« 世の中には、まだまだ知らない生き物が・・・ | トップページ | ブロガーとお会いしました »

2009年4月21日 (火)

イカは辛抱

Cimg9332Cimg9328  オカテッちゃん夫妻とのイカ釣り二日目です。場所を変えて、南に下って愛南町の波止に出ました。

私と奥さんの二人は、波止から。オカテッちゃんは、ボートで沖に出ての釣りです。
波止から撒き餌をすると、木っ葉が混じってのエサトリがワーッと寄ってきます。今日の私は、イカの仕掛けを投げて、大型チヌも狙うという贅沢な両刀使い。

エサトリに辛抱出来なくなって、ウキ下を浅くすると木っ葉グレが釣れます。だけど、「今日はチヌ狙いでガンバル」と言い聞かせて、ウキ下を深くして辛抱。

その撒き餌が効いたのか、50cm級のチヌが2匹、いつまでもウロウロします。だけど、エサには食ってくれません。

Cimg9330イカのアタリもありません。昼近くなって、ボートのオカテッちゃんから、奥さんに電話。「イカのアタリが出て、ウキが沈んでるところ・・・」という、実況中継。「釣れたあ」とのこと。仲がいい夫婦です。

昼過ぎにボートのオカテッちゃんが、2匹を釣って戻ってきました。その後も、波止ではイカもチヌもアタリがありません。
この波止でサオを出して、8時間。全くアタリはありません。それでも、活きたアジの仕掛けを投げなおしたり、撒き餌でチヌ狙いで、アッチコッチに仕掛けを投げたり、波止の先端まで偵察に行ったりと・・・。

だんだんと日が暮れ始めました。薄暗くなって、オカテッちゃんが「ゴールデンタイムじゃ」と、気合を入れますが、ウキは沈みません。

そのうち、近くで釣っていた地元の人がイカを上げました。これでちょっと元気が出ます。
午後7時になり、すっかりと暗くなりました。あきらめて帰ろうと思うのですが、オカテッちゃん夫婦はヤル気満々。還暦パワーが炸裂じゃなくて、くすぶっています。それにつられて。私は、午後7時半まで釣りを続けることにしました。

Cimg9336そして、納竿予定10分前の午後7時20分。あきらめて玉網をしまっているときです。「アタリやあ」と、オカテッちゃん。私の浮きが沈んでいます。そして、「今や!」の声で大きくあわせると、ゴン!。
ふふふ。掛かりましたがな。最後の最後になって、今回の初めてのイカ釣行で、2匹目ゲット。奇跡の2匹目でした。

そして私は、まだ釣りを続けるというオカテッちゃん夫妻を残して、お先に納竿しました。間違いなく、「ビギナーズラック」釣行でしたわ。

4月 21, 2009 アオリイカ |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イカは辛抱:

コメント

コメントを書く