« 瀬戸内海で船釣り。大型キス | トップページ | 縁起のいい車のナンバー »

2009年6月 8日 (月)

瀬戸内海の海上で、宴会

Cimg9716 Cimg9715 Cimg9719 この前の土曜日に、香川県多度津港から船釣りに行きました。「さぬき富士」さんの持ち船です。良型キスが釣れて久しぶりのエエ気分になりました。

昼になって、僚船の「酔軍艇」(「さぬき富士」さんのブログ、「さぬき日記」で、船の愛称名を知りました。)とつないで、二隻で宴会が始まりました。

「さぬき富士」さんと、「酔軍艇」船長の杉村さん(2人の写真の右。左は「さぬき富士」さん)とは、出港前から話をつけていたようですが、私にはサプライズの楽園となりました。「酔軍艇」にいた冨本(ふもと)さん、神田さんと、こちらの4人が合流です。

Cimg9720合流したときには、杉村さんが、釣ったばかりのアジ、キス、フグを刺し身にしてくれていました。
私は普段刺し身に箸を出しませんが、この刺し身は最高の贅沢。このときばかりは、自分でも驚くほど箸が止まりません。

出港してすぐに、「さぬき富士」さんから勧められたビールをお断りしましたが、この宴会始まりでは、ついビールに手が出て、このビールと刺し身のコンビネーションが、「海上の宝石箱やあ」となりました。

のんびりした瀬戸内海で、のたりのたりと流されながらの船で、ビールと釣ったばかりの刺し身。こんな贅沢をしていいのでしょうか。神様が「いいのだあ」とおっしゃっています。

 

6月 8, 2009 船釣り |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/45261603

この記事へのトラックバック一覧です: 瀬戸内海の海上で、宴会:

コメント

コメントを書く