« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月30日 (木)

香川県の大物認定証ができました

Cimg9411 今年作った「香川県の魚種別大物記録」の認定証が出来ました。ラミネート加工をほどこした、それはそれは立派なものですぞ。デザインは例年通り、猪ちゃんに頼みました。

去年までは、無料で配っていましたが、今年からはお金をいただくことにしました。1000円と公表していますが、特別に500円でお渡しします。50%引きです。大値引です。ふふ。
100年に一度の不況ですから、やむをえません。大安売りです。

この認定証も、年とともに認知度が急上昇。無名のときは無料でも、認知度が上がると有料にするのは、この世の定めです。ビジネスの常識です。ヤらしいと思わないで下さいよ。

今年、記録更新したをした人の認定証を作成しています。お申し出下さい。500円で送ります。500円、500円とうるさいでしょ。ふふ。お金になることって、こんなに楽しいこととは知りませんでした。

でもなあ、私の予想ではだーれも申し込みしないのではないかと・・・。ふふ。でも、ホントのことを言うと、既に2枚が売れました。

今年の記録更新者全員が買ってくれると、釣り団体も潤います。次の方、買ってください。アコウ(磯)の50.7cm・三崎悟志さん。イスズミの70.4cm・森 崇詞さん。カンムリベラの60.5cm・赤松敏明さん。

クロホシフエダイの59.0cm・高橋満範さん。サツオミシマの38.7cm・佐々木進さん。サヨリの40.6cm・戸田美恵子さん。セトダイの20.2cm・片山勝男さん。ダツの118.0cm・矢野定男さん。
ナガブダイの52.8cm・山内義規さん。ニゴイの61.7cm・山岡尚幹さん。ヒラメの82.5cm・佐藤浩二さん。

ブダイベラの30.3cm・前川博宣さん。マダイの102.5cm・大内誠さん。メガネハギの30.5cm・赤坂徹也さん。メバルの35.5cm・高橋満範さん。ヤイトハタの144.8cm・植田正さん。

みなさーん。500円で買ってくださーい。

4月 30, 2009 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月29日 (水)

香川県の磯釣り師、投げ釣り師、バス釣り師が集まりました

Cimg9401 Cimg9402 香川県の釣り団体が集まりました。釣りにもいろんな種類があって、磯釣り、投げ釣り、バス釣りと同じ釣りでも、専門領域が全く違います。
釣りをしている人は、どんな釣りにでも、通じているかというととんでもない話。

ま、同じ球技といっても、野球と卓球、バスケットボールとは全く違うことと、同じようなものです。プロ野球選手が卓球もプロかとは言えないのと同じです。卓球の愛ちゃんがバスケットでも活躍できるかというと、難しいのと同じです。

だから、違う釣りをしている人との話は、刺激になります。久しぶりに会ったバス釣り連盟の村橋会長に、今年の夏のバス釣り大会に、見学招待をお願いしました。ふふ。磯釣り大会とは、全然違うんでしょうなあ。

Cimg9400この会に、四国磯連の審査委員長をしている岡さんが、大きなイシダイの魚拓を持ってきていました。73.7cm。今年一番の大物魚拓です。

四国では、毎年70cmを超えるイシダイが釣れています。50cmのイシダイさえ難しいのに、どんな人が釣るのか、という話題になりました。
「うーむ。釣ってくる人は努力している」とのこと。狙ったシーズン、狙った磯に集中して何度も何度も通っているとのこと。

納得。大物場所と聞いて出かけても、一度ボウズをくらうと二度と行きたくなくなる私は、大いに反省。サルでもできるが、人間には難しい反省。

4月 29, 2009 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月28日 (火)

インチキお魚チョコを送ってきました

Cimg9369 Cimg9370 今年の3月まで同じ職場にいた山下雅生さん(現在高知市在住)から、ニセのお魚グッズを送ってきました。本人も承認のニセです。

写真で見るとおり、一見目刺しです。チョコレートと書いてあるので、チョコレートでイワシの形に作っているのかと思いました。よく出来ていると、感心させられました。
でも、山下さんのメモが付いていて、「室戸でいんちきな『めざしチョコ』を発見しました。本物臭い写真を使い、中はただのチョコだそうです。420円もしました。」と書いています。

で、よーく見ると、透明の包装紙に目刺しを印刷しているだけで、中身は普通のチョコレートです。ふふ。よく出来ています。騙されましたわ。

それにしても、この商品の意図が理解不能です。普通のチョコを目刺しを印刷した包装に包んで、「めざしチョコ」と名前をつけた商品。
味や香りが目刺しのものかというと、そうではなくて普通のチョコレートです。食べてみたので、間違いありません。

Cimg9392 山下さんにお礼の電話をしたとき、「これはニセお魚グッズだから、食べることの許可をいただきたい」とお願いしました。

「まっ、しゃーないなあ」とのことで、さっさと食べさせてもらいました。これをお魚グッズ認定をしてしまうと、私の高尚なお魚グッズの概念がグジャグジャになってしまいます。心を鬼にして、食べてしまいました。ゴメンナサイ。アーメン、ソーメン、僕老メン。

4月 28, 2009 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月27日 (月)

メバルの香川県記録

Cimg9295 香川県の磯釣り師が集まったときに、香川県の魚種別記録表「香川ギネス」を配りました。

それを見ていた岩倉さんが、「わしが釣ったメバルの方が、大きいかも知れん」と言い出します。意外な展開。びっくりです。本人も、香川県記録のことは考えてなかったみたい。おまけの記録申請です。

香川県磯釣り連盟の他魚の部申請のために持ってきていた魚拓を広げます。
それを3人が正確に測りました。これまでの記録35.5cmを、2mmを超えて、35.7cm。

Cimg9296岩倉さん、おめでとうございます。めでたくメバルの香川県記録達成です。釣った場所は愛媛県の由良半島。
香川県にもメバルはたくさんいますが、こんなにでかいメバルはいません。やっぱり愛媛県は大物の宝庫です。これまでの記録の35.5cmも、愛媛県日振島での記録でした。愛媛県にはお世話になります。

