« 男女群島の渡船で1泊 | トップページ | 帰りの渡船の中で・・・ »

2009年12月 2日 (水)

男女群島から帰るまで3時間弱の釣り

Chx0749 男女群島での3日目の釣り。この日も、内藤さんと二人で、午前6時前に「おっちやん」バエに磯上がり。

昨日とうって変わって快晴、無風。最高の天気。周りの磯の相も、四国の磯より一段と勇壮な感じで気分サイコー。
サオを出してすぐに、内藤さんが小型を1匹。それ以後は、二人とも全くあたりなし。

Chx0751磯際を釣らなければ・・・、と仕掛けを際まで持ってくると、100発100中の根掛かり。エサトリは多いが、イシダイのアタリは出ません。

この日は、午前10時に迎えの船が来るので、遅くとも9時半には納竿しないといけないので、実質3時間足らずの釣り。だからあせります。

Chx0753 8時半を過ぎると、イシダイ特有のカツンカツンのアタリが出ます。私はつい早合わせで、失敗続き。これまで30年以上続けてきた釣りでの、アタリの取り方では、イシダイに通用しない。むむっむっーっ、イラッ。
午前9時過ぎに何度目かの根掛かりとなったので、潔く納竿としました。やれやれ。

私が納竿した後、内藤さんは置き竿で、「サオが引き込まれるまで待つ戦法」で、1匹目より少し大き目をゲット。粘り勝ちとなりました。
3日目も、完全に内藤さんに完敗。ウデです。

これで、男女群島での釣りが終了となりました。後は、渡船に乗って、ひたすら長崎港を目指し、車で四国まで走ることになります。

12月 2, 2009 脈釣り |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男女群島から帰るまで3時間弱の釣り:

コメント

コメントを書く