« これで、カメラは落ちません | トップページ | 手持ちギャフをいただきました »

2009年9月 7日 (月)

インターネット古書店が買ってくれました

Cimf9937 以前このブログに、インターネットの釣り古書店「パルス・ビット」社について書きました。そこから、私の自費出版本「おもしろ釣り問答」と「おもしろ釣り道場」の審査結果が届きました。
ふふふ。買ってくれました。それも、22冊です。ま、実力と言うことでしょうか。

そして、パルス・ビットのホームページ(http://www.pulsebit.com
の「自費出版コーナー」第1号として掲載されました。ウフフのフです。
これで、一応全国販売ということになりました。見捨てられていた子が、出世した感じです。

私の自費出版本を最初に取り扱ってくれたのは、書店数としては全国一(約320店舗)を誇る宮脇書店チェーン。そこの担当者から、「全国の宮脇書店においてあげる」と言われたけど、「とりあえず四国内の本屋さんから・・・」と言ってしまいました。後になって、全国にしとけばよかったと・・・。

全国に置くとなると、大変な数を印刷しないといけません。一か八かになります。サラリーマンとしては、こんな賭けはできません。

新聞の広告に「自費出版を取り扱います。一般書店にも並びます」というのを見かけますが、騙されちゃあいけません。せいぜい2~3店の隅っこに置くだけで済ますことが多いと聞いています。

私の場合、デザインは釣り仲間の猪ちゃんがタダで、印刷も釣り仲間の岡田さんが儲け無しでと、すべて、釣り仲間が手助けしてくれました。
四国の本屋でも平積みにしてくれて、そこそこよく売れました。お陰で、定価1000円なのに、自費出版本としては極めて珍しく収支トントンなのです。

9月 7, 2009 釣り本 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インターネット古書店が買ってくれました:

コメント

コメントを書く