« 釣り場の確認 | トップページ | また、サオを折ってしまいました。ヘタクソー? »

2009年10月23日 (金)

チヌの味

Cih0320 高松港で釣ったチヌを持って帰りました。はっきり言って、私はチヌが好きになれません。あのパサパサ感。あの嫌な臭み。
10年前までは、釣り上げたときの精悍な姿から、つい立派な魚と思っていました。

だけど何度食べても、納得する味ではなくて、嫌々ながらに食べていました。特に「山ノ神」は、料理するときにでる磯臭さに、「ギャオ、ギャオ」とうるさい。

魚を差別するわけではないが、そりゃあ好きと嫌いが出てくるのは仕方が無いこと。

今回釣ったチヌを持って帰ったのは、釣りを始める前に勇ちゃんが「今頃のチヌは旨い」を強調したこと。
これまではチヌを釣っても逃がすか、他人に上げていました。だけど、久しぶりに持って帰って、食べてみることに・・・。

Cih0356塩焼きにしました。確かに、勇ちゃんが言うとおり、春のチヌのように身はビチャビチャでなくてしまっています。
磯臭さも全くありません。

だけどあのパサパサ感は健在。「これでもっと脂が乗るとおいしいかも・・・」と思える味でした。
だから11月以降にチヌが釣れたら、もう一度試してみることにします。

10月 23, 2009 魚料理 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/46472670

この記事へのトラックバック一覧です: チヌの味:

コメント

コメントを書く