« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月31日 (火)

マンホールにマダイ

Cimg9176s 愛媛県宇和島市で、マダイのマンホールを写真に撮りました。
県道にこれがあるのを見つけたのは、去年の春。他人が運転する車の助手席に乗っていて見つけました。
もちろん、そのことは誰にも言っていません。ただでさえ変人に見られているかも知れないのに、マンホールのデザインにギャーギャー言っていることは隠しておかないと・・・。ふふ。

Cimg9178sそれからずーーっと長い間気になっていましたが、今回宇和島方面に、1人で釣りに行ったので、写真を撮りに行くことができました。ふふ。

同じようなマンホール写真が、二枚あるでしょ。よーく見てくださいよ。若干デザインが違います。ほんのちょっとだけですけど、違います。間違い探しでもしてください。

四国内のマンホールデザインのコレクションを始めてから、2年程が経ちました。コレクターは、ちょっとした違いでも見逃してはいけないのです。しょーもないでしょ。

Cimg9174s別のデザインマンホールが、同じ場所にありました。一定の地域で、異なるデザインが2つあるのは大変珍しい。
幾何学的な模様デザインは、どこでもごっちゃになっていますが、ちゃんとしたデザインのマンホールが共存するのは珍しい。

ところで、こちらのデザインは何が描かれているのか、分かりますか。海藻は分かると思いますが、真ん中のものは何か。
宇和島市のマンホールということから考えると、これは真珠貝だと思います。「真珠貝が開いて、真珠が出てきている図」のようです。

真珠貝といえば、思い出すのは「真珠貝の貝柱の天ぷら」。これが実に珍味。いやらしさの珍味じゃなくて、旨みが凝縮した珍味。ホントなんです。以前行っていた渡船の弁当に出ていたのですが、最近はそれが出なくなってがっくり。

3月 31, 2009 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月30日 (月)

唯一のアタリがこれじゃあねえ

Cimg9165 四国愛媛最南端の愛南町での、大チヌ狙いの続きです。
最初に渡った磯ではアタリがないので、昼前に磯変わりしました。

しばらく釣りをしていると、夫婦が乗った船外機が、私が釣りをしている磯続きにやってきて、貝らしきものを取ります。
釣りをしているところからよく見えるので、何を取っているのか、気になります。

Cimg6587 目の前の海は、潮が全くと言っていいほど流れません。トローンとしています。これでは、釣れる気がしません。エサトリは元気いっぱい。

アタリは無いし、ブログのネタに夫婦の漁を、写真に撮ることに・・・。竿を置いてちょっと高場に移動したとき、ガタッと音がして、大事件が・・・。写真を撮るなんてことを思わなかったら、この事件は起きなかったのです。

Cimg9164ガタッという音に振り向くと、私のサオが半分ほど、海に突き刺さっています。
そして、サオはそのまま底に向かって突き進んで海中に消えてしまいました。相当に速いスピードでしたが、その情景はスローモーションを見るようでした。

Cimg9167サオとリールで一式10万円以上のもの。私としては、最高贅沢の一式が海の藻屑と消えました。
このとき何故か、頭の中で「藻屑(もくず)」と消えて、「もずく」とからまっとんとちゃうやろか、というオジンギャグが浮かびました。しょーもないでしょ、この緊急時に・・・。

自失茫然というのは、こういうことと分かりました。とりあえず大きなオモリ仕掛けを作り、底に沈んだサオを引っ掛ける努力だけはしなければ・・・。
ところが、しばらくして20メートルほどの沖に、サオの手元がポンと浮いてきたのです。神様の存在をちょっとだけ信じましたわ。

漁をしていた夫婦に大声でお願いしたら、快く船を出して取り上げてくれました。3号のハリスが切れています。私はナント、ウンがいいのでしょうか。このウンがなんで、釣りウンにならないのでしょうか。

3月 30, 2009 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月29日 (日)

大チヌ狙いは良かったが・・・

Cimg9156昨日の土曜日、先週に引き続いて、愛媛県愛南町に、大チヌ狙いに1人で行ってきました。狙いは良かったけど、またまたボウズ。

どうしても50cmオーバーのチヌが釣りたいと、気持ちははやるけど、実力が付いてないということなんでしょうなあ。
船頭さんに、「1匹でいいから、50cm以上のチヌが釣れる磯に上げてください」とお願いしました。

Cimg9159で、上げてくれたところが、昨年3連敗した磯。私は不吉な予感がしました。だけど、船頭さんが可能性大と出した結論ですから、素直に従いました。

4時間近く頑張ったけど、ダメ。このままこの磯にいると、悔いが残ると判断して、弁当船で磯変えをお願いしました。結果論ですけど、「悔い」じゃなくて、魚の「食い」が残っていたかも・・・。ふふ。

Cimg9171この日も、沖磯に上がっていた人は、大きなチヌを釣っていました。
最大は55cm。釣った人が「いらない」と置いていったチヌが、大きなクーラーに入っていました。

船頭さんが盛んに、「持って帰れ」と言ってくれたけど、「自分で釣ったのを持って帰りたい」とご辞退もうしあげました。ふふ。頑張るぞー。シュン。

磯を変わったところも、エサトリの猛襲。でも、一度だけすごいアタリがありました。だけど、ムニャムニャ。バラしたんじゃありませんよ。取り込んだわけでもありません。不思議でしょ。

この話は明日。楽しみでしょ。

3月 29, 2009 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月28日 (土)

熊ちゃんから、タイの箸置き

Cimg5855 お好み焼きと居酒屋を合体した「くるみ本店」に行きました。店主の熊ちゃんは釣り仲間。写真は昨年に撮ったもの。
職場の小原さん、穴吹さんと行ったけど、カメラを持っていなかったので、写真がありません。写真がないとナンカ臨場感がないなあ。