魚拓用紙が大きいので、このメバルもそんなに大きく感じませんが、実際に見るとムチャクチャでかいはずです。

あー、私も釣ってみたい。神様ー、お願いしますよ。「おまえのウデじゃあああ」ですか? ごもっとも。

4月 27, 2009 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月26日 (日)

熊ちゃんのお好み焼き割烹「くるみ本店」で・・・

Cimg9395 Cimg9396 先週、熊ちゃんの割烹「くるみ本店」に、職場の仲間と行きました。
目的は、もちろん職場の人との懇親もあったけど、ホントは熊ちゃんが教えてくれた、メバルの脈釣りの道糸に、ケミを使ってやってみた結果報告のはずでした。

ところが、たまたまお誘いして合流した、隣の職場の美人が横に座ってくれたので、脈釣りの報告はすっかり忘れてしまいましたわ。ギャハハハハ。
全員の雰囲気が写真を見ても分かるでしょ。しょーもない「私のお魚グッズコレクション」へのアテツケで、全員がお魚の箸置きを持っています。

ま、大いに盛り上がって、私の就寝時刻が近づいたので、あわててお開きにしました。

Cimg9399なので、熊ちゃんに報告です。教えてくれた通りに、サイズ37のケミを付けてやってみました。
ケミがあるとこんなに楽しくて、楽にアタリが取れるとは思っていませんでした。想像以上でしたわ。

これまではサオを持っている手に全神経を集中して、コッという小さなアタリを待っていました。これはこれで楽しいけど、ケミを付けてやると、楽(らく)。
なんたって、アタリが見えるので、楽(らく)で楽しい。

これまでは、脈釣りはネクラの釣りだと思っていたけど、ケミをつけた脈釣りはネアカの釣りになることが分かりました。
これからの脈釣りが楽しみです。

4月 26, 2009 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月25日 (土)

方位計磁石を買いました

Cimg9292 釣り用のバッグには、磯釣り用、小物釣り用、投げ釣り用などなど、5個のバッグがあって、それぞれに方位磁石を入れています。

香川県高松市に子供ころから住んでいると、「北は、海」という感覚が染み付いています。だから、高知市とか、宇和島市に行くと、方向感覚がチンプンカンプンの方向音痴になってしまいます。

磯に渡っていて、朝日が左の方から上がってきたりすると、頭がパニック。しばらく考えてしまいます。高松市では、朝日は海に向いていると、右から上がってくるものと、古の時代から決まっています。
それに、宇和海の磯場はクネクネといりこんでいるので、なおさら方向が分からなくなってしまいます。

なので、釣り場に方位磁石が必要ですが、この前、磯で方向を確認しようとしたら、雨で中に水が入ってしまって使い物にならなくなっているのを発見! 大発見。ショックですわ。

大型郊外店で、700円で買ったもの。高いのですぞ。ところが、あるとき片ちゃんが全く同じものを持っていたので聞くと、100円ショップで買ったとのこと。

えーっ、えーっ、100円かい。5個のバッグに、700円の方位計で3500円も掛かったのに・・・。エエ加減にせーと、言いたくなりました。よくよく見ても、同じ品物です。

100円ショップにあると分かったので、高松市の100円ショップに行ったけど、見つかりません。で、高知市に出張したとき、たまたま商店街にあった100円ショップに入って、見つけました。ありました。100円でありました。

何で、こんな値段なの。小売商が信じられなくなりますわ。700円で売るのは詐欺じゃないのか、と思ってしまいます。でも、買ったときは値段に納得して買ったしなあ。しゃーないかあ。

4月 25, 2009 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月24日 (金)

「お魚グッズです」と言われてもなあ

Cimg9291 高知市に出張したとき、前日から行っていた先発隊の穴吹さんから手渡されたのが、写真のもの。
鰹節に似せた飴です。以前同じ職場にいて、高知市に転勤になった山崎さんからの託(ことづけ)とのこと。

ま、お魚グッズのつもりなんだろうけど、どう考えても、100歩譲っても、1000歩譲っても、お魚グッズとは違います。

一応、山崎さんにお礼の電話を入れました。以下はそのやり取り。
「ありがとうでー。これって、お魚グッズのつもり?」
「もちろんですよ。ちゃんとカツオの絵があるでしょ。これをお魚と言わずして、何がお魚グッズですか」
「だって、これ、お菓子って書いてるよ」

「お菓子です。飴です。でも、鰹節とそっくりの飴です。鰹節なんやから、お魚でしょ。間違いない! 鰹節がお魚で無いとは言わせません」
「鰹節はお魚グッズじゃないんだけど・・・」

「エーッ、カツオがお魚じゃないんですって」
「いやいや、カツオは魚だけど、鰹節はお魚グッズじゃないと考えていますんで」

「そんなことはないでしょ。鰹節はお魚グッズでしょ」
「でもなあ、これって、飴でしょ?」

「アンタがどうしてもお魚グッズでないと言い張るのなら、それはしゃーないけど。これはお魚グッズです」
「分かりました。でも、食べてしまうけど、いいですか」

「えーっ、折角のお魚グッズを食べてしまうんですか。しゃーないなあ」

4月 24, 2009 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月23日 (木)

渡船屋のオバチャンからアサリどっさり

Cimg9342 Cimg9347 Cimg9350 愛媛県宇和島市に、イカ釣りに行ったとき、馴染みの濱田渡船に寄ってみました。
オバチャンがいたら、挨拶ぐらいしとかないといけません。お付き合い35年以上になります。

着くと、オバチャンがいました。近寄っていくと、ジーッと見ています。コチトラは背広姿だもんな。いつもの釣り服とは感じが違います。ピシッときめていますから・・・。ふふ。

