« 格言どおりの「メバル凪」 | トップページ | お魚マンホール情報 »

2009年5月22日 (金)

笑えないワープロ変換

Cimg6867 ワープロの変換ミスで笑うこともありますが、笑えない変換もあったりします。
閣僚は、総理大臣に、総務、法務、外務、財務、文部科学、厚生労働、農水、経済産業、環境、防衛の各大臣となっています。

これを次のように変換したら、笑えなくなっちまいました。

「総理」大臣を、「添う利」大臣。利益に添ってばかりではないと、信じていますよ。
「法務」大臣を、「呆夢」大臣。呆れた夢で、法律を作っていないと思います。
「外務」大臣を、「害夢」大臣。日本国民の夢を害さないでくださいよ。
「財務」大臣を、「罪無」大臣。国の大赤字の責任は無いということでしょうか。
「文科」大臣を、「悶果」大臣。学校が悶えないようにお願いします。

ま、残りの閣僚は「次回」ということで、「自壊」。

釣りとお魚の変換間違いは、ホンワカ。
「海の釣行」--> 「産みの兆候」

「荒い魚拓」--> 「あ雷魚炊く」

「おふくろ ウミタナゴや」--> 「オフ 苦労見た名古屋」

「アサリ貝は、干潮が良い」--> 「朝理解は、浣腸通い」

「カンダイを狙って波止に釣行した」---> 「関大を狙って、鳩に長考した」

5月 22, 2009 言葉遊び |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/45026207

この記事へのトラックバック一覧です: 笑えないワープロ変換:

コメント

コメントを書く