入れたバッカンの海水を変えないといけないことを知らなかったために、アジが弱っています。

このため一つのサオはウキを付けないで投入。これにアタリがあって1匹ゲット。1時間で切り上げ。オカテッちゃん2匹、ヨッさん1匹。

私も2日間でナントカ4匹を釣ったので、帰りの車の中でヨッさんから「免許皆伝や」のお言葉。私が謙遜して「いや、まだまだ・・・。免許皆伝なんて・・・。初段です」と言ったら、「段はまだ早い。初級の免許や」と・・・。しょーないのう。

12月 18, 2009 船釣り |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/47042434

この記事へのトラックバック一覧です: 徳島県南部でのイカ釣り(2):

コメント

コメントを書く