「谷口さんなあ、あはははは」です。そして、「いいものがある」と言って、海に沈めていたカゴを引き上げます。

Cimg9358アサリと巻貝を、「そんなにもらっても困る」と言うのに、「もってけー」。
なんかもらうために、立ち寄ったみたいになってしまいました。最初は行く気が無かったので、コチトラは土産を持ってきていません。今度来たときにさぬきうどんを持ってくることにして、今回はありがたくいただきました。ふふ。

家に帰ってから、アサリは味噌汁に・・・。釣った魚には見向きもしない「山ノ神」も、ルンルンです。
巻貝はさっそく茹でてむしゃぶりつきましたわ。茹でたら、ビールでしょ。つまようじで引っ張り出して、ビール。つまようじとビールのかわりばんこ。忙しいったらありゃしない。ビールが旨いし、巻貝が旨いしで、なーんにも考えることがありません。ふふふ。

4月 23, 2009 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月22日 (水)

ブロガーとお会いしました

Cimg9324_2 Cimg9315 愛媛県宇和島市でイカ釣りをしたとき、そこには有料の釣堀があります。グレ、アジ、サンバソウがグシャグシャといて、入れ食いで釣れます。

エサ、仕掛け、サオとも、ここで貸してくれるものしか使ってはいけません。エサがなくなるまでなら、いくら釣っても1980円というシステム。
お土産魚作りなら、こんないいシステムはありません。釣った魚は、間違いなく新鮮だし、魚の引きも味わえるのだから。

でも、磯釣り師には、ちょっとだけですが、抵抗があります。磯釣り師は、陸(おか)ではない筏とか、船で釣ることを良しとしない風潮。だから、釣堀はつい敬遠してしまいます。
ま、単なるエエカッコシーなんですけどね。

見ていると、仕掛けを入れるとすぐに釣れます。私たちがイカ釣りをしているすぐ後が、この釣堀。
そこで釣っていた一人が、声を掛けてきました。「ブログを書いている」とのことです。ブログを書いているということだけで、何となく同士の気分になってしまいます。

彼が書いているブログは、釣りとは関係なく、「森は友達」というタイトル。森の手入れの仕事の話。興味がある人は、覗いてみてください。
実直そうで、真面目そうな青年でした。「アクセス数が少なくて・・・」と、ちょっぴり寂しそうな顔をしたのが、印象的でした。

私も、このブログを書き始めたとき、「一日のアクセス数が一桁」という日が続きました。アクセス数を見て、やりきれない気分になったことを思い出しました。ちょっとだけ、上目線の言い方でしょ。イヤな私です。

4月 22, 2009 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

イカは辛抱

Cimg9332Cimg9328  オカテッちゃん夫妻とのイカ釣り二日目です。場所を変えて、南に下って愛南町の波止に出ました。

私と奥さんの二人は、波止から。オカテッちゃんは、ボートで沖に出ての釣りです。
波止から撒き餌をすると、木っ葉が混じってのエサトリがワーッと寄ってきます。今日の私は、イカの仕掛けを投げて、大型チヌも狙うという贅沢な両刀使い。

エサトリに辛抱出来なくなって、ウキ下を浅くすると木っ葉グレが釣れます。だけど、「今日はチヌ狙いでガンバル」と言い聞かせて、ウキ下を深くして辛抱。

その撒き餌が効いたのか、50cm級のチヌが2匹、いつまでもウロウロします。だけど、エサには食ってくれません。

Cimg9330イカのアタリもありません。昼近くなって、ボートのオカテッちゃんから、奥さんに電話。「イカのアタリが出て、ウキが沈んでるところ・・・」という、実況中継。「釣れたあ」とのこと。仲がいい夫婦です。

昼過ぎにボートのオカテッちゃんが、2匹を釣って戻ってきました。その後も、波止ではイカもチヌもアタリがありません。
この波止でサオを出して、8時間。全くアタリはありません。それでも、活きたアジの仕掛けを投げなおしたり、撒き餌でチヌ狙いで、アッチコッチに仕掛けを投げたり、波止の先端まで偵察に行ったりと・・・。

だんだんと日が暮れ始めました。薄暗くなって、オカテッちゃんが「ゴールデンタイムじゃ」と、気合を入れますが、ウキは沈みません。

そのうち、近くで釣っていた地元の人がイカを上げました。これでちょっと元気が出ます。
午後7時になり、すっかりと暗くなりました。あきらめて帰ろうと思うのですが、オカテッちゃん夫婦はヤル気満々。還暦パワーが炸裂じゃなくて、くすぶっています。それにつられて。私は、午後7時半まで釣りを続けることにしました。

Cimg9336そして、納竿予定10分前の午後7時20分。あきらめて玉網をしまっているときです。「アタリやあ」と、オカテッちゃん。私の浮きが沈んでいます。そして、「今や!」の声で大きくあわせると、ゴン!。
ふふふ。掛かりましたがな。最後の最後になって、今回の初めてのイカ釣行で、2匹目ゲット。奇跡の2匹目でした。

そして私は、まだ釣りを続けるというオカテッちゃん夫妻を残して、お先に納竿しました。間違いなく、「ビギナーズラック」釣行でしたわ。

4月 21, 2009 アオリイカ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月20日 (月)

世の中には、まだまだ知らない生き物が・・・

Cimg9319 オカテッちゃん夫妻と愛媛県愛南町で、イカ釣りをしたときのことです。
夕食後もサオを出したのですが、そのとき街灯の明かりに変な生き物が見えます。

明かりによってきたアジに混じって、30cmぐらいの長さ。蛇のようにクネクネと海面を泳いでいます。しばらく見ていたけど、いつまでも明かりの下で泳いでいます。
イカ釣りで仕掛けを投げているのですが、アタリがないときは、することがありません。

そのクネクネをいつまでも見ていました。いくら見ても、見たことのない生物です。ま、私の生物の知識は、微々たるものなのですが、何十年と海で釣りをしていても、初めて見る生物です。

