« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月31日 (日)

ゴムボートでイカ狙い

Cimg9659 オカテッちゃんと香川県西部にある庄内半島に、イカ狙い。オカテッちゃんから買ったゴムボートの処女航海です。
ゴムボートの組み立てから、空気入れまで全部オカテッちゃんまかせ。なんたって、自分でしようと思っても、段取りがさっぱり分かりません。

Cimg9662Cimg9663 活きアジのエサは、オカテッチャンの知り合いの橋本さんが用意してくれてました。釣りをしていた岩場から、わざわざ戻ってきてくれて、そのとき、缶コーヒーまでくれました。いい人です。初対面の私にまで・・・。私に何かをくれる人は、だれであってもいい人です。

Cimg9669 釣り始めて1時間ぐらいして、底引き漁船がこっちに向かってきます。「のけろー」の声。あわてて仕掛けを上げたら、ふふふ、イカが釣れてました。1匹目。重さ960g。
漁船が通り過ぎるとき、船頭が、「大きなイカやったなあ」と、笑顔で言ってくれました。

このいきさつをオカテッちゃんに報告すると、誰かとの電話で、「まぐれで釣りよったあ」と大きな声で話しています。
そりゃあ、まぐれに間違いございません。でもねえ、大声で言うことはないと思います。

Cimg9685そのあと、もう1匹追加。870g。午後2時ごろ同じクラブの宮チャン(宮崎教正さん)が岩場を伝って見物に来ました。
わざわざ見に来て、よっぽど暇なんでしょうか。ふふ。そんなことはありません。ただ、私たちに会いたい気持ちが強かったんだと思います。ま、暇なんでしょうなあ。

Cimg9683私たちも納竿して、ボートの片づけを宮ちゃんが手伝ってくれました。なので、記念撮影。
今回の師匠のオカテッちゃんは、コウイカ1匹の釣果。 まぐれの私の勝利です。だから、釣りはオモロイ。

オカテッちゃんは、「あと1時間半やっていたら、わしがバンバン釣っていたはず」と未練たらたら。ふふふ。何とでも言ってちょうだい。

5月 31, 2009 船釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月30日 (土)

佐賀県の呼子イカグッズをいただきました

Cimg4014 「呼子」を「よぶこ」と読むことを、初めて知りました。
本名龍馬さん、顔も龍馬そのものの塚元龍馬さんが、会社の事務所に来て、手渡してくれたのがキティちゃんがイカになっているお魚グッズ。

Cimg96135月の連休に奥さんと九州に行ったときに買ったとのこと。佐賀県のSAで見つけたと言っています。「呼子イカバージョン」とあり、このとき「呼子」を「よぶこ」と読むことを知りました。

「呼子」という地名はもちろん知っていましたが、「よびこ」と思っていました。この年になってまた、一つ利口になりましたわ。
人生、いつまでも勉強です・・・、と口から出たけど、もう勉強はイヤです。勘弁してください。ふふ。

ところで、奥さんと九州を旅行中にまで、お魚グッズのことが頭にあるなんて、大丈夫でしょうかねえ。チト、コチトラが心配になりました。
楽しい楽しい旅行なら、こんなお魚グッズのことなんか頭の中から吹っ飛んでしまうと思います。

楽しくなかったのでしょうか。いやいや、そんな失礼なことを・・・。多分、楽しすぎて、「お魚グッズ」のことが頭らに浮かんだのだと思います。信じます。

それとも、私がよっぽど気になる存在ということでしょうか。龍馬さんに申し上げます。わたしに「そっちの気」はないですから。女房もいますし・・・。
お土産までもらったのに、つまらん妄想までしちゃいましたわ。

5月 30, 2009 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月29日 (金)

お魚バルーン

Cimg9588愛媛県松山市で、ある会社の創立50周年記念式典に参加。パーティには、島田伸介さんも参加。
その場にいた多くの人が携帯電話で写真を撮っていたので、私もつられて写真を撮りました。

こういう写真って、無断で載せてもいいのかなあ。チト、心配です。「アカン」のなら、教えてください。すぐに削除させていただきます。

Cimg9590この式典の後、松山に在住の玉井さんに連れられて二次会に・・・。そこに行く途中のタクシーで見つけたバルーン。お魚の形をしています。
でも、いくらなんでもタクシーを止めて、写真を撮るわけにはいきません。

連れて行ってくれたスナックの店が、お魚バルーンがあった場所から近いところでした。
なので、スナックから抜け出して、写真を撮りに。なんたって、貴重なブログネタですから。

席についてお酒がでる前に、「ちょっとだけ、出てくるから・・・」と、店を出たので大変不審がられましたわ。そりゃあそうでしょうなあ。
店に戻ると、玉井さんが小指を立てて「これですかあ」と言います。ふふ。

まあ、「これ(小指)」にしておいてもよかったけど、撮ってきた「お魚バルーン」の写真を見せました。
「ふっふっふ」と、バカにされてしまいました。やっぱり、「これ」にしておけばよかった。

5月 29, 2009 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月28日 (木)

4人乗りのゴムボートを、ゆずってもらいました

Cimg9653 オカテッちゃんから、新品のゴムボートを譲ってもらいました。彼が格安で買ったそのまんまの値段です。

オカテッちゃんは、ゴムボートを4隻、FRPのボートを3隻持っていて、その中の一番新しい新品です。何でそんなにたくさんのボートがいるんでしょうかねえ。一つのゴムボートを買うのさえ、思案しまくりの私の理解を、はるかに超えています。

4人乗りですが、イカ釣り用の一人乗りに使います。そのためのイカリ用の漬物石も買いました。「必殺の仕掛け」も作ってもらう予定です。
「ゴムボートで沖に出ると、波止でやるのと全然違うんぞ」、と何度も何度も言います。
きっと詐欺師はこういう風にして、ジワリジワリと信じさせるんやなあと思えるテクニックです。

アオリイカのシーズンは6月中旬まで。それまでに一度は行くことになっています。
ま、ゴムボートがあれば内湾でキス狙いも出来るし、釣りの幅が広がるのは間違いありません。