Cimg9084このときに熊ちゃんからくれたのが、タイの箸置き。ふふ。「100円ショップで買ったんやあ」と、席にまで持ってきてくれました。
お魚グッズで一番うれしいのが、箸置き。場所をとらない上に、形がかわいらしいのが多いからです。この箸置きもいい形をしています。

熊ちゃんとは、釣りで共通点があります。「メバルの脈釣り」です。この釣り方をしている人は大変少なく、メバルのアタリの「コッ」、「コツッ」の話が出来るのは、私の周りにもあまりいません。

でも、彼の釣り方との唯一の違いが、熊ちゃんは仕掛けにケミホタルを付けていること。私はケミホタルをつけないでやっています。
そりゃあケミを付けた方が、アタリがよく分かるはずです。私も2~3度付けてやってみましたが、ケミの重さでケミの方がその先にある仕掛けよりも先に飛びます。

私は思いっきりサオを振るので、必ずといっていいほど絡まる。それに、アタリが付けていないときよりも、分かりにくい感じがしました。

それで、ケミをつけるのを止めました。だけどケミをつけた方が、風があるときには仕掛けがどこにあるかがよく分かります。
なので、熊ちゃんにケミの大きさとか、付ける位置を聞きました。もう一度、試してみることにしました。釣りって、ひとつひとつ試していかないといけないのです。ふふ。

3月 28, 2009 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月27日 (金)

石さんからのメール

Ca4biqja 先日東京に行っていた石さんから、メールが届きました。お魚の写真付きです。

「中央線西国分寺駅前にある寿司屋さんで撮った」とのこと。風船で出来たマグロなんでしょうか。四国の店では見たことがありません。

この写真を撮るにしても、勇気がいるもの。よーく分かります。店の人に了解をもらうのもヘンだし、かと言っていきなりフラッシュでピカーッというのもヘンだし・・・。人を撮るワケでないので、マグロにプライバシーがあるはずもなく・・・。でも・・・。

私だったら、フラッシュが光らないようにしてから、、そっと写真を撮ります。これまでも、たいていはそうしてきました。でも、時々はフラッシュが光ってしまい、あわてて周囲の人に曖昧笑いでごまかすこともありました。

ま、犯罪行為ではないと思うけど、お魚の写真をうれしげに撮るというのは、オジンにとっては恥ずかしいことです。

これも読者のためならエーヤコラですわ。とは言っても自分で勝手にやっているだけで、読者が頼んだわけではありません。そのうちバカバカしくなった時が、このブログの止め時ということでしょうか。

3月 27, 2009 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月26日 (木)

うらやましい。琵琶湖で大物鯉

Calicyb0 京都新聞が3月始めに配信した記事です。写真を見て、うらやましいというか、その巨大さに笑ってしまいましたわ。

「琵琶湖で竿釣り 最大記録となる114cmの鯉を釣り上げた」という内容。釣った人は、辻さん(滋賀県草津市)という人です。写真のポーズが、実にいい。

普通、大型の魚を釣っての写真は、こんなポーズは取りませんよね。たいていは、口にギャフを掛けてのポーズ、あるいは尾びれをつかんで必死に持ち上げているポーズ、そのどちらかだと思います。

釣った辻さんの、鯉を大切にする気持ちが伝わってくるポーズです。海釣り師は、決して釣った魚をこんな持ち方をしません。背ビレで怪我をしてしまうということもあります。

さて、私が見た記事には、この鯉をその後どうしたかは書いていませんでした。そのまま逃がしたのでしょうか。それとも魚拓にしてから、逃がしたのでしょうか、はたまた鯉の空揚げにでもしたのでしょうか。

この鯉の抱え方から推察すると、そのまま逃がしたんでしょうかねえ。逃がすにしても、背中にまたがっていると、竜宮城に連れて行ってくれるような気がします。

3月 26, 2009 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月25日 (水)

四国磯釣り師の平成20年記録

Cimg9030 四国の磯釣り師、約1000人による昨年の最大記録が発表されました。いつもながら、その大きさにびっくりです。

イシダイの優勝は、74.0cmを釣った高知磯連の芝 恭司さん。2位のサイズ71.6cm、3位71.4cmと、とてつもなくでかい。70cmジャストでは5位にしかならないというくらい、大物が揃いました。
四国の磯のロマンさが分かるというもの。ま、アッシには、関係ございませんけど・・・。

グレの部優勝は、63.1cmを釣った愛媛磯連の和田 章さん。2位のサイズ、61.3cm、3位は60.3cmと、これも大物揃い。50cmしか釣ったことのない私としては、不思議としか言いようがない。ま、ウデの差なんじゃい。

Cimg9031マダイの部の優勝は、97.0cmを釣った愛媛磯連の松野 孝。2位、3位は88.1cm、87.8cmと、これまたでかい。ヒラマサ・ブリの部 愛媛磯連の鶴岡裕昭さんが釣った92.0cm。チヌの部優勝は、60.8cmを釣った愛媛磯連の近藤浩さん。

イサギ・アイゴの部は、50.6cmのイサギを釣った愛媛磯連の白川哲也さん。2位の48.6cm(アイゴ)は、アイゴの四国歴代記録を更新と、これまた超大物。そして、クエの部は、このブログでも何回も書いた、144.8cmを釣った香川磯連の植田正さんです。