Cimg9321たまらなくなって、オカテッチャンの奥さんと掬ってみました。不思議。透明な生物なのは、上から見ていても想像していたけど、長いものが2センチほどのゼリーになって、バラバラになりました。不思議。

一つ一つに目のような小さな黒い点があるのですが、その一つ一つが動くことは無く、バラバラのまま。
毒があるかもしれないので、手では触れません。見たことが無い生物です。

オカテッちゃんが、そのバラバラになったゼリー状を、海に戻しました。しばらくすると、いつの間にか、そのバラバラがくっついて長くなり、最初に見たときのように泳ぎだしたのです。「こいつの生命って、何なんだ?」。不思議。どこの星からやってきたのか。ぜりー星人がばら撒いていったのか、はたまたクラゲ星人のウンチなのか。

ま、こんなそんなで時間が過ぎましたが、イカのあたりは無く、この夜は納竿としました。
翌日もイカ釣りです。さてさて、その顛末は明日ということで・・・。楽しみでしょ。

4月 20, 2009 アオリイカ | | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

オカテッちゃんから、イカ釣りの手ほどきを受けました

Cimg9303     先週の土曜日、オカテッちゃん(岡哲男さん)夫婦と、愛媛県宇和島市の津島町にイカ釣りに行きました。

先発で出ていた岡夫婦の4時間あとを追いかけて、西遊漁センターの釣り場に着くと、二人は当然竿を出しています。

私はイカ釣りが、初めてのようなもの。初体験というのは、文字から見てもドキドキ、ワクワクものです。なんたって、初体験。
だから、仕掛け、活きエサのアジの付け方から、釣り場まで、一から十どころか、百も千もすべて教えてもらいながらの釣りになりました。何度もイカ釣りに来ている奥さんからも、ご指導を仰ぎました。

私は初心者なので、イカが釣れるとは思っていません。今回の釣行は、あくまでも勉強会、実地学習会のつもり。「世の中、そんなに甘くない」。でも、「ビギナーズラック」ということもあると、言い聞かせつつサオを出しました。

Cimg9306私が来るまでに3回アタリがあったけど、バラしたとのこと。アタリがあったということは、「イカがいる」ということなので、希望が出てきました。

Cimg9311でも、ウンともスンとも、アッハンとも、ウッフンとも、全然アタリがありません。私が得意のボャ~ン状態でいると、突然ウキが沈んでいきます。「来たーっ」と叫ぶと、オカテッちゃんが、「ま、まだ、まだやでー」と合わせを制します。

「今だあー」の大きな声のご指導と同時に、サオを大きくあわせると、ゴン! ふふ。掛かりましたがな。
奥さんが「カメラ、カメラ」と言いつつ、私がイカを掛けている貴重な写真のおまけ付です。

Cimg9312そして、奥さんが見事に掬ってくれて、ゲット。笑いが止まりませんわ。写真を見てください。うれしそうでしょ。「ビギナーズラック、バンザーイ」。
初めてのイカ様です。イカサマじゃないからね。ホントなんだから。

このあと、夕食をとってから再度サオを出したけど、アタリは無し。大きな部屋で3人が寝ました。何事も無く・・・。
3人揃ってイビキの大合唱になる予定でしたが、私はいつものとおり、ワン、ツウ、スリーで眠ってしまったので、あとのことは分かりません。

4月 19, 2009 アオリイカ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月18日 (土)

寺戸さんからお守り

Cimg9301 東京の寺戸さんから、「蛸薬師のお守り」を送ってきてくれました。お守りにタコが描いています。

寺戸さんは、高松市にいたとき「お魚グッズ収集隊員」だったこともあって、絵だけではお魚グッズにならないことは百も承知。送ってきた手紙にも、ちゃんと書いています。

それでも送ってくれたのは、「どや! タコのお守りなんぞ、見たことがないやろ」ということだと理解申し上げました。
そのとおりです。私もなんでタコがお守りになるのか、笑ってしまいましたわ。ふふふふふ。

なので、「蛸薬師」の由来をインターネットで調べました。そして、タコを笑ってはいけないらしいと思いつつ、やっぱり笑ってしまいました。

まず罰当たりに笑ったのが、「蛸薬師」の由来。
天台宗の宗祖最澄の弟子である慈覚大師が唐に渡って帰るとき、嵐にあって御持仏を海神に奉げます。
その後、諸国巡化のとき、肥前の松浦で、海に投げた御持仏が、ナント蛸に乗って浮かんでいた。何で、タコなんでしょうかねえ。タコに乗った仏様を想像したら、つい、笑ってしまいました。アンタも笑うでしょ。

次に笑ったのが、この蛸薬師のご利益。開運招福はいいとして、病気平癒に、カッコ書きで、「イボ、タコとり」とあることです。
思わず仏様に、「ナンカ、ホントかいな」と、ツッコミを入れましたわ。

4月 18, 2009 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月17日 (金)

石さんからのハワイ土産、その3

Cimg9004今年の初めに、石さんからもらったハワイ土産のひとつ。透明なプラスティックでできたお魚です。 裏に貼ってあるラベルには、「suncatcher」と書いていますが、何に使うのかがよく分かりません。

サンキャッチャーを直訳すると「太陽捕獲」。どうやって太陽を捕まえるのでしょうか。ガラスに貼り付けて楽しむものでしょうか。理解不能。

デザインがいかにもアメリカらしいというか、ハワイらしい。大胆にモディファイしていて、愛嬌があります。
こういうデザインが日本土産に無いのは、なんででしょうか。不思議。これまた理解不能。

最初これをもらったときは、フグだと思いました。だけどよーく見ると、フグには背ビレがないし、尾びれの形も違います。ま、ハワイにいる熱帯魚なんでしょうけど、これまた理解不能。

不能、不能と言っているうちに、この間「山ノ神」が行っていたことを思い出しました。中学生の英語の時間に、「インポータント」の発言を、「インポタント」と読んで、クラスの大爆笑になったという話。エエ話やなあ。

4月 17, 2009 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月16日 (木)