ゴムボートは25年以上前に買ったことがあったけど、そのときはしんどい思い出しかありません。さてさて、このゴムボートが私の不可欠伴侶になってくれるのかどうか、びみょ~~~う。

5月 28, 2009 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月27日 (水)

お酒の二次会で・・・

Cimg9654 Cimg9655 熊ちゃんがやっているお好み焼き居酒屋「くるみ本店」に、職場の人と行きました。

店に入ると、片ちゃんがカウンターに座っていたので、まずはご挨拶。「明日は船で、***に行くんやあ」とのこと。場所は、コチトラも既に酒が入っていたので、聞き取れませんでした。ま、相変わらずの釣り三昧のようで、めでたしめでたし。

さて、お酒は男だけで飲むより、女性が入ったほうが断然いい。今回付き合ってくれたのは、渡部さんが連れてきてくれたドコモの横岡友香子さん。女性が一人入ると、オジンばっかりより、明るくなります。

ところで、今回も写真を撮るときに、箸置きをもっています。「もう、ええ」と言うのに、私のお魚グッズコレクションへのアテツケです。まあ、それだけ気にしていてくれてるということで、しゃーないなあ。

あと2週間すると、私は職をリタイアします。こういう「アテツケ」をしてくれる機会もなくなります。少しは寂しくなりますが、釣り三昧じゃあああああ。ふふふのふ。

と思っているけど、「山ノ神」孝行もいるし、アメリカにいる孫にも会いたいし、40年間サラリーマン生活の垢整理も必要だし・・・。

5月 27, 2009 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月26日 (火)

サオがスローモーションで沈んだ理由

Cimg9167 3月の下旬に愛媛県愛南町の磯で、油断したスキにサオを海に引っ張り込まれたけど、たまたま近くにいた漁師さんに上げてもらいました。めでたし、めでたしの話、覚えていますか。

このとき、サオが沈んでいく様子を、「まるでスローモーションを見ているようにゆっくりと・・・」と書きました。
沈んでいくときの情景が、今でも鮮やかに思い出すことが出来ます。1時間前のことでも、何をしていたか思い出せないのに、不思議だと思っていました。

この理由が、分かりました。4月に福岡に出張があったとき、新幹線の中で、「大人の時間はなぜ短いのか」(一川誠。集英社新書)を読みましたが、その中に理由が書いていました。
私が「スローモーションのように・・・」と書いたのは、文学的表現ではなくて、事実だったということの裏づけです。

齢が行くと、時間が経つのが早い。子供のころの1年1年に比べると、最近の1年の経つのが早いこと。歩行者と新幹線ぐらい違います。
ずーーっと、何でだろうかと思っていましたが、この本のタイトルがそのまんま、私の疑問に答えていたので、新幹線の中で読むのが楽しみでした。

その中に、「サオが沈んでいくのが、スローモーションに見えた理由」も書いています。

人間が極度の緊張を感じる際には、心的時間の方が物理的時間よりも早く進行する。このため、物理的に起こっていることが、ゆっくりと見える、ということだそうです。

次のような実験をした。バンジージャンプで真っ逆さまに落下している人に、高速で文字列が変化するディスプレーを、手首に装着して、観察させた。
その結果、普段だと文字が見えないはずの速さで変化する文字列が、落下中の観察者には文字が見えたことが判明。

ドキドキワクワクすると、外観の変化がゆっくりと見えるということが、実験で証明されたというのです。

さて、大人の時間が、子どもの時間よりも何故短いのか。それは、本を買って読んでください。消費は不況脱出の最大の鍵です。ふふ。

5月 26, 2009 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月25日 (月)

空振りもあります

Cimg9629 この前の土曜日、愛媛県四国中央市にマツイカ(スルメイカ)狙いに行きました。近くの観音寺市沖での船釣りは大漁が続いているとの情報に釣られてのことです。

早めに行って場所取りをしないといけません。だけど早く着きすぎたので、まずは近くの波止で小物狙い。間違ってチヌが来ればラッキーという釣りです。

小物が入れ食いです。フグが10分間で5匹。ウキが着水と同時にフグの大群。フグは小物にも入りませんわなあ。なので、さっさとあきらめました。
写真を見てください。これだけのテトラをウンセウンセと下りて、やっと釣りが出来ると思ったら、フグの大群。車を降りて、釣りが出来るようになるまでが20分。なのに、10分間で納竿。しゃーないなあ。
とにかく、イカ釣りの場所取りに・・・。

Cimg9646 イカが釣れ出すのは、多分午後8時前。釣り場に着いたのは午後5時。それでも波止には、すでに20~30人がいます。
午後7時ごろには、おそらく100人近い釣り人がズラーッと並びました。

そして、薄暗くなり、時合い到来。と思いきや、全然アタリが出ません。私の向こう三軒両隣どころか、向こうずーーーっと両隣のだーれもアタリがありません。
沖合いには、イカ釣りらしい船が約20隻。こうこうと明かりをつけています。この明かりでイカが接岸しないのでしょうか。

イカがいるのなら、1人ぐらい釣れてもいいはずです。で、8時半にさっさと止めて帰ってきました。諦めが早いのが、私のウデ。
「釣り人は短気な人が多い」と言われています。本当に短気な人は、アホらしくて釣りなんかやってられません。真の短気は釣りに向かないのです。

去年イカ釣りに連れて行ってくれた宮内さんに電話すると、「今、船でメバル狙いなんやあ。さっぱり釣れん」とのこと。
今年の海は、ちょっと変。それとも変なのは、ウデ?