神様ー、私も一度でいいから、こんな大物を釣らしてください。今年は、頑張るぞー。エイエイオー、頑張って釣れるものなら、頑張りますけど・・・。頑張っても、どうしようもないのが釣りですわ。
ウンとマグレと、出会いがしらと、自殺したがっている老成魚との出会いに掛けるぞー。エイエイオーッ。

3月 25, 2009 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月24日 (火)

豊かな海には、豊かなおまけがあります

Cimg9151_2 先週の土曜日に、愛媛県愛南町で釣りをしました。磯では釣れず、片ちゃん、オカテッちゃんがいる一文字波止に移ってイカ狙い。
そのときに、事件が起こりました。

Cimg9141仕掛けを作りながら、船着場を覗くと何か魚が、ボヤ~~ンと休んでいます。いたずらで玉網ですくって見ました。ま、生きた魚ですから、いくらボヤ~~ンとしているとはいえ、ホントにすくえるとは思っていません。

ところが、この魚、よっぽど悩み事が深刻だったのか、それとも春の暖かさについ居眠りしていたのか、私が差し出す玉網がすぐ近くに来るまで気が付きません。

そして網が掬い取ろうとする直前になって逃げ出そうとしましたが、ふふ。写真の通りすくえました。30cmほどのハリセンボンさんでした。

もちろん、すぐに逃がしてあげました。だけど、よっぽど腹が立ったのか、パンパンに膨らませた腹をなかなか引っ込めません。

Cimg9153海に戻しても、その膨らんだ腹のせいで沈めずにいつまでもポカリポカリと浮いています。豊かな海に来ると、こういうおまけがあったりするので楽しい。
片ちゃんがくれたイカもうれしかったが、このボンヤリハリセンボンのおかげで、ホンワカとなりました。

3月 24, 2009 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月23日 (月)

愛媛県愛南町で釣り大会

Cimg9132 チヌ釣り大会の土曜日、私は斉藤さんと二人で磯上がり。だけどエサトリがワンサカとして、釣りになりません。
2時間ほどして斉藤さんがやっと小グレを1匹。弁当を持ってきた船で、磯代わりを決定。

Cimg9139斉藤さんは別の磯に。私は片ちゃんとオカテッちゃんのいる一文字波止に移りました。

釣果を聞くと、片ちゃんがイカ2匹を釣っています。イカを持って嬉しそうにしているのは、オカテッちゃん。ま、他人が釣ったイカで満願笑顔という不思議な図です。

片ちゃんに、100発100中の自作仕掛けを、貸してあげたオカテッちゃんだから、自分のことのようにうれしいのかも知れません。

Cimg9144私もオカテッちゃんに、100発100中必殺丸秘仕掛け一式を借りて、イカ狙い。イカは仕掛けを投げたらすることがありません。

で、足元にワンサカと湧き上がってくる木っ葉グレで時間を過ごします。とんでもなくウジャウジャいるエサトリを手前に寄せて、仕掛けを沖に投げると、20cm前後のグレがすぐに釣れます。

Cimg9151Cimg9147このうちの5匹だけを、私の朝食用に確保。あとは逃がしします。
香川県の釣りでは、キープサイズの20cmなのに、愛媛県の磯では、バカらしいほどの木っ葉です。なんでなのでしょうか。フシギ。太っ腹になれます。

私が来てからは、誰にも何にも釣れず、納竿となりました。チヌ釣り大会なのに、チヌは全員ボウズ。で、急遽グレ釣り大会に変更。ふふ。
27cmを釣った女性のサヨちゃんが優勝となりました。ま、新入会員が優勝するという伝統が、今回も厳守されました。よかったよかった。

 

3月 23, 2009 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日)

6人で釣り大会の前夜

Cimg9123Cimg9126      土曜日は、愛媛県愛南町でチヌ釣り大会。参加者6人。ま、ちょっと参加者が少ないけど、ちゃんとした釣り大会。

前日の金曜日から磯入りしていた3人組と、宿泊地の一本松温泉で合流。この日は6人で大宴会になりました。
この宿のロビーには、92cmのヒラメ魚拓。いかにも釣り本場の宿らしい。

飲んで、飲んで、食べて、食べて、泊まって5450円の大宴会でした。ふふ。安いでしょ。

Cimg9128今年からクラブに新加入した女性のサヨちゃんは、当然別部屋で、ひとり。あとの男5人は修学旅行を思い出す雑魚寝ですけど、この料金ですから、文句は言えません。

Cimg9152宴会のときの話題は、当然この日に釣りをしていた先発隊の釣果話。

イカ狙いのアジ仕掛けにヒラメが食いついてきただの、大きなイカが3匹釣れただのと、景気のいい話が続きます。この100年に一度の大不況の中で、この宴席だけは、ちょっとだけですけど、景気で沸きましたわ。

ヒラメは70cmあると、力説していたけど、実際に測ったら64cm。ま、景気のいい話には注意が必要です。

この日は、午後8時に就寝。さて、釣り本番の話は、明日ということで・・・。楽しみでしょ。なんたって、50cm以上のチヌがバンバン釣れている場所ですから・・・。

3月 22, 2009 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月21日 (土)