回文でーす

Cimg9163 以下の回文については、無理矢理、上から読んでも下から読んでも同じになるように作っただけですから、内容については、筆者は一切の責任を持ちません。悪しからず、です。

「漢検(かんけん)、金権化(きんけんか)」
検定を商売にしちゃったのね。
「テポドン、ドンとポテ」
ポテと失敗したのか、ドンと遠くまで飛んだ技術がすごいのか。
「苦難け? 北ミサイル来る、勇みだ。危険な苦」
瀬戸際外交って、笑っていられません。
「悔い言う森田健作(もりたけんさく)懺悔足り、もういい。苦ー」
政治家さんには、お金がかかるのよねー。ナンカねー。ねー。

釣りとお魚の回文です。これが無いと、ブログの趣旨に合わないので無理矢理。
「つい泣くよ。ネンブツダイが脱糞ね。よくないっ!!」

「つい泣くよ。民待つカツオ、ウマヅラハギは裸妻(らづま)ウオッカつまみだ。よくないっ!!」
裸妻のウオッカつまみになりたいと言ってるアンタ、幸せ者です。

「つい泣くよ。猛威と来ないササノハベラ比べ、歯のささいなこと言うも、よくないっ!!」
ササノハベラの歯ってすごいの、知ってます?

「つい泣くよ。妻カタクチイワシ味わい地区、高松。よくないっ!!」
高松はカタクチイワシの味わい地区じゃなくて、もっともっとおいしい魚がいっぱいなんですぞ。

「泣かんず素バリ。ハオコゼ子をハリはずすんかな」

4月 16, 2009 言葉遊び | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月15日 (水)

香川県の磯釣り師集合

Cimg9297 4月8日の水曜日、香川県の磯釣り師が集まりました。今年の大会などの打ち合わせです。
5月3日の連休真っ只中に、香川県の西端に近い仁尾町で、チヌ釣り大会があります。私も参加しますが、巨大ケーソンでのんびり竿を出す予定です。

シャカリキにやっても、「釣れないときは、努力が実りません」。いい加減にやっていても、「ボヤーッとしていたら、釣れるときもある」ということで、毎年テキトーにすることになっています。

テキトーにやってて釣れたら、喜び倍増、3倍増。だから、釣りは止められない、という気分になれます。

この会の席で、出来上がったばかりの「香川県の魚種別大物記録ギネス」を配布しました。配りながら、ふと気が付きました。誤り発見です。
ニゴイを海水魚の部に入れてしまった、というミスについては書きましたが、もう一つのミスに気が付きました。

私がタイ国のメコン川で釣ったナマズを入れたのですが、これも海水魚に入れてしまっています。自分でもあきれましたわ。
このナマズは、外国で釣った魚の登録第1号として、敢えて入れましたが、これがミスじゃあ、しまらんなあ。

4月 15, 2009 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月14日 (火)

ホントにおいしいコノシロ。脂ジュージュー

Cimg9271 先週、30cmのコノシロを7匹。同じ波止場にいた人が、「コノシロは、どんなにして食べるんな」と聞きます。
明らかに、「コノシロはまずいだろが・・・」のように聞こえました。

「骨切りして、塩焼きにするとおいしいよ」と言ったが、反応が鈍い。ま、そういう態度も、理解できないことはありません。ちゃんとしないと、臭い、小骨でワヤです。

お腹の中を丁寧に洗うと、臭みは全く無くなります。アンタの口臭と同じです。手入れが悪いと臭います。
それに5mm感覚で骨切りすると、不思議。手品のように、小骨がなくなるのです。ウソじゃない。ウソかも。小骨がなくなるわけは無いので、「小骨があることが分からなくなる」というのが正解。これは、ウソじゃない。

Cimg9272早速、塩焼きにしました。大きいせいか、脂が乗っています。グリルで焼けてくると、「ジュワッ、ジュワッ」と脂が落ちる音がします。

これは私にも予想外。コノシロから脂が落ちるなんて思いもしませんでした。だから、脂が乗ってホントにおいしい。ホコホコとして、いい塩加減。
だから、コノシロを釣った翌日から、毎朝私の朝食は、コノシロになっています。出張したホテルで、「コノシロを食いてえ」と思うぐらい。

1匹丸々では、でかすぎるので1回に半分ずつ。7匹釣ったので、14回分。まだ1週間は食べられます。それにしても、コノシロがこんなにおいしいとは、私自身もびっくりの発見でした。来年も絶対に釣りに行こうっと。

4月 14, 2009 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月13日 (月)

愛媛県今治市のスーパーマーケットで・・・

Cimg9243_2先週、 愛媛県今治市に出張したとき、立ち寄ったスーパーマーケットでお魚発見。「マルナカ 今治駅前店」です。

背広に糸の解(ほつ)れがあったので、ハサミを買いに入ったのですが、ついでに見たお魚売り場に、鮭の造形がありました。

四国の川に鮭が上ったという話は聞いたことがないし、鮭が取れるはずがないのに、鮭の造形というのはどうしてでしょうかねえ。
愛媛県の県魚はマダイ。どうせお魚の造形なら、マダイの造形を作って欲しかった。

ところで、各県には県魚を定めているのを知っていますか。四国で言うと、愛媛県のマダイ以外に、香川県はハマチ、高知県はカツオ、徳島県はワカメ、マダイ、アユ、アワビとなっています。

愛媛県は、東京の築地市場に出荷される養殖マダイの、何と40%以上を占めています。すごいでしょ。あまり知られていないんだよなあ。
香川県は、日本で初めてハマチ養殖に成功し場所です。これが現在の海水魚養殖の基礎となっています。すごいでしょ。あまり知られていないんだよなあ。
高知県は、黒潮一番地とも言われていて、昔からカツオ漁が伝統漁法として伝わっています。高知県はカツオ、これは知られています。
徳島県は、鳴門市のワカメ、マダイ。これも知られています。