5月 25, 2009 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月24日 (日)

「悪いこと」のあとは、「ええこと」もあります

Cimg9617 金曜日に、近くの波止に・・・。すぐに釣れたメバルの写真を撮ろうとしますが、メバルが回転してうまくいきません。
やっと3枚目に撮ったのが、この写真。20cm弱だけど、そこそこのサイズに見えるので、オーケイ。

カメラをポケットにしまおうとしたとき、何がどうなったか・・・、カメラが手から転げ落ちていきました。私がいるところは高さ2m以上ある波止の上。
カメラはまず1m下のコンクリートに激突。私はそのコンクリートの上に立っているので、実質2m下になります。そこからはずんで、さらにその下の地面に激突。このとき、カメラから明かりが消えました。

「おい、大丈夫か」と声を掛けたけど、うんともすんとも返事はなく、お眠りになったまま。叩いたり、触りまわしたり、励ましたりしたけど、そのまま永眠。
このブログにカメラは必需品。明日にでも買いに行くことにしました。しゃーない。人間に失敗は付き物じゃあ。

このまま帰ろうかと思ったが、何故か釣れる予感がしたのです。予感的中です。うふふふふふ。

Cimg9620気を取り直して仕掛けを振り込みます。カツンと小さなアタリ、反射的にあわせます。
モゾッととしたあと、ギューンの引き。少し大きめのメバルかなという感触。

その後です。ぎゃああああーーん、の引き。なんたって、メバル用のサオです。サオをためると、海面にバッシャーンの音。白っぽい魚体が見えました。

さて、タマ網は10m以上離れています。そこまで50cmぐらいしかない細いコンクリートの上をソロリ、ソロリ。
あと少しと思ったとき、いきなり一番の強い引き。一瞬、もうダメかと・・・。この強い引きに耐えると、それ以降はあまり引かなくなって、タマ網に・・・。51.5cm。

Cimg9623 車に入れていたカメラの電源を入れると、なんと、なんと、なんと、息を吹き返したのです。「おお、生きとったんかあ」。
セイゴは釣れるし、カメラは生き返るし、「悪いこと」ばっかりは続きません。

まだまだ釣れる気がしたけど、人間、欲を出してはいけません。釣り始めから30分しかたってないけど、納竿としました。

5月 24, 2009 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月23日 (土)

お魚マンホール情報

Img050 高知市から、「お魚マンホール情報」が届きました。以前、私と同じ職場にいた山崎さんからの情報です。
単身赴任の彼が、以前同じ職場にいた中嶋さんと安芸市に観光に行って、これを見つけたとのこと。

ふふふ。このデザインのマンホールが安芸市にあるということは知っていましたが、どこにあるのか分かりませんでした。
実を言うと、去年、このマンホールを探して安芸市をウロつくこと、30分。見つけられませんでした。

山崎さんが見つけたという場所を聞いたので、ラッキー。今度あらためて自分で写真を撮りに行くつもりです。

さて、この魚は、何なんでしょうか。漫画チックで親しみが湧くのはいいが、私としては何の魚かが気になります。
描かれた魚の感じから言うと、ハゼでしょうか。でも、太平洋に向かって広がる安芸市とハゼは、ナンカ結びつきません。

それで、インターネットで「安芸市の魚」を調べました。「アユ」だそうです。となると、このマンホールの魚は、アユなんでしょうか。
笑ってしまいました。どう見ても、アユにしては、太り過ぎ、はしゃぎ過ぎ、です。アユのイメージは、清楚、ほっそり、雅(みやび)。

でもまあ、このマンホールは漫画天国高知だからこそのデザインということだと、理解しましたわ。

5月 23, 2009 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月22日 (金)

笑えないワープロ変換

Cimg6867 ワープロの変換ミスで笑うこともありますが、笑えない変換もあったりします。
閣僚は、総理大臣に、総務、法務、外務、財務、文部科学、厚生労働、農水、経済産業、環境、防衛の各大臣となっています。

これを次のように変換したら、笑えなくなっちまいました。

「総理」大臣を、「添う利」大臣。利益に添ってばかりではないと、信じていますよ。
「法務」大臣を、「呆夢」大臣。呆れた夢で、法律を作っていないと思います。
「外務」大臣を、「害夢」大臣。日本国民の夢を害さないでくださいよ。
「財務」大臣を、「罪無」大臣。国の大赤字の責任は無いということでしょうか。
「文科」大臣を、「悶果」大臣。学校が悶えないようにお願いします。

ま、残りの閣僚は「次回」ということで、「自壊」。

釣りとお魚の変換間違いは、ホンワカ。
「海の釣行」--> 「産みの兆候」

「荒い魚拓」--> 「あ雷魚炊く」

「おふくろ ウミタナゴや」--> 「オフ 苦労見た名古屋」

「アサリ貝は、干潮が良い」--> 「朝理解は、浣腸通い」

「カンダイを狙って波止に釣行した」---> 「関大を狙って、鳩に長考した」

5月 22, 2009 言葉遊び | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月21日 (木)

格言どおりの「メバル凪」

Cimg9596 昨日は無風で、お月さんが無し。真の「メバル凪」だったので、近くの波止に・・・。

すぐに20cm弱のメバル。ふふふ。私の読みがピタリ。と思っていたら、この後は全然アタリがありません。時々、ククッという小さなアタリがあるけど、ハリに乗りません。この状態が約40分。

Cimg9598アタリにワンテンポ遅らせて合わせると、バッチリ。小さなミニミニのガシラ。手でつかもうとして、ギャオーとなりました。
ハリに付いていたのは、ハオコゼ。一応、ヘッドランプで照らしてみてよかったわ。
さもないと、今日は腫れた手で、会社に休暇願いが必要でした。ハオコゼって、夜でも釣れる魚だったかなあ。

Cimg9608午後9時となって、満潮時刻が過ぎて潮が動き出すと、大きなアタリ。少々あせったけど、上がってきたのは久しぶりの20cmオーバー。
7mの柔らかいメバル竿での脈釣りなので、ギャンギャンとサオが曲がって、気持ちがいいのなんのって。引きの強さに、セイゴと間違えそうになりました。

Cimg9611このすぐ後にも、同型。これからが時合いだと思ったけど、とりあえずブログ用の写真を撮らないといけません。
写真を撮っているときに、仕掛けを踏んづけてしまい、仕掛けが絡んで、クルクルパー。ちょっとやそっとでは直りそうにない重症パーマ。

涙の納竿となりました。写真なんかあとにして、さっさと釣りをしたらいいのに、「わたしって、バカよね~、おバカさんよね~~」。

5月 21, 2009 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月20日 (水)

