« 片ちゃんから、何故かカゴをいただきました | トップページ | 波止を独り占めー »

2009年7月 2日 (木)

7月2日は「蛸の日」

Cimg7860 今日の7月2日は、一応「蛸の日」になっています。関西では半夏至(7月2日ごろ)に蛸を食べる習慣があるということで、「日本記念日協会」が「蛸の日」として、認定しています。

ということで、タコの話題を一つ。

タコの「オスとメスの見分け方」について。オスには、足8本のうち1本だけ、先に吸盤がない足がある。メスには、すべての足に吸盤がある。今度、スーパーのタコ売り場で確認してください。だけど、怪しまれないようにしてくださいよ。

オスの足1本に吸盤がないのは、オスがメスに求愛するときに、自分の精子が入ったカプセルをつかんでメスに差し上げるためです。そのとき、吸盤があると「おっとっと」と掴み損なう可能性があるので、神様が吸盤を除けた、ということ。これはすべて「魚学者」の本からの受け売り。

もう一つの、オスとメスの見分け方があります。メスの吸盤は、根元の大から、先の小へと、大きさがそろっているのに対して、オスの吸盤は不ぞろいになっている。
何故かと言うと、オスは縄張り争いや、メスの奪い合いのために、オス同士で、戦う。このとき武器になるのが吸盤で、特に大きな吸盤をいくつかもっている。このため、オスの吸盤は大きさが不ぞろいになっている。
コチラの知識は、テレビの番組で見たもの。

ところで、オスとメスのどちらの方がおいしいか、知っていますか。これは8月8日の「タコの日」に書きます。ま、パンチラ(古いなあ)みたいなもので、8月8日が楽しみでしょ。

7月2日は、漢字の「蛸の日」。8月8日は広島県の三原市観光協会が提唱している、カタカナの「タコの日」。どちらが正しいか、なんてことは「どちらも正しい」が正解。ま、夫婦喧嘩みたいなもので、どちらの言い分も正しい。

なお、今日から磯釣りの仲間と、高知県最西端の沖ノ島に釣行の予定でしたが、この悪天候のため、やむなく中止の憂き目。しゃーないなあ。

7月 2, 2009 魚介の記念日 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/45486926

この記事へのトラックバック一覧です: 7月2日は「蛸の日」:

コメント

コメントを書く