笑えるワープロ変換でーす

世界中の記者の前で、目が虚(うつ)ろになった、中川さん。ま、理由はなんであれ、身から出たサビですなあ。
「中川の目 低迷」が、変換されて「中川飲めて 依命」。

それよりは、「乞うる目 岩下志麻した」を、「小ウルメイワシ足しました」に変換の方がホンワカとします。ふふ。

「麻生新首相」が「あ 痩身首相」にヘンシーン、いや、変換です。最近、麻生さん、ちょっと体重が減ったような気がしますけど・・・。

ま、無理矢理変換ですから、お気になさらないで下さいよ。

「イシダイを釣った。意気が上がるわ」
ー>「石台を吊った。息が上がるわ」

「美しいイワナを掛ける}
ーー>「鵜突くし いい罠を掛ける」

「オレたちゃあ イシダイ好きだ」
ーー>「折れた茶 愛し大好きだ」

「食べよいイワシがいました」
ーー>「食べよ いい鷲がいました」

「沖のシマアジが旨い」
ーー>「隠岐の島 味が旨い」

3月 21, 2009 言葉遊び | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

100円ショップで、お魚のお玉立て

Cimg8446100円ショップで、整理用のクリアファイルを購入して、店内を一回り。見つけたのが、お魚の形をした「お玉立て」。色は赤とグリーンがありましたが、グリーンの色が気に入って、コチラの色を買いました。

お玉立てのお魚グッズは、他にも持っていますが珍しいお魚グッズ。つい買ってしまいました。
アンタだってあるでしょ。つい買ってしまったということが・・・。当面必要ないけど、つい買ってしまったということが・・・。これは主婦の本能みたいなものだと思います。想像です。仮説です。

「つい、結婚してしまった」という方もおいでるかと思いますが、それに比べると、この商品は100円ですから、被害は極少です。

これが食べ物だったら、腐ってしまうけど、プラスチックだから腐る心配はなし。まあ、燃えるゴミにすることもできます。
一時のような原油高騰時には、この「燃えるゴミ」、特にプラスチックは大変役に立つはずです。ハイ。

さて、このお玉立ては、ちゃんとお玉を立てることができるのでしょうか。いや、うまく立てられなくても、お玉立てに違いないので、「お魚グッズ」コレクターとしては、全然OK。

この「お玉立て」が欠陥品と言っているわけではありませんよ。長い取っ手のお玉立てが、ちゃんと立つのかなあ・・・、と。グズグズ。立つのかどうかを、すぐに試せばいいのに。オジンになると、これが面倒くさいんじゃ。 

3月 20, 2009 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

ガチャガチャのお魚グッズ

Cimg9034  昨日、東京の浜松町にある自動販売機で買ったお魚グッズのことを書きました。「何の魚が出てくるかは分からない」ということだったが、出てきたのはハマチのストラップでした。まあ、満足の一品でした。

他の種類のお魚も欲しいと思ったけど、もう一度200円を入れて出てきたものが、前のと同じハマチだったら、腹が立ちます。そんな博打はできません。

ただただひたすら真面目に生きてきた私としては、こんなちっぽけとはいえ、博打をすることはできません。だから、さっさとこのビルの地下に食事に行きました。
このメーカーの戦略は、「全種類をどうしてもそろえたい人は、ジャンジャン買ってください」ということでしょうが、そんな戦略には乗れませんわ。

Cimg9036食事を終えて、自動販売機に直行しました。「ま、もう一度だけなら、ええやろ」と悪魔がささやきました。ふふ。

博打というのは、常に悪魔のささやきです。「もう一度だけなら、同じ種類の魚が出てくる確率は低いはずや。今度東京に来るのはいつか分からないのやから、もう一度だけやったらええやろ」のささやきです。

Cimg9037私としては、大博打の気持ち。今度出てきたのはサンマでした。ふふ。ええメーカーです。2度続けては同じものが出ないようにしているに違いありません。これで、ハマチとサンマをゲット。

だけど、いくらなんでも3つ目を買う気にはなれません。それほどのバカじゃありません。でも、何が出てくるのか分からないという商品を買う人の気持ちが、このオジンには、今でも理解できません。

緊急回文

「あかんか 明かりの無い汝(なんじ) 陣内な 紀香 あかんかあ」

3月 19, 2009 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月18日 (水)

自動販売機にあったお魚グッズ

Cimg9033 最近、東京への出張が多くなっています。昨年1年間で東京への出張回数20回。
今年の1月はなかったけど、先月の2月は3回、東京に行きました。

そのたびに必ず通る駅が、モノレールの到着駅「浜松町」です。そこのコンコースで、おもちゃの自動販売機がありました。これまで全く気が付きませんでした。
売っているのは、小さなフィギャアがほとんどですが、お魚シリーズがあります。

これを見逃すわけには行きません。それに、値段が200円。安い! ただし、どの魚が出てくるかは分からない、と書いています。ま、子どもに人気のガチャガチャと同じでしょうか。

Cimg9035ここは、人通りが大変多い。東京で多いというのは、田舎で多いというのとは、レベルが違います。いつまでたっても、人がいないときに、コソッと買うなんてことは、できません。堂々と買わないといけません。

オジンがこんなオモチャの自動販売機の前に立っていることさえ恥ずかしいのに・・・。意を決して買いました。それが写真のハマチです。
これが200円なら、ま、納得の200円ですわ。結構リアルに作っていて、細部にまでこだわって作っています。

皆さんも、東京に行ったときは、浜松町で買ってあげてください。このメーカーさんを応援してあげたい気持ち。すると、お魚の種類もどんどん増えて、私もお魚グッズを求めてウロウロしなくて済みます。ふふ。

3月 18, 2009 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

今年の「香川県大物記録一覧表」のデザインができました

Img046 平成21年版の「香川の大物釣魚ギネス」のデザインが出来てきました。猪(いの)ちゃんのデザインです。立派でしょ。
出来上がってきたのは、白黒ですが、私が勝手に印刷予定の黄色紙に着色しました。

今年の表紙はやっぱり、植田正さんが高知県で釣った144.8cmの大物に、登場してもらいました。写真の背景は魚拓を撮った庭先が写っていたので、猪ちゃんのデザインでピカーッと神々しいものに変えてくれました。