活きアジでのイカ釣りルーツが分かりました

Cimg9402s 香川県の釣り師が集まったとき、参加していた青井さんから、いい話を聞きました。
青井さんは、善通寺市にある「アオイ釣具店」をやっています。

現在四国でも、イカ釣りがブームになっています。釣り方は大きくは、エビの形をしたルアーを使うエギ釣りと、アジなどの生ま餌を使う釣りに分かれています。

生ま餌釣りには、さらに最初から仕掛けに掛けバリを付けているやり方と、最初はハリを付けずに、エサを抱きにきたあとで、ヤエンという掛けバリを道糸に通して落とすヤエン釣りがあります。ややこしいでしょ。

青井さんから聞いた話は、最初から仕掛けに掛けバリを付けた仕掛けを考案した経緯です。

青井さんの旦那さんが、チヌ釣りをしていて、オキアミのエサにアオリイカが釣れたのが、この仕掛け考案のきっかけ。
旦那さんは、「こんなところに、イカがいるんだ」と思い、ある仕掛けを考えついた。アユ釣りもしていた旦那さんは、活き餌の下に、アユの掛けバリを付ける仕掛けを作った。これが現在のイカ仕掛けの原型。

最初は活餌をアジではなく、友釣りのオトリとして売っていたアユで試してみて、たくさん釣れたらしい。
これをある釣り具メーカーに教えたのが、現在市販されているもの。

そういえば、イカ釣りがブームになったのは、この10年ほど前からである。それまでは瀬戸内海の波止から大きなイカが釣れるとは誰も思っていなかった。先駆者はどんなことでも、立派。後から考えるとどうってことのないことでも、先駆者は立派です。

こういう話を聞くと、海釣りにはまだまだ未開拓の領域が残されているかも・・、という希望と夢が湧いてきました。

5月 20, 2009 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月19日 (火)

絶品、カサゴの煮付け

Cimg9488 Cimg94925月始めに、 香川県の西端に近い仁尾町でチヌ釣り大会をしました。釣ったチヌ2匹は釣友に進呈しましたが、一緒に釣ったカサゴ5匹は持って帰りました。
どれも20cm弱。とりあえず冷凍庫に・・・。

これを「山ノ神」が煮付けにしてくれました。何度も書きましたが、「山ノ神」の煮付けは絶品なんです。絶妙の味付けと、煮具合。
今回の煮付けも、いつもどおりの旨さです。味付けの中からジンワリと魚の旨さが、舌を回します。

この5匹全部を、私が骨までしゃぶりつくしました。「山ノ神」に嫌がらせをしているわけではありませんよ。

「山ノ神」は「なんたって、絶対的な肉派」。「魚は出来るだけ食べたくない派」。私には信じられない派なんです。周りを海に囲まれた日本を侮蔑する派です。戦時中なら、国賊ものです。
だから、おいしく煮付けをしても、ほとんどを私ひとりが食べることになります。

自分は食べないのに、不思議、味付けが絶品に煮付けられるのが、不思議。普通は、自分で食べるものをおいしくするために、努力して料理の腕を磨くというのが、常識ですよね。

ま、おいしい煮付けを独り占めできるので、私としてはハッピーなんだけど、釣り師としてはチト寂しい。一緒に「おいしい」と言いながら食べるのが夫婦。
肉料理のときは、私が油断していると、皿に盛った肉の5分の4を食べる勢いで食いつきます。食べ始める前に、半分にしておかないといけません。

5月 19, 2009 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月18日 (月)

喫茶店に召集

Cimg9578  この前の日曜日、月曜日からの出張の車内で読む本を探しに本屋でウロウロしていたら、ヨッさんから電話。
「喫茶店に来いやあ」ということで、召集がかかりました。
行くとオカテッちゃん(写真・右)もいます。この二人が揃うとイカ釣りの話にきまっています。

ヨッさんからは、「イカ釣りをするなら携帯電話を、防水に変えろ」という忠告。ボートでの釣りで、びしょ濡れになるぞ、と脅します。

ヨッさんの携帯を手に持ってみると、防水なのに私のと同じ重さです。防水の携帯は重いと思い込んでいたので、この軽さなら代えてもいいかなと・・・。

オカテッちゃんからは、ボートでのイカ釣りスケジュールを急ぎます。アオリイカのシーズンが終わる6月中旬までの「土・日すべてをイカ釣行にせよ」と言わんばかり。

Cimg9579しどろもどろの私を押し切ろうとします。コチトラだって、来週は自治会の清掃だし、その次は多度津港からの釣りに誘ってくれとお願いしているし、ナンヤカヤのスケジュールがあります。
でも、連れて行ってくれるという有り難い話なので、6月中旬までの1~2回をイカ釣りに行くということで、よろしゅうお願いしました。

帰り際に喫茶店のスタッフも入って記念撮影。釣りの話を喫茶店でして、なんで記念撮影が必要なんでしょうかねえ。私のブログ用ということで、若い女性も気軽に入ってくれます。
ま、私がダシに使われているのは間違いないようですな。

5月 18, 2009 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月17日 (日)

観音寺市の一文字波止で夜釣り

Cimg9577 香川県の西端に近い観音寺市で、片ちゃん、猪ちゃん、斉藤さんと、4人で夜釣りです。
港を出てすぐの一文字波止に渡船しての大物チヌをガッパガッパ釣る予定。午後5時に渡って10時に迎えなので、実質4時間程度の釣り。

Cimg9571このところ気温が急激に上がっていたので、のっこみチヌは終わっているかも・・・と考えて、私はスルメイカ釣りの仕掛けも持参。

私の予想が的中なのか、ウデなのか、チヌの「チ」の気配どころか、「ナ」の気配もなし。「ナ」の気配どころか、「ノ」の気配もなし。
「チ」より字数が、少なくなっているでしょ。高等なシャレ、分かるかなあ。

チヌの気配は無かったけど、イカの気配はありました。エサのキビナゴの一部ががぶりと噛みとられたのが3回。でも、アタリは全く出ず。
仕掛けの何が悪かったのか、「研究の余地があり」、です。

Cimg9574 それにスルメイカ釣り用の点滅ライトが、点(つ)かなくなって、ネジを開けたら、ガボッと大きな音がしてショート。一瞬にして中が黒焦げになりました。
多分ネジの締め方が弱かったので、海水が入ったみたい。これもウデやなあ。反省です。勉強になりました。

