« 道路脇に魚のレリーフ | トップページ | 謂(いわ)れなき帽子の批評 »

2009年12月29日 (火)

シロダイの一夜干し 対 イシガキダイのカマ塩焼き

Chs0909 11月に男女群島に行ったとき釣ったイシガキダイとシロダイを冷凍していました。
シロダイは一夜干しにしたもので、イシガキダイは生のまま。

これを冷凍庫から出して朝食にしました。贅沢でしょ。ふふ。イシガキダイはカマの部分。この両方を一度に食べて、どっちの味が勝つかを確かめようという贅沢な朝食ですわ。磯釣り師でないと考え付かない贅沢。

結論から言うと、むむむーっ難しい。イシガキダイのカマは脂が乗ってうまいが、シロダイの上品な味も捨てがたい。

Chs0906シロダイを釣ったとき、一緒にいた内藤さんが「これは旨い魚やあ」と言いました。
私はそれまで、シロダイという魚を知りませんでした。

内藤さんが言ったとおり、シロダイは淡白で味があります。イシガキダイのカマの脂もいいけど、これまで魚の味で食べたことのないシロダイの上品さに軍配を上げることにしました。

私は上品に弱いんです。ま、私の上品さが、そう考えさせるのでしょうなあ。文句は受け付けません。

12月 29, 2009 魚料理 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/46999009

この記事へのトラックバック一覧です: シロダイの一夜干し 対 イシガキダイのカマ塩焼き:

コメント

コメントを書く