« 100円のお魚貯金箱 | トップページ | 喫茶店に召集 »

2009年5月17日 (日)

観音寺市の一文字波止で夜釣り

Cimg9577 香川県の西端に近い観音寺市で、片ちゃん、猪ちゃん、斉藤さんと、4人で夜釣りです。港を出てすぐの一文字波止に渡船しての大物チヌをガッパガッパ釣る予定。午後5時に渡って10時に迎えなので、実質4時間程度の釣り。

Cimg9571このところ気温が急激に上がっていたので、のっこみチヌは終わっているかも・・・と考えて、私はスルメイカ釣りの仕掛けも持参。

私の予想が的中なのか、ウデなのか、チヌの「チ」の気配どころか、「ナ」の気配もなし。「ナ」の気配どころか、「ノ」の気配もなし。
「チ」より字数が、少なくなっているでしょ。高等なシャレ、分かるかなあ。

チヌの気配は無かったけど、イカの気配はありました。エサのキビナゴの一部ががぶりと噛みとられたのが3回。でも、アタリは全く出ず。
仕掛けの何が悪かったのか、「研究の余地があり」、です。

それにスルメイカ釣り用の点滅ライトが、点(つ)かなくなって、ネジを開けたら、ガボッと大きな音がしてショート。一瞬にして中が黒焦げになりました。多分ネジの締め方が弱かったので、海水が入ったみたい。これもウデやなあ。反省です。勉強になりました。

釣りはいつまでたっても、勉強です。私の場合、勉強ばっかりで、先生になれないところがつらいわ。一生、生徒で終わるんだろうなあ。

5月 17, 2009 高松黒潮本 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 観音寺市の一文字波止で夜釣り:

コメント

コメントを書く