釣りはいつまでたっても、勉強です。私の場合、勉強ばっかりで、先生になれないところがつらいわ。一生、生徒で終わるんだろうなあ。

5月 17, 2009 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月16日 (土)

100円のお魚貯金箱

Cimg9107 Cimg9111 100円ショップで、豚の貯金箱をオモロイなあと眺めていたら、違うものがひとつだけある。よーく見ると、お魚じゃあーりませんか。ふふ。
奥から取り上げてみると、鯉の貯金箱。

お腹に、「恋こい」の文字。「恋来い」なのか、「恋鯉」なのか、「恋濃い」なのか、「恋故意」なのか、「恋乞い」なのか・・・。ふふ、そんなことはどうでもいい。
とにかくかわいらしいお魚貯金箱をゲットです。

これに500円硬貨を入れたら、いくらぐらいはいるのでしょうか。10万円以上は入る感じ。この貯金箱、壊さなくても入れたお金を取り出せるように、下にゴムのフタがついています。

これまで私のお魚グッズコレクションの中に、貯金箱はないと思います。どこかの金融機関が、「キンギョの貯金箱」をテレビのコマーシャルでやっているのを見るたびに、それをもらうために貯金しようかなあと、思っていました。

わざわざ貯金をしに行くのが面倒くさいので、ま、思うだけ・・・。今回、貯金箱のお魚をゲットしたので、テレビでキンギョ貯金箱のコマーシャルを見ても、心の平静を保てます。

100円で心の平静が得られるとしたら、安い買い物ですわ。これって、1億人以上の日本人がいても、わたしだけ? ふふ。

5月 16, 2009 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月15日 (金)

偏光グラスをゲット

Cimg9183 愛媛県愛南町で、「あっ」と思ったら、偏光グラスが海にゆ~ら、ゆ~らと落ちていきます。長い間愛用してきた偏光グラスですけど、海に潜って取りにいくほどのものでもないし・・・。あきらめました。なんたる不覚!

それから2週間、失くしたことをすっかり忘れていました。だけど、郊外の大型ショッピングセンターの中にある眼鏡屋の前で、急に思い出しました。
私の脳奥深くの不覚を思い出しました。一応「深く」と「不覚」とかけています。このブログの愛読者なら、トーゼン気が付いているとは思いますが、ここがひと笑いするところですから。

「山の神」も一緒だったので、家計からの出費となりました。よかったよかった。

釣り場で真正面に太陽があると、海面がキラキラとまぶしくてウキが見ません。その時に、この偏光グラスは大いに役立ちます。
愛媛県の御五神(おいつかみ)島で、50cmのグレを一応まぐれで釣ったとき(本人はまぐれとは思っていないけど、読者の気持ちを考えて、一応まぐれと書かせていただきました。ハイ。)、それこそ正面に太陽。

偏光グラスのお陰で、アタリがバッチリと見えました。「それでウデだと言いたいんだろ」のお声。偏光グラスでの、偏向したお考えは、変更してください。

5月 15, 2009 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月14日 (木)

珍魚の香川県記録申請

Img049 全日本サーフ香川協会の青木さんから、新魚種の香川県記録があるとのこと。写真を預かりました。

写真の裏にメモがあります。「申請者は香川県高松市在住の亀山静夫さん。魚種はタテフエダイ。サイズ、27.0cm。釣った場所は香川県の男木(おぎ)島。釣った日時は、2008年8月2日」と、メモは完璧。

でも、とりあえず確認です。サイズは27.0cmとありますが、写真で見ると、頭が尺より前に出ているので、27.1cmにサイズアップ。
魚種はタテフエダイとありますが、私の知らない魚。ま、珍魚です。疑うわけではないけど、図鑑で調べてみました。

「疑うわけでない、のなら、調べるな」という声が響きます。ま、疑っていても、とりあえず言う枕詞(まくらことば)ですわ。商売人が、「好かんやっちゃ」と思っていても、とりあえず「いらっしゃい」というのと同じ。

図鑑で調べると、確かにタテフエダイです。でも、図鑑に「タテフエダイとそっくりなヨコスジフエダイという魚がいて、混同されやすい」という記述があります。

で、「ヨコスジフエダイ」を調べると、これまたもらった写真とそっくり。図鑑に書いている見分け方で確認します。
「ヨコスジフエダイ」は、目を通る.縦筋が黒っぽくて、その筋の真ん中辺りが少し膨らんで太い線なっている。ふむふむ。そうなんやあ、ともう一度写真を確認すると、こりゃあもう、申請してきた魚は「ヨコスジフエダイ」に間違いありません。

で、釣った本人に確認をお願いしたら、「どっちでもいい」という感じ。魚種認定でシャカリキになるのは、私ぐらいなんでしょうか。

5月 14, 2009 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月13日 (水)

超安いお魚グッズ

Cimg9293 出張に行った高知の商店街で、超激安のお魚グッズを見つけました。
1個が48円。4個の色違いで196円。安いじゃないですか。「ホントにこんな値段でいいんですか」、と聞きそうになりました。

でも聞くと、「じゃあ、1個100円にしときます」と言われら困るので、黙ってそそくさとお金を払いました。

季節が季節なので、鯉幟を意識した箸置きです。まあ、ホントのお魚グッズじゃないけど、コイと見ることにしました。
勝手に自分の判断で集めていることなので、文句はないと思います。

お魚グッズで一番たくさん持っているのが、箸置きです。確認したわけではないけど、おそらく250個以上はあるはず。
このブログでは、買うたびにひとつひとつを紹介してきました。ま、ブログのネタです。

今度あらためて、ど~~~んと全部を一挙に写真で紹介したいと思います。でも、全部を整理するのはいつの日になるのでしょうか。随分先の話やなあ。
日本の景気回復が先か、私のお魚グッズ整理が先か、の勝負になると思います。

いやいや、だからといって、景気回復がゆっくりでいいとは、決して思っていません。だから、私のグッズ整理も急ぐつもりです。

5月 13, 2009 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月12日 (火)

オーストラリア土産です。でもなあ

Cimg9389同じ職場の石田明生さんが、オーストラリア土産として持ってきてくれたのが、写真のこれ。お魚グッズだと言い張ります。「シドニーの水族館で見つけた」とのこと。
品物を見て、笑ってしまいました。