その下には、今年の大物のハイライト写真、3枚を入れてもらいました。

102.5cmのマダイ、70.4cmのイスズミ、61.7cmのニゴイの3枚です。ニゴイを釣った山岡さんは、まだ中学生と言うことで掲載させてもらいました。子どもが夢を持ってくれたら・・・、というオジンの配慮です。

ま、ここに私が釣ったコバンザメを入れようと、ホンの一瞬思いましたが、「笑い者の恥さらしのスットコドッコイ」になるのが分かっているので、思いとどまりましたわ。ふふ。

今年から、記録申請の条件を少し変更することにしました。というのは、これまでの記録魚種は、海魚だけで124魚種。魚種が多くなればなるほど、珍魚が多くなります。

特にベラ科などになると、カラー写真がないと魚種認定がとても出来ません。これまでは魚拓でもOKとしていましたが、カラー写真添付を条件にさせていただきます。ご理解ください。

おまけの回文
「強い イカス! 侍ジャパンはヤジ要らむ さすが。いいよっ」

3月 17, 2009 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月)

久しぶりのメバル釣り

Cimg9080 1週間前の土曜日、日曜日と二日続けて近くの波止にメバル釣りに行きました。

「山ノ神」から、「メバルだったら、煮付けにできるわね」との叱咤激励です。釣りに行く前に、「山ノ神」がこういうことを言うのは、非常に珍しい。すごいプレッシャーです。

前日にスーパーに行ったとき、「山ノ神」も20cmのメバルに398円の値段が付いていたのを見たのに違いありません。
私もこの値段を見てびっくりしたのですが、あとから来ていた「山ノ神」も見たんでしょうなあ。

この日は、潮時間も満潮が午後8~9時といいので、坊主ということは、全く頭にありませんでした。

ところがアンタ、この二日続けての丸ボウズです。二日とも1回ずつのアタリがあっただけで、全くアタリがありません。アタリがないことには、いくら名人でも釣れませんわ。

「アタリがない釣り方をするから、釣れんのや」の声が聞こえてきました。ま、そうかもしれません。久しぶりの脈釣りでしたから・・・。
それにしても、全くアタリがないというのはおかしな話。不思議です。

ま、いつでもは簡単に釣れないところが、釣りの面白さを引き立てるんじゃあ。グスン。

3月 16, 2009 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月15日 (日)

うどんとタコと筍(たけのこ)と椎茸

Cimg9090    昨日の土曜日、香川県南部の山に、筍取りに行きました。誘ってくれたのは、釣り仲間の松原さん。それに片ちゃんを入れて三人で、高松市から車で小1時間の綾上町にある西川家に着きました。

松原さんと西川さんがお友達で、毎年筍が出るようになると、西川さんから「はえ出したでー」という電話が掛かってくるのだそうです。私も数年前に一緒に行ったことがあります。

Cimg9092家に着くなり、いきなり台所に上がって、来る途中に買ってきた生きたマダコを茹で、うどんを作ります。松原さんがまるで自分の家のように、「えんやえんや(いいからいいから)」と振舞うのに、どぎまぎ・・・。

でも西川さんも当然のように、見ていることに不思議な感じ。タコとうどんの昼食を座敷でいただきました。1000万円で業者が買いに来たという立派な仏壇がある部屋です。
そして、いよいよ西川家の竹薮に、筍取りに入ります。

Cimg9100Cimg9098この時期の筍は小さくて、地表に出てきていません。それだけに柔らかくて、その旨さはニョキニョキと大きくなった筍とは、全然違うとのこと。説得性があります。

その見つけ方を聞いて、「こりゃ、ダメだ」と思いました。実に難しい。長靴で地面を踏んでいき、地表に出てきていない筍の頭を、靴底で感じると言うのです。

案の定、松原さんが「見ーつけた」と叫んでいるのに、私は30分以上見つけられません。とにかくやたらめったら地面を踏み続けました。
神様がその努力に・・・。ふふふ。靴底に「コツン」と当たりました。枯葉を除けてみると、ナント筍の先が小さく出ています。

Cimg9104  そして、しばらく踏み続けてもう一個。目標としていた2個ゲットです。片ちゃんは「全然見つからん」とあせっています。
釣りの「一人だけボウズ」みたいなもの。焦りが分かります。その焦りで、姿が見えないほど、遠くに行っています。

一時間ほどで終了。やっぱりダントツに見つけたのが西川さん。10個近く見つけていました。松原さん3個。片ちゃんもやっと1個見つけて、安堵の顔です。

西川さんから自家製の肉厚椎茸ももらって、ふふふです。我が家の「山ノ神」が魚の釣果では見せない、うれしそうな顔をしました。よかったよかった。

3月 15, 2009 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月14日 (土)

リアルなお魚グッズ

Cimg9058西日本の磯釣り師が徳島市に集合したとき、大阪府磯釣り連盟の人が、魚の置物を持ってきていました。
滋賀県の㈱フェバリットという会社の商品で、釣り大会の賞品に使ってもらいたいと、会に持って行くように頼まれたらしい。

私にとっては、大いに興味のあるお魚グッズ。なので、早速一番大きいのを持って記念撮影しました。うれしそうな顔をしているでしょ。しゃーないなあ。結構重くて、ズッシリの感じ。

Cimg9044この商品は18,900円もするんです。とりあえず記念撮影だけして、そっと元に戻しておきました。
小さ目の置物は、1890円。これぐらいの値段だったら、買えないこともありません。

