« 北京で、100円ショップの魚? | トップページ | 高知県柏島で磯釣り »

2009年11月16日 (月)

烈風の中で、イカ釣り

Chy0627      昨日の日曜日は、香川磯釣り連盟の大会日。オカテッちゃん、三好さんと私の3人は、前日の土曜日に愛媛県の宇和海で、アオリイカをバンバン釣って、その勢いで高知県の磯釣り大会に乗り込む計画を立てました。

ところが土曜日の宇和海は、強風注意報が発令中。釣り場の西遊漁センターに着くと、強風どころか、劇風、烈風。「痛風」じゃないだけマシ。尿酸値が高いんだよなあ。ふふ。

とてもサオを出せないので、車で10分ほど走り、風裏の波止を見つけました。背後からの風なので、サオを出せそうです。

ここでは「サオを出せるだけで幸せ」という感じ。なのに、オカテッちゃんがいきなり小型をゲット。勇気付けられたけど、それから2時間、全くアタリがありません。

オカテッちゃんのイカは、「まぐれ」だったことが分かりましたわ。いやいや、実力です。「いやいや」を変換したら、「嫌々」と出たけど・・・。

その後、場所をこの日の宿泊予定地にしている、民宿の「西遊漁センター」前に移しました。

Chy0635Chy06341時間ほどイカ釣りをして、まずは腹ごしらえ。ビールを飲んで、ズラーッと並んだ料理を食べつくすと、「イカはどうでもええやん」という気持ちと、「がんばらなくっちゃあ」が半々。

食事後、イカ釣り再開。午後7時にオカテッちゃんが仕掛けをロープに引っ掛けて、電気ウキを消失。ついでに、気力も消失。サオを仕舞ってしまいました。ま、こちらの方言で言うと、「どくれた(その状況に不満で、何事にも意欲を無くし、当り散らすこと)」のです。

Chy0637 夜の8時までやる予定だったのに、「いつまでするのか」と聞いてきます。しゃーないので、「午後7時半納竿」の妥協提案。
その間、ちょっと離れたところでやっていた三好さんが、イカ仕掛けにタチウオが釣れたというので、写真を取りに・・・。その後、私にもタチウオが来たが、バラシ。
オカテッちゃんが、「タチウオがこれだけいたのでは、イカはいない」と断言。「はよ、止め」と暗に言います。

納竿後、部屋に帰って、ビールと焼酎のお湯割りをジャンジャカ飲んで、2時間半の憂さ晴らし。そのお陰で、頭がジーンジーンとするほどになって就寝。
日曜日の磯釣り大会には、この日のリベンジを誓って、3人揃ってかわりばんこの大イビキで朝を迎えました。

11月 16, 2009 アオリイカ |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 烈風の中で、イカ釣り:

コメント

コメントを書く