それぞれの県のスーパーマーケットのお魚売り場では、そこの特産魚の造形展示が義務付けされたらオモロイと思うんだけどなあ。そんなことは、ないか。

4月 13, 2009 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

メバル狙い

Cimg9280 先週、久しぶりにメバル狙いに行きました。コノシロを釣った坂出市の王越が、「ひょっとしたら、メバルにもいいかも・・・」と思いました。
思いついたら行かなくては・・・。

すぐにアタリがあって、久しぶりのメバルちゃんです。でも、いかにも小さい。先日スーパーマーケットで見たメバルの値段にはびっくりしました。23cmが680円。
メバルの値段が高いのは分かったけど、釣れたメバルは値段が付かないサイズ。写真ではそこそこのサイズに写っているけど、13cmぐらい。

海に戻しました。また、アタリ。また同サイズ。また、アタリ。また同サイズ。ヤになります。全部逃がします。

Cimg9281波止の先端には、チヌ狙いが3人。釣れてない様子。釣りを止めて帰ろうとする2人に声を掛けたら、「じぇんじぇんアタリがないわあ」とのこと。アタリがないことには、釣れません。

波止の根元に戻って、丁寧に探ります。するとメバルよりちょっとだけ引きが大きいアタリ。上がってきたのは、ガシラ。
相変わらずミニサイズだけど、これは汁にすると旨いのでキープ。続いて同じような引きで、また、同サイズ。

これ以上しても、好転の兆しは見えず。展望開けず。明るい未来はなし。なので、1時間ほどで納竿としました。納棺師じゃなくて、納竿師となりました。

4月 12, 2009 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月11日 (土)

東京からの贈り(送り)物

Cimg9154 東京からお魚グッズを送ってくれました。送り主は、佐々木賢二さん。このブログが縁での、お付き合いです。
釣り本を蒐集しているとのことで、私の著書を買ってくれたり、東京の古本屋の情報をくれたりしました。

私も釣り本を集めているので、そういう人の気持ちが「痛いほど分かる」ことはないけど、「痒いほどには分かります」。時によっては、「痛い」より「痒い」方がつらいの、知っています? 

送ってくれたお魚グッズは、目刺しのストラップ。わざわざ私に送ろうと、千葉県の房総半島に行ったときに買ってくれたようで、感謝感謝です。ありがたい話でしょ。ふふ。

このブログを書き始めて、約4年になります。お陰で毎日読んでくれている読者も増えていて、怖いほどです。
そんなこんなで、色んな反応があって、書き続ける努力の源になっています。

このブログが無かったら、佐々木さんからお魚グッズを送ってくれることもなかったはずで、ありがたいことです。ま、毎日書き続けている努力賞ということで・・・。

佐々木さんに申し上げます。お送りいただいたことに感謝し、また、このブログに書くのが2週間遅れとなったことをお詫びします。ワビ、サビのワビならいいのでしょうけど、「詫び」です。つまらんオジンギャグです。

4月 11, 2009 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

磯釣果の正しいお持ち帰り方

Cimg9143  釣りから帰って、面倒くさいのが魚をおろすこと。
釣りはルンルンでも、後片付けはしたくない。釣りで疲れた体で、シコシコと魚をおろろすのは、真実面倒くさい作業です。

女性が外食をしたい理由と一緒です。食後の食器を洗うのが面倒というだけで、「外食をしたい」と、我が家の「山の神」もおっしゃっています。
外食がそんなにおいしいと思うことは、滅多にないと分かっているけど、「疲れたときは、外食」になります。楽しい外食ではなくて、疲れ外食ということ。ふふ。

そこで、魚をおろすので最もうっとおしいワタ(内臓)の処理は、釣り場でするのがオジン釣り師の正しいあり方です。

Cimg9148釣れなくなったとき、寝てしまうのでもなく、「釣れたかあ」とか、「釣れんでー」と電話するでもなく、魚をおろしてしまうのが正解。

釣りに正解は滅多にないけど、釣り場で魚をおろすのは、この数少ない正解です。
ウロコを取るときも、ピンピンと飛んでいっても全然気にする必要がありません。台所だと、このピンピンの後処理が大変なんです。

だから釣り場だと簡単に大胆にウロコ取りをし、内蔵を出すのも頭からバッサリ切り落とせば簡単に処理が出来ます。
切り取った頭、内臓は、海にポーンと放れば、カニやイカがちゃんと食べてくれるはずです。カニ、イカ増産にも協力できるってことです。

4月 10, 2009 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 9日 (木)

20万円のマダイでーす

Img047 3月下旬に香川県の地方紙に、掲載された記事です。「香川県の西端に近い仁尾町というところで、マダイ1匹が20万円で競り落とされた」、という内容。

毎年この時期になると、この記事が出ます。初ダイのご祝儀相場で、いつもこんな値段で取引されているわけではありません。ふふ。
四国香川県がいくら裕福か知らないけど、マダイ1匹が、いつも20万円もしていたら、生活が持ちませんわ。

初ダイの定義があるそうで、その年に網に初めて入ったタイで、重さ3キロ以上となっています。この20万円のタイは、重さ3.3キロ。体長66cm。

競り落とした人は、寿司店経営の山下寛さん。このタイで50人分の寿司ネタになるらしい。
貧乏人はすぐに計算してしまいます。えーと、20万円を50人で割ると、一人当たり4000円。重さ3.3キロから取れる身は、頭と骨を除けると2キロ程度。これを50人で割ると、一人当たりは40グラム。

ひや~~。この店だけには近づけません。ふふ。ま、ご祝儀相場ですから、店主さんもぼったくる気はなくて、持ち出し覚悟なんでしょうけど・・・。

私が釣ってくる木っ葉グレを、ご祝儀相場で競り落としてくれないでしょうか。20万円とは言いません。20cm程度ですから、1万円に負けときますから・・。

4月 9, 2009 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 8日 (水)