どれも、よく出来ていて、ひと目には剥製かと思いました。ウロコもちゃんと一枚ずつのリアルさがあります。
プラスチック製なんだって。どんなにして作るのかはさっぱり分かりませんが、商品化するまでには、相当の努力があっただろうなあ、と素直に感じました。

一番小さいのは、ストラップで値段は400円。これなら私の財力でも買えそうです。ま、釣り大会の景品でくれることを期待して、それまで買うのを我慢することにしました。

   

3月 14, 2009 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月13日 (金)

なんでも、回文にするぞー

上から読んでも、下から読んでも同じなのが回文。横書きの場合は、左から読んでも、右から読んでも同じ。さー、何でもかんでも回文にするぞー。

「迂闊(うかつ) 小沢の秘書 強し日の技を使う」

「名士 中川、酩酊最低目。わが悲しい目」

「あかん 山田花子な 肌 魔やんかあ」

「歌うダウンタウン、歌 ン? 歌歌う」

「軽く釣り気に おぎやはぎは 焼きおにぎり作るか」

以下は釣りとお魚の回文。

「スマ イカナゴな 買います」

「サンマ 我慢さ」

「タイ サンマ 満載だ」

「良かイイダコ、底だ いいかよ」

「貴方焼いた目刺し 冷めた。嫌だなあ」

「グレ、カツオでお疲れ苦」

「セイゴ すごいぜ」

3月 13, 2009 言葉遊び | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月12日 (木)

「明石たこおやじ」でーす」

Cimg89452月に神戸に行く途中、淡路島のサービスエリアに寄りました。「明石ダコ」を使ったお土産が、ジャカスカとあります。これだけタコのお菓子やつまみがあるのなら、タコグッズもバンバンあるはず。
期待が膨らみます。そして雑貨コーナーに、ズンズンと直進。

Cimg8977 ところが、意外。タコグッズがなかなかありません。目をぎらぎらさせて、やっと見つけたのが、これ。その名が「明石たこおやじ」。 
ネーミングといい、表情といい、申し分のないタコグッズです。それに安い。420円。もちろん、即購入決定。

最近の出張と言えば、四国以外はほとんどが東京。久しぶりの関西なので、「関西のノリ」に似合うお魚グッズほしいと思っていました。
その期待通りのグッズです。だいたい、東京だと「たこおやじ」なんていうネーミングはしないでしょ。

たまに大阪に行って気が付くことは、大阪は東京に比べて造形看板物が多いということ。カニ道楽の動くカニ、づぼらやのフグという発想は、東京にはないのでしょうか。というより、大阪独特のものでしょうか。

ちなみに、インターネットで「大阪 造形 看板」で検索すると、461、000件もヒットしました。今度、大阪に行くのが楽しみになってきました。

3月 12, 2009 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水)

「クエの町 日高」

Img043 2月中旬に東京有楽町で、和歌山県のアンテナショップに行きました。釣りキチの目を光らせるパンフレットが、置いてありました。
ここに行った目的は、当然和歌山県のお魚グッズ探索。でもお魚グッズなどの雑貨はなし。で、たくさん置いてあるパンフレット中で、ひときわ目を引いたのがこれ。日高町が作ったものです。

中をめくってみると、この町はクエで売り出していて、クエ、クエ、クエのオンパレード。クエグッズもたくさん作っているらしい。その雑貨の写真もあります。
クエキーホルダー、クエ灰皿、クエストラップ、クエ針大漁お守り、クエ栓抜き、クエタオル。すべて商品名にクエを付けています。

こんなのが置いてあったら、間違いなく買うのになあ。そういう一元客は相手にしていないらしい。しゃーないなあ。和歌山県に行ったときの楽しみにおいておきます。

この町は単にクエを宣伝しているだけでなくて、歴史的にもクエと深いつながりを持っているらしい。
パンフレットには、白髭神社というところで行われる「クエ祭り」や、「クエ供養塔」の写真まであります。クエ祭りでは、ホントのクエを御輿代わりに担いでいる写真まであります。

磯釣り師にとっては、ナンカ楽しそうな町の感じです。ま、クエを狙ったことはないけど、クエ釣りの匂いがプンプンします。

3月 11, 2009 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

川柳をつくってみました

Cimg7607 釣りの川柳を作ってみました。川柳と言っても、単に5・7・5にしただけですから、ホントに川柳なのかどうかさえ分かりません。
ま、「無知ほど怖いもの知らず」、「赤ん坊 蛇に怖じず」と言いましょうか。ご勘弁ください。ことわざが間違ってる? 差別用語を使ったらアカンでしょ。

「サビキ釣り どーにも止まらぬ 小アジ1000」
「木っ葉グレ 100匹釣って どうするのよ」

釣りキチは、入れ食いに合うとシッチャカメッチャカのお祭り騒ぎ。ホイホイ、ホイホイと、釣って釣って釣りまくる。山本リンダさんになる。「ど~にも止・ま・ら・な・いー」。
そして、ふと我に返ったとき、釣り上げた魚の多さに思案。後悔先立たず。

ある釣り場で、ワンサカとクーラー満タンのボラを釣っていた人から、「ボラをもらってくれ」と、懇請されたことがあります。
自分が釣っても持って帰らないのに、何で他人が釣ったボラを持って帰りましょうか。「いいボラですねえ。でも、私のところの冷蔵庫はいっぱいなんです」と、丁寧にお断りをさせていただきましたわ。大人なんですから、自分の始末は自分でしてください。

「ポイントを 教えた人が 反対向き」
釣りのポイントと言うのは、非常に狭いピンポイントの場所のときがある。A波止で釣れているといっても、波止の付け根なのか、先端なのか、中間なのか。そして沖何メートルなのか。
これをキチンと知らないと、てんで釣れないときがあります。