Cimg9393 石田さんは、「これを見たときに、アンタの趣旨にぴったりで、これだああ」と思ったとのこと。自信を持って言い張ります。ふふ。
私のイメージって、こんなんかい。

値段を聞くと、1400円ぐらいしたとのこと。ひゃ~~~、高い! よくまあ、そんな高いものを・・・。アンタ、買います? 1400円で、この魚を。
値段を聞いて、イチャモンをつけられなくなりましたわ。

Cimg9391これって、ホントにお魚グッズなんでしょうか。正面からの写真を見てください。
どこか場末のバーの落ちぶれたママ。そういえば随分前に東京出張のとき、友達が行きつけにしているという新橋のスナックのママにこんな感じの人がいたなあ。

「東京だと、この顔で水商売が出来るのかい!」とオドロキでしたわ。人口が多いと、色んな人がいるからなあ。田舎じゃ、この顔で水商売は無理でしょ。そうでもないか。こっちにも、いるなあ。

5月 12, 2009 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月11日 (月)

カマちゃんから、「不思議生物の正体」解明

Cimg9321 東京のカマちゃんから、4月20日に書いた記事「世の中には、まだまだ知らない生き物が・・・」に、コメントが入りました。

イカ釣りをしていたとき、バラバラなのに海の中ではつながって蛇のようにクネクネと泳いでいたゼリー生物について、次のような内容です。

『海洋学博士に問い合わせました。以下、回答です。

「うーん、この写真だと詳しい種までは分からないんだけど、おそらく原索動物の尾索網サルパ目の一種だと思うなぁ。
後ろの木目からして一体3cmくらいで、しかも群体を作っているので多分サルパかと。
ちなみにクラゲではなく、飲み屋で出てくるホヤに近い種類です。取った場所と大きさが分かればいろいろ調べられるよ。
サルパは南極から熱帯まで普通にいるからね。」』

最後の言葉が強烈です。「南極から熱帯まで普通にいるからね」とあります。バラバラのゼリー状生物で、泳ぐときは一列に並んで泳ぐという、奇妙奇天烈の生物が普通にいるなんて・・・。

博士はすごい。簡単に言われてしまいました。驚く生物じゃないみたい。残念。大発見だと思っていたけど、発見で無かったみたい。
偉大な発明商品を思いついて、ワクワクしていたら、既に特許を取られているどころか、既にスーパーマーケットで売られていたような感じです。

早速、インターネットで「サルパ」を調べてみました。聞いたことが無い名前だったけど、確かに私が見た特徴とドンピシャの生物です。勉強になりました。
カマちゃん、ありがとう。今度機会があれば、ご馳走接待させていただきます。ウーム、機会極小。

5月 11, 2009 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月10日 (日)

家の近くでメバル狙い

Cimg9493 高松市にある我が家の近くの波止で、久しぶりのメバル狙い。着いたときは、まだ少し明るかったので、完全に暗くなるのを待ちました。待つのも名人のウデですわ。
メバルは、薄明るいときにはほとんど食ってこない。

Cimg9501読みはピタリ。完全に暗くなってから7mの振り出し竿を放り込むと、18cmのメバル。同型のガシラ、そしてまたメバル。続いて釣れます。
でも、その後が続きません。辛抱強くやっていると、ガツガツッのアタリ。メバルと違うと思ったら、フグでした。

上を見上げるといつの間にか半月が明るく光っています。明るい月が出ると、メバルは食いません。これまた名人の読みですわ。ま、「言うよねー」。

Cimg9502 それ以後は、全くアタリがでません。ただ、1度だけ大きなアタリ。大物のアタリです。
ガツッでもなく、グッでもなく、カツンでもなく。ガキッというアタリでした。サオをひったくられそうでしたが、いきなりだったので合わせが遅れてしまいました。

そうやなあ、60cmのチヌか、80cmのスズキでしたわ。間違いありません。ひょっとすると、70cmのチヌか、はたまた1mのスズキ、はたまた1.5mのアカメ、それとも1.63mの金髪人魚だったような気がします。ふふ。ま、釣れなかったので、どうでもいいでしょ。

この日の釣果は、塩焼き用に下ろしました。毎朝1匹ずつ食べるとして、3日分のおかずが出来ました。

5月 10, 2009 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 9日 (土)

熊ちゃんからの贈り物

Cimg9085 高松市にある割烹「くるみ本店」の熊ちゃんから、箸置きのお魚グッズをいただきました。色違いの4個です。
陶器製の箸置きです。投機性でなくてよかった。

もしこの箸置きが陶器でなくて、投機だったら、大変なことになります。1個の陶器製箸置きが10万円ぐらいに騰貴して、冬季には投機が・・・。すんません。オジンギャグを無理して言おうとしたら、ぐじゃぐじゃになっちまいましたわ。ふふ。

ところで熊ちゃんの話は何度か、このブログでも書きましたが、考えてみると、このブログの読者の95%ぐらいは、熊ちゃんに会ったこともなければ、どういう人かも分からないわけで・・・。

Cimg9398でもまあ、プライバシーもあるので勝手に書くわけにはいきません。役所関係では、情報公開が進んでいて、官とのお付き合いが多い私の場合、どういうところで、どういう発言をしているかが、インターネットを使うと分かってしまいます。

私の氏名で検索すると分かるのですが、私の名前に入っている「寿」を使うとおもに釣り関係、「壽」を使うと主に仕事関係が分かります。
なんでこうなるかというと、官の公職は「戸籍登録のまんまにしてください」ということで、こうなってしまいます。

それに氏名検索をすると、同姓同名の人がどこにいるのかが分かります。不思議が気がします。これもインターネットの効用なんでしょうか。
自分の氏名で一度検索してみると、いいかも・・・。姓も名もありふれた名前の人は、同姓同名の人が想像以上にたくさんいて、イヤになるはずです。だか、親を恨んでも手遅れです。悪しからず、です。

5月 9, 2009 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 8日 (金)

香川県高松市の「いただきさん」って、知っています?