久しぶりの釣りキチ集合

Cimg9247 Cimg9248 先週の木曜日、いつもの割烹「友釣」に磯釣りキチが集まりました。
全員が還暦オーバー。ちょっとオーバーと、相当オーバーが混じっていますが・・・。

今年のゴールデンウィークの話になり、「1日だけ休暇取ると、8連休やあ」と誰かが言います。だけど集まった中で、会社に職があるのは私だけ。他の人には、毎日が日曜日でした。不必要で迷惑な8連休かも。

共通の話題といえば、もちろん釣りはあるけど、もっと興味があるのは健康問題。ワアワアとバカを言っていたけど、昨年に心臓発作で、九死に一生を得て生還した宝山(ほうざん)さんの話には、聞き入ってしまいましたわ。

Cimg9252カウンター席には、店主の勇(いさ)ちゃんと、釣り仲間の花田さん、谷川さんがいます。
毎週土、日曜日は、必ずといっていいほど一緒に、サンポート高松港で釣りをしているので、高松港の「ヌシ」になっています。

夏の巨大エイ情報をくれるのも、この人たちです。なので、私は頭が上がりません。今年のエイ情報もお願いしました。ふふ。

ところで今年のメバルは、惨憺たる結果になっています。不思議なほどの惨たん状況です。サンポート高松港でも、全然釣れてないらしい。海の中は、一体全体どうなってるんでしょうか。潜っても分からんしなあ。

4月 8, 2009 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 7日 (火)

香川県の魚種別大物記録「香川ギネス」ができました

Img048 今年の魚種別香川県記録「大物釣魚ギネス」の印刷が、やっと出来てきました。お待たせしました。
デザインは以前にも書きましたが、釣り友達の猪子さんによるものです。

近いうちに手分けして、香川県の主要な釣具店で無料配布の予定です。楽しみにしていてください。
でも、いくら全国一面積が狭い香川県といえども、全県に配布するのには、手間もかかります。
真ん中にある高松市から、東端と西端までそれぞれ高速道路を使っても、約1時間かかります。お時間を下さい。

で、一つ間違いがあります。今回中学生の山岡尚幹さんが記録を作ったニゴイが、淡水の部でなくて、海水の部に入れてしまいました。
ゴメンナサイ。申し訳ありません。すみませんでした。土下座してでも謝りたいぐらいです。誤りで謝らないといけません。ふふ。

この香川県記録は海水魚が圧倒的に多くて、淡水魚の記録更新はほとんどありません。ですから、つい海水魚の中に入れてしまいました。山岡さん、勘弁してください。来年には訂正しますから・・・。

「この世の中、謝って済むものなら、警察は要らん」。警察が要らん社会になりたいものです、とかナントカ言って誤魔化す。これが年寄りの知恵。ふふ。中学生の山岡さんには、チト通じないかなあ。

4月 7, 2009 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

祝コノシロの記録達成!!!

Cimg9265  土曜日に、サヨリ狙いで行ってコノシロを釣りました。最初に釣ったのが、30.4cm。自己記録更新です。
これまでの私の記録は、昭和55年に釣った28.5cm。ですから、実に29年ぶりの記録更新です。私としては、大記録達成ですわ。ウフフ。

このでかいコノシロを釣ってすぐにアタリ。今度の方が、1匹目よりも、引きが格段に強い。慎重に上げてくると、連です。海面近くまで寄せてから、1匹がバレました。

バレたけど、残った1匹がでかい。サイズを測ると、31.8cm。写真では32.0cmに見えますが、口の部分が尺から離れているので、そのように写っているだけで、実寸は31.8cmです。

Cimg9269コノシロの新記録達成を祝うように、帰る道には、雨の道路に満開の桜が映えていました。
狙いのサヨリは釣れなかったけど、「良し!」です。

31.8cmは、2年前に石さんが釣った30.1cmの香川県記録も、超えていました。まあ、コノシロの新記録狙いをする釣り人もいないでしょうから、私のコノシロ記録はしばらく安泰ということでしょうか。

雨でよっぽど止めようと思ったけど、行ってよかった。釣りは行かなくてはいけません。雨が降ろうと、雪が降ろうと、釣りに行かないことには、魚は釣れません。
でもやっぱり雨の釣りは、イヤじゃあああ。

4月 6, 2009 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日)

大型サヨリ狙いが転じて

大型サヨリの時期です。昨日の土曜日、30cm超のサヨリを狙って、香川県坂出市の王越の波止に行くことに・・・。
朝一番に散髪屋で髪を刈ってもらっているときに、ふと思いつきました。

散髪を終えて、釣具屋に直行。エサを買って店を出ると、雨がパラパラ。天気予報どおり。どうせ降るんだったら、もう5分早く降り始めて欲しかったわ。エサを買っちまったじゃんか。
エサ代弁償してくれー。誰も相手にしてくれそうにないので、しゃーなしに行くことに。

釣り場に着くと、先着が1名。声を掛けると、「雨が本降りになりそうなので、もう帰る」とのこと。午前6時からチヌ狙いだったが、ボウズとのこと。
この波止の常連らしく、「サヨリは釣れてないでー」のキツイ一言。

ホントなんでしょうなあ。「釣れてない」->「サヨリはいない」ー>「いないサヨリは釣れない」の三段論法。

Cimg9258竿を出さずに、先客とお話しながら考えましたわ。そして結論。サヨリはあきらめて、大型コノシロ狙いに転向。

車までサビキ仕掛けを取りに戻りました。サヨリがダメなら・・・、と一応の保険で、コノシロ仕掛けを持ってきていました。
仕掛けを作って湾の中に投げ込むと、「えーっ、そっちの方向ですかあ」と先客。だって、去年はこの方向で釣れました。

Cimg9267先客は帰りました。雨は本降り。釣れる気配はありません。でも、5~6投目で、ふふふふふ。大きな玉ウキがピョンコピョンコです。上がってきたのは、30.4cm。でかいコノシロです。これって、自己記録更新です。
ねっ、ねっ、ねっ。私の狙いってすごいでしょ。