ある人がサヨリのポイントを教えてくれました。早速休日に出かけてみると、教えてくれた人が、私に教えたポイントとは反対側で・・・。
私はその人に見つかる前に、あわててその場所を去りました。ホントにもー。もー、もー、もー、牛になります。ふふ。

「山盛りの アジがたったの 200円」
釣り人がスーパーの魚売り場で見るのは、当然値段。高ければ高いほどうれしいわけで・・・。これがアンタ、山盛りのアジが200円では、「山ノ神」にバカにされます。
「釣りに行かないでも、買ったほうが安いようですね」、「何を言うか。魚の鮮度が違うだろが・・・。目を良く見ろ。この売り場のアジの目は白濁しているだろ」、「白濁ねえ。そうは見えませんけど」、「照明で光っているようにしとんじゃあ」と無益な会話が起きます。

3月 10, 2009 言葉遊び | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 9日 (月)

ヒガンフグ白子は毒? ひゃ~~

Cimg7700 今年になって、フグ毒が話題になりました。1月には、山形県の居酒屋で2人が意識不明の重態。2月には、大分県のスーパーでパック詰めされたフグの内臓が売られて、2人が入院。
どちらも無事に、現世に生還したようです。

「アホやなあも内臓を食べるからや」と、思っていました。で、新聞記事をよーく見て、「ぞぞぞーっ」となりました。鳥肌が久しぶりに立ちましたわ。

山形県で食べられたのは、「ヒガンフグの白子」。「えーーっ、フグの白子って、無毒でなかったんかい」。
調べると、確かにトラフグ、ショウサイフグ、ナシフグの白子は無毒だけど、ヒガンフグの白子は有毒。「ひゃ~~~、知らなかったなあ」では、すまないところでした。

去年の秋に釣って食べたのが、このヒガンフグ。写真でうれしそうに持っているフグですわ。白子は食べなかったと思うけど、無毒と信じていました。
ひょっとしたら食べていたかも・・・、ぞぞぞーっ・・・ですわ。

フグの毒は植物連鎖で形成されるので、後天性と言うことは知っていました。そしてもう一つ、フグの毒は個体差が大きくて、猛毒とされるトラフグの肝臓でさえ、約半数は無毒のフグということも、知っています。

ということは、ヒガンフグの白子も食べていたけど、たまたま無毒のヤツだったかも・・・。ぞぞぞーっ、ですわ。フグの肝で、ロシアンルーレットができるやん。ふふふ。
フグの内臓は絶対に食べんぞ。

3月 9, 2009 魚料理 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

この1年間で、香川県記録を超えた魚

そろそろ、今年の「香川県大物記録」を印刷する時期になってきました。このブログへの申し込みを含めて、18魚種の申請がありました。
モレがあったらいけないので、今年更新予定の記録を並べてみます。

アコウ(磯) 50.7cm 三崎悟志さん
イスズミ   70.4cm 森 崇詞さん
カイヤン   48.2cm このブログ管理人
カンムリベラ 60.5cm 赤松敏明さん
クロホシフエダイ 59.0cm 高橋満範さん
コバンザメ  34.8cm このブログの管理人
Cimg7239サツオミシマ 38.7cm 佐々木進さん
サヨリ    40.6cm 戸田美恵子さん
セトダイ   20.2cm 片山勝男さん
ダツ    118.0cm 矢野定男さん
ナガブダイ 52.8cm 山内義規さん
ニゴイ    61.7cm 山岡尚幹さん
ヒラメ    82.5cm 佐藤浩二さん
ブダイベラ 30.3cm 前川博宣さん
マダイ   102.5cm 大内誠さん
メガネハギ 30.5cm 赤坂徹也さん
メバル    35.5cm 高橋満範さん
ヤイトハタ 144.8cm 植田正さん

並べて書いてみると、すごい記録もありますし、ま、しょーもない記録もあります。「だれや、コバンザメのしょーもない記録を申請したヤツは・・・」と、言わないで下さいよ。

コバンザメの記録が掲載されていたら、これに勇気付けられて珍魚がどんどん申請してくるのではないかという、奥深くて、奥ゆかしい配慮なんですぞ。ふふ。

香川県に住んでいる人は、珍魚を釣ったらドンドン申請してください。香川県以外に住んでいる人は、これを見て「香川県は楽しそうやあ」と、移住してくれたら、と期待しています。そんなヤツはおらんやろなあ。

3月 8, 2009 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土)

石さんのハワイ土産NO2

Cimg9003 石さんの「ハワイ土産 お魚グッズNO2」です。マグネットですけど、写真を見ての通り、子持ち魚の2匹連れになっています。珍しいお魚グッズです。ふふ。

ハワイの土産店では、たくさんのお魚グッズを売っているらしい。たくさんの中から選べるので、めずらしいのが買えるということでしょうなあ。
軽いものなら、子どもの魚に引っ掛けられるようになっています。こんな形のマグネットは、これまで見たことがありません。

それに、「ハワイ土産」が分かるように、ちゃんとHAWAIIと書いています。これも、コレクターとしては、うれしいことなのです。

ハワイの土産店では、お魚グッズはたくさん売っているらしい。トコトンのコレクター、根性のコレクター、筋金入りのコレクターなら、形が違えば全部買うのが本筋です。だけど、私がそんなことをしていたら、ウサギ小屋の我が家は、たちまちにして「変な屋敷がある」と警察に通報されかねません。

だから、お魚グッズを買いに行って、たくさんあっても、その中から最も気に入った一品か二品を買うことにしています。
ま、コレクションの喜びを持続させるための、苦肉の策です。チビチビと喜びを持続、ですわ。