Img044 写真は、全日空の今年2月の機内広報誌です。2月は東京出張が3回もあったので、高松との往復で、この表紙が何度も目に触れます。「何か、懐かしい絵やなあ」と思いましたが、それが何かを考えることはありません。

3度目の出張で、東京から高松市への帰る便で、「えーっ」と気が付きました。私が住んでいる高松市では当たり前の魚の行商風景「いただきさん」です。
中を記事を確認すると、確かにそのとおり。ナンカ、うれしくなってこの機内誌を持って帰りました。

「いただきさん」とは、漁師が捕ってきた魚を、奥さんがリヤカー付き自転車で、売り歩いている行商のこと。

Cimg9404我が家でも、昔はよく利用していました。家の前まで来てくれるので、そこが奥さんたちの井戸端会議場にもなります。

ずーっと昔の話だが、我が家の「山ノ神」が、「ダンナがキスを100匹釣ってきた」と言ったら、「いただきさん」から、「今度、売ってくれ」と言われたらしい。
ギャオー、いただきさんは、その100匹が全部、15cm以下のピンギスばっかりだとは思わなかったのだと思います。

「山ノ神」は私にうれしそうに報告したので、「山ノ神」は本気だったみたい。恥かくわい。
我が家は高松市中央卸売市場の近くなので、「いただきさん」のリヤカーがアチラコチラにおいています。

東京でも最近は、「引き売り」というのがたくさん出てきているらしい。ま、「いただきさん」は、その先駆者でしょうか。

5月 8, 2009 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 7日 (木)

釣ったチヌで大宴会

Cimg9490 Cimg9489 5月3日のチヌ釣り大会の夜、片ちゃん、増原さんと居酒屋に集合。
釣ったチヌの刺し身でどんちゃん騒ぎのはずだったけど、刺し身が苦手な私としては、チヌの刺し身ではねえ。でも安くて旨いのが、ここの割烹「川照」。ほうれん草のチリメンジャコ掛け、メバルの空揚げ、湯豆腐、雑炊と、ドンドン注文して盛り上がりました。

Cimg9491そのうちに小野ちゃんが、愛犬の「ゆきの」を連れて合流。サモエドという由緒ある血統書付きで、店の常連さんからも、可愛がられているのが分かります。

小野ちゃんはしばらく釣りから遠ざかっていたけど、職をリタイアして「釣り復帰」宣言。
立派な釣り船を持っていて、「これからドンドン行くぞー」、ということなので、私も「ドンドン乗せてもらうぞー」、と宣言しました。

ここでの話題で、一番盛り上がったのが「加齢臭」の話。60歳を過ぎたオジンばっかりだから、しゃーないか。元はといえば、ここに来る車の中で送ってくれた「山ノ神」が、この私に向かって「変な臭いがする。釣りの臭い? それとも加齢臭?」と言ったこと。

「何たる無礼な」と言うと、「こんなことを言ってくれるのは、私ぐらいなんだから、感謝してもらいたい」と・・・。
この話をその場で訴えたのだが、全員が「そうやなあ」とうつろな目。しゃーないわ。

増原さんは、「女は化粧の匂いで誤魔化せるけど、男はモロに臭いが出.る」、と追い討ち。ま、自分も奥さんから同じことを言われている感じの臭いがしましたわ。

5月 7, 2009 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 6日 (水)

チヌ釣り大会報告2

Cimg94715月3日のチヌ釣り大会報告のNO.2です。私がコブダイを入れ食いさせているときに、片ちゃんはチヌを釣ったので、ちょっとあせりました。

でも、神様は善人を良く見てくれています。私にも、ちゃんと釣らせてくれました。片ちゃんの38cmより小型の33cm。でもまあ、文句は言えません。神様に文句を言って、怒らせたら「処置なし」です。

で、神様に、「もう少しだけでいいですから、大きいのを釣らせてください」と、神妙にお願いしました。
だのに、釣ったのはまたまた片ちゃんです。片ちゃん2匹に、私1匹。倍半分の差です。ナントカ、頑張らないといけません。頑張る人には、神様も見方にしてくれるはず。

Cimg9481Cimg9482そして納竿間際の2時過ぎに、やっとアタリ。1匹目よりすこしおおきい35cm。これで2匹ずつ釣ったことになりました。神様は公平です。

Cimg9484公平は気分のいいものです。で、このケーソンに上がっていた全員で記念撮影。上がったときは満潮時刻だったので、ホイホイと上がれましたが、帰りは干潮時刻。オジンには怖い高さです。

Cimg9486その後の表彰式には、3位までしか賞品が無いので、45cm以上でないと入賞の見込み無し。優勝サイズは、49cm。
コチトラの33cm、35cmでは、てんで問題外。釣ったチヌを計測することもなく、静々と引き上げました。でも、2匹釣れたので、「よし!」としました。

私のクラブでは、11匹を釣った岡田芳樹さんが、最高枚数。でも、3位以内には入らず。「天気が良かったので、いい大会」でした。「釣れたのでいい大会」と言わないところが、オジンなんでしょうなあ。

5月 6, 2009 磯釣り | | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年5月 5日 (火)

チヌ釣り大会結果報告

Cimg9465     5月3日は、香川県西部の仁尾町で、チヌ釣り大会に参加しました。
毎年の恒例大会ですが、いつも磯に行かず、安全ケーソンでの釣り。

第1投目からいきなりアタリ。27cmのコブダイ。とりあえず記念撮影。片ちゃんがブツブツ言いながら、撮ってくれました。
第2投目、またまたアタリ。バッチリ合わせたら、今度はチト強い引き。またまた40cmのコブダイ。ヤになります。もちろん放流です。

第3投目、またまたアタリ。今度はもっともっと強い引きです。根に入られてハリス2号切れです。文句なしの「入れ食い」。少々焦り気味の片ちゃんを尻目に、強い引きを楽しんでいると・・・。

Cimg9468片ちゃんがチヌを釣りよった。タマ網ですくってあげようとしたけど、タマがカツンと当たって、バラシそうになりましたわ。
片ちゃんが「あーっ」と大きな声。

決してワザとじゃありませんよ。コチトラはコブダイばっかりなのに、いきなりのチヌですから、そりゃあ少しはムカッとしたけど・・・・。そんなことで、タマをコツンと当てるほど、肝が小さい人間じゃありません。