それからは入れ食い。連も2回。入れたらすぐにアタリ。15分で7匹。どれもこれも30cm前後とでかい。
入れ食いは続くけど、どう考えても、これ以上釣っても、持って帰れません。納竿としました。

4月 5, 2009 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

大きな枝垂桜を見に行きました

Cimg9226sエイプリルフールの1日、 徳島県の山中にある神山町という町に、大きなしだれ桜があると知って、職場の人と見に行きました。香川県の高松市からは、高速道路を使って約2時間弱。
桜は想像以上の大きさで、ちょっと感動しました。4月1日ですけど、嘘じゃありません。ふふ。写真で人物と比べると、その大きさが分かります。

高速道路料金がどこまで行っても土、日曜日は1000円になっています。今年の満開には間に合いませんが、来年の桜の時期に、東京からでも、見にきてください。そのときまで、定額給付金を貯金しておくなんて、チャチなことは、言わないで下さいよ。

Cimg9201この桜の近くの神社には、鯉の彫刻がありました。何年か前にも行ったことがあり、鯉を確認したら以前に見たときよりも、立派に見えました。
いつの時代の作かは分かりませんが、相当のウデの彫り師が作ったものだと思います。

Cimg9205 神山町は、芸術で町おこしをしています。山の中に勝手自由に芸術作品を作ることが出来るという町おこしです。世界中からの申し込みを、コンペで審査しての作品が毎年増え続けています。
これも見に行きましたが、私には皆目理解不可能で、芸術ってチンプンカンプン。でも見ていると楽しくもあります。芸術って、そんなものかなあ。そういう理解って、失礼?

Cimg9231自動車での小旅行では、「道の駅」に立ち寄ることが定番になっています。
この日も、神山町の道の駅で、石で出来たお魚グッズを見つけました。500円。ま、手作りの感じなので、手ごろの値段といえます。

4月 4, 2009 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 3日 (金)

携帯の待ち受け画面

Cimg8937 私の携帯電話の待ち受け画面。この1年間、全然変えていません。お魚の写真です。それもお魚の実物ではなくて、お魚の形をしたお皿の写真。

以前の待ち受けは、孫の写真でしたが、孫はドンドン成長して、写真の面影がなくなっていまい、ナンカ変えようと思っていたときに、たまたま見たお皿です。

普段は携帯の待ち受け画面が何になっているかなんて、気にならないものです。1年前に入れたものが、そのままずーーっと、お皿の写真になっています。そのことに、昨日気が付きました。
1日に10回は見ているはずの、待ち受け画面が気にならないって、これも老化なんですかねえ。ま、アンタも伴侶の顔にシワがどんどん増えていても、そんなに気にならないのと同じです。

この携帯のお皿の写真をみて、「はははーん、あそこの店やあ」と分かる人も、たくさんいると思います。
香川県高松市に唯一残っている、料亭の大広間にあるお皿です。

何度か、ここで食事をする機会があって、その都度気になっていましたが、人がいないときに携帯で写真に撮りました。そのことを長い間忘れていましたが、それを待ち受けに変えました。

そろそろ、新しいのに変えないといけません。「ギャハハハ」と笑える大物を釣ったら、それに変えようと思うけど、いつまでたっても・・・。しゃーないなあ。

4月 3, 2009 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 2日 (木)

変わった恵比寿様、見っけ!

Cimg9069 Cimg9071 自宅から高速道路のインターチェンジに行くまでの途中、石屋さんらしい庭に、恵比寿像がチラッと見えました。
車は時速60キロ近くは出ていたので、ホントにチラッとです。

このときは、他人の車に乗せてもらっていたので、「止めてくれー」とは言えませんわ。こんな像に興味を持っているのは私ぐらいなものですから・・・。これで「止めろ」と言ったら、イジメに会います。
分かっています。だから、後日1人でこっそりと確認に行きました。やっぱり恵比寿様です。

それも珍しい恵比寿様です。大黒様と合体していて、タイを高く持ち上げています。恵比寿様がタイを抱えている像はよく見ますが、こんなお姿の恵比寿様は初めてです。

多分、大黒様ご利益でお金に恵まれて、なおかつ恵比寿様ご利益の大漁にもなるという、一挙両得狙いの像のようです。ま、釣り師の願いがそのまんま。もちろん写真に撮りました。

でも、像があるのは、他人の家の中なので、車を道路に止めて、写させてもらいました。
この道路は、毎週のように車で走りますが、このような像があるのを、初めて知りました。家の奥にあるので、自分で運転していると、全く見れない場所です。

チラッと見たときは、他人に運転していてもらっていて、キョロキョロしていたら見つけることが出来ました。ふふふ、です。
これも、多分売り物でしょうから、いずれはここからなくなってしまうのでしょうけど・・・。

4月 2, 2009 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 1日 (水)

コイのもらいもの

Cimg9121 塚本龍馬さんが事務所にやってきて、カバンの中から取り出したのが、これ。壊れないようにブツブツのビニールで包んでいます。
そっと開けてみると、コイ。メモ付きです。最初見たときは箸置きかと思ったけど、違うみたい。

メモには、「種類 コイ。産地 タイ国。使用法 空びん内にて鑑賞。購入金額 350円。購入地 高松市。」とあります。私がお魚グッズを整理しやすいように付けてくれています。ふふ。

実は、取り出したときは、尾の曲がった部分が折れていました。残念。

早速その場で修理。机の引き出しに入っている瞬間接着剤でくっつけました。その部分を拡大してみると、折れたところが分かります。
でも、普通に見ると分からなくなりました。ふふ。でも、塚本さんの目の前で、包装を開けてよかったのかなあ。

それにしても、会社机の引き出しの中に、瞬間接着剤を入れている人って、そんなにいないと思います。どうだい! 釣りキチの匂いがするでしょ。「匂い」じゃなくて、「臭(にお)い」か。「臭(くさ)い」じゃないぞ。

4月 1, 2009 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)