« 「巨大ハタを食べる会」で、ズラーッと並んだ料理 | トップページ | お魚さんを美人に例えたら・・・ »

2009年6月24日 (水)

ポーちゃんが生きていた

Cimg9283  香川県高松駅前にある海水池。ここに40cmのクロダイがいました。
だけど、昨年の暮れごろから、全然姿が見えなくなっていました。

Cimg9061この池は高速バス乗り場の前にあるので、出張のたびに覗き込んで確認したけど、全く見えません。心無いヤカラに釣られたのかも知れない。
写真は昨年の夏ごろに撮ったもので、大きな魚は1匹しかいないので、「どんな気持ちやろか」と、しょーもないことを考え、私が勝手に名前を付けました。

「ポーちゃん」です。理由はありません。急に思いついた名前で、なんとなく、です。駅近くには官庁の合同庁舎があるので会議に行く途中でも、よく通ります。そのたびに覗き込んで、姿が見えない「ポーちゃん」に片思い。
でも、99%は諦めていました。

先週の月曜日、私の職場リタイアを決めた総会が終わり、高松駅前にある会場のホテルを出たときには、空は既に薄暗くなっていました。
お酒が少し入っていたので、ほろ酔い気分で池を覗きこみました。

藻が生えている黒っぽいところは、暗くて全く見えません。底が砂地で白っぽく見えるところだけが、どうにか見えます。
その白っぽいところで、黒い影が動いています。「ひゃ~~、ポーちゃん、生きとったんかあ」と声が出ました。

半年ぶりです。私が職をリタイアした日に、半年ぶりの姿を見せてくれました。偶然にしては出来すぎです。ポーちゃんは、いつまでも白っぽい砂地のところだけを泳いでいます。私に姿を見せに来たかのようです。

その場にたたずんで、しばらくぶりのポーちゃんとお話しました。これって、ストーカーみたい、と思いつつ・・・。

6月 24, 2009 釣りのつぶやき |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポーちゃんが生きていた:

コメント

コメントを書く