Cimg9475それにしても、片ちゃんのうれしそうな顔が、ムカッとくるなあ。私のほうは、相変わらず入れ食い状態。ハリスを3号にしたのに、なんとなんと、7連発ハリス切れバラシ。すべてコブダイだと・・・・。これがチヌだったとしたら、気持ちの整理がつきませんわ。
だから、間違いなくコブダイのはず・・・。

ちょっと離れたところにいる増原さん、猪ちゃん、熊ちゃんも、もうひとつパッとしない様子。

さて、私にチヌが釣れたかどうかの報告は明日ということに・・・。

5月 5, 2009 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 4日 (月)

ま、強制連行みたいな・・・

Cimg9408家を出てウロウロしていたら、携帯にオカテッちゃんから電話。「なんしょんな。お茶を飲んどるから・・・」とのこと。指定の喫茶店に行くと、ヨッさんもいます。

話題は、愛媛県宇和町で釣ったイカの話で盛り上がります。私もビギナーズラックで2匹釣ったので、ホイホイの感じ。

Cimg9409そのうち、オカテッちゃんが、私にゴムボートの有効性を説きます。「ボートでちょっと沖に出ると、そりゃあもう全然釣果がちゃう」。「今、安売りしとる店があるんや」と、けしかけます。
ヨッさんも、「そうやそうや」の大相槌。

なので、3人でその安売りボートを買いに行くことにしました。
ゴムボートを買う前に、イカリ用の重しには漬物石がいいと、DIYの店に寄ってゲット。

Cimg9410次に釣具屋で、エサのアジを入れるバッカンを購入。ゴムボートとは違う釣具店。
やっとボート安売りの店に着くと、大安売りのボートはオカテッちゃんが買ったのが最後の品とのこと。で、ボートでイカ釣りするときに必要なタマ網だけを購入。

ボートでのイカ釣り用品は揃ったけど、ボートがないというマヌケ状態になりました。ま、そのうち買いますわ。しゃーないなあ。

5月 4, 2009 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 3日 (日)

ランタンを買いました

Cimg9113 去年買って、気に入っていたランタンが、塩水をかぶってパーになりました。
なので、今回は釣具屋さんでなくて、DIYの店で探しました。1980円。1.3wなので、非常に明るい。

買うときは、「明るいからいい」と思いました。だけど、波止の上でピカーッとあまりに明る過ぎたらあかんかなあ、とちょっと反省。深刻な反省ではなくて、ちょっとだけの反省。

実際に使ってみてからでないと、夜の波止でどれくらい光るのかが、想像できません。やってみてからの本格反省にしたいと思います。

キャンピング用具売り場で見つけたので、ま、釣り用品ではなくて、キャンプ用品なんでしょうなあ。
釣り用のヘッドランプを持っているのだから、このランタンを使うことは、あまりないような気もします。

波止の上で宴会でもするような釣りだと大いに使えるかなあ。そういう釣りを目指しますか。ふふ。「釣果よりも、釣ることの楽しみ」。これって、釣果が期待できないヘタな釣り師が言うこと。分かっていますって。

5月 3, 2009 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 2日 (土)

塚元さんから、お魚グッズ

Cimg9120塚元さんからのお魚グッズプレゼント。メモ付きです。
「翡翠の鯉。中国産、購入地 高松市。金額500円の50%オフ。女性へのアピール度100%にて」というメモ。

プレゼントをしてもらいながら、イチャモンはいけません。いけないいけないと思いつつも、腹ふくるる思い。なので、いけないと分かっているのだけど、一言だけ言わせていただきたい。

これって、ホントに鯉? どうみても鯉に見えないのです。こんなズングリムックリの鯉がいたら、珍魚鯉の中国国家認定をくれるんじゃないですかあ。
でもまあ、この世の中には、まだまだ知らないことがたくさんあります。中国4000年に、絶対にこんな鯉がいないかというと、「いない」と断言はできません。

それにもう一つ。「一言だけ」といいましたので、これからのことも含めて一言です。ふふ。

「女性へのアピール度100%」と書いてあるけど・・・。これで、女性アピール度100%できるのだったら、私は「山ノ神」に10000%はしています。でも、全然アピールが届いていません。

もちろん、塚本さんのような「押して押して押して、押しの一手」の人なら、これでアピール度100%なんでしょうけど。

最後に、一言だけ言わせてもらいます。決して、プレゼントの文句を言っているわけではありませんよ。ふふ。

5月 2, 2009 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 1日 (金)

政治家さんネタ回文

Cimg6871 政治家さんは、少々いじっても許してくれますよね。で、例の「上から読んでも、下から読んでも同じ」の回文です。何度も書きましたが、清音、濁音、半濁音(例えば、「は」、「ば」、「ぱ」)は同じですからね。

「わたい言うぞ、アレ。オバマ大統領(だいとうりょう)より疎(うと)いタマはオレ麻生。偉大わ~~」

「野人か 二階俊博(にかいとしひろ)曰く、賄賂、ヒシといかに感じや」

そうそう。南米パラグアイのルゴ大統領に、6人の女性から隠し子の申し出があり、大騒ぎになっているそうで・・・。ルゴ大統領は、元カトリック教会司教だったので、結婚さえ出来なかった身です。御年還暦越えの人です。そこで、回文。
「有りよ秘密(ひみつ)。パラグアイは ルゴの凝るバイアグラは罪日和、あ~~」

ついでに、芸能人も・・・。
「松村邦洋(まつむらくにひろ)、転びに眩(くら)む妻」

ついでに、一般ネタ・・・。
「私 マジに婚活(こんかつ)、頑固にしましたわ」

さてさて、釣りと魚の回文も・・・。

「投げたげな。オバサンが好かんサバを投げたげな」

「ヨウ! ガシラバラし、買うよ」

「やりたあい いいぞサソイぞ、サソイ。いいアタリや」

「やれオイラ、強きキタマクラ辛(つら)く、また危機よ。辛いオレや」

「酔いたい。食いたいガシラ バラし、買いたい 食いたいよ」

5月 1, 2009 言葉遊び | | コメント (0) | トラックバック (0)