一度にドーンと買ってしまえば、コレクション数はすぐに1万点、2万点になるけど、それをきれいに並べる場所さえない我が家の現状を考えると、現在の方法が最善ということで・・・。

3月 7, 2009 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

東京新橋でお魚グッズ

Cimg8940 2月に東京に出張したとき、新橋で宿泊。夕食がてらにブラブラしていると、ビルが丸ごとおもちゃ屋さんになっているのがありました。さすが、東京。
客がワンサと入っています。さーすが、東京。

場所柄か、子供連れよりも若い人たちが多い。その中にオズオズと、オジンが遠慮がてらに、ウロウロさせてもらいました。お腹が減っているのに、面白くてついつい見てしまいました。
最初の写真は、音楽に合わせて楽器を持った人形がメロディどおりに動く。この前で、しばらく見入ってしまいました。だーれも、そんな人はいません。私ひとり。

齢が行くと子どもに帰るんでしょうか。童心にかえりましたわ。

Cimg8941でも、いつまでもこれを見ているわけにはいきません。早くお魚グッズを探さないと・・・。

いい物を見つけました。お魚の形をした風船です。これを買おうと思いましたが、やめました。メモが付いていて、「ヘリウムガスを受付で入れてください」とのこと。ということは、一度膨らませたら、終わりってことです。

Cimg8944コレクターとしては、グッズは新品で保存したい。なので、他を探して見つけたのが、アナゴ。マグネットじゃなくて、平面に吸着してペタッとくっつくヤツ。色も黄色で、かわいい。

家に帰ってから、試しにテレビにくっつけたら、程よくいい感じになりました。よかった、よかった。ふふ。しゃーないなあ。

3月 6, 2009 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

徳島空港に、木製お魚がいました

Cimg8985 Cimg8986 徳島に出張したとき、空港でお魚を見つけました。お魚の形をした看板です。
どこかの店の宣伝のようですが、私にとっては、そのことよりも「形が魚」というだけで、十分に楽しい。

この魚、頭の方は、まあ雑と言えないこともないけど、尾びれは妙にリアル。そのことも気が入りました。
このお店の名前が「木魚屋」。それで、この形の看板になったことが分かります。

そう言えば、木魚って、魚なのでしょうか。お寺にある木魚は魚の形ではありません。なんで、木の魚なのでしょうか。

木魚をインターネット辞書で調べると、いいことが分かりました。木魚の原型はお寺に吊るされている魚板。これを叩いて、人を集める合図にするものです。
何故、魚の形をしているかというと、「魚は日夜を問わず目を閉じないことから、修行に精進することの象徴」ということらしい。

ひゃ~~~。そんな仏様のような魚を、バンバン釣ることを願っている釣りキチはバチが当たります。釣りキチの皆さん、気をつけてくださいよ。魚を釣り上げるたびに、「南無阿弥陀~」と言ってください。間違っても、「何枚だ~」なんて、不遜なことを言ってはだめですぞ。

3月 5, 2009 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

リールを買いました

Cimg8929 釣具店で小物つり用のリールを何気なく、買ってしまいました。2万7000円。だって、これまで波止釣り用バッグに入っているリールは、2~3000円で買ったバーゲン品。

値段が安くても、特に支障があるわけでもなく、小アジでも、サヨリでも、チヌでも釣れます。魚はリールを見てから、エサを食っているわけではないし、当然です。

リールの値段に比例して、魚が釣れるのであれば、そりゃあ文句を言いながらでも、高いリールを買います。そんなことは、天地がひっくり返っても・・・、いや、天地がひっくり返ったらあるかもなあ。

現在は天地がひっくり返ってないので、安物だからと言って、釣れないということはない。ま、私の信念みたいなものです。釣り具メーカーにとっては、とんでもない危険思想の持ち主ということになります。

でも、安いリールには高い道糸を巻くのがアホらしいので、これまた超安い糸を巻いています。この糸がすぐにヨレがかかって、竿先に引っかかります。イライラッとして、オジンの脳が爆発します。
カンペイちゃんの「脳みそバーン」です。そういえばカンペイちゃんは、今頃太平洋のど真ん中で、釣りでもしているのでしょうか。カンペイちゃんの脳みそがバーンしていないか、心配です。

話がそれてしまいました。安物の道糸での脳みそバーンを避けるためには、ちゃんとした高い道糸を巻こうと思いました。
となると、その道糸に似合うリールが必要と言うわけで、今回のリール購入です。ナンカ、おかしい? そうだよなあ。自分でもおかしいと思いますわ。

でも、ホントなんです。最近の私の思考は、嗜好の歯垢のようにジワッと澱んでいますんで・・・。

3月 4, 2009 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

ハワイ土産のお魚グッズ

Cimg9002 石さんが娘さんの結婚式で、ハワイに・・・。その土産です。ワイキキの水族館で買ったというミノカサゴの置物です。
3ドル25セントの値札が付いています。思ったよりも安い感じ。円に直すと、300円ぐらい。これも円高のお陰なんですかねえ。

よく出来ています。写真で見ての通り、リアルなんです。写真をクリックして拡大して見てください。「拡大せんでも、見えるわ」というお若い方は無用なコメントです。

でも年寄りに細かいのは、見えませんのや。小さい写真だと、イライラします。このイライラをどこに持っていこうかと考え、どこにも持っていけんなあと分かって、なおイライラするのじゃあ。

お魚グッズというと、どちらかというと、リアルなものよりも、形を抽象化したものが多い。だから、こういうリアルなお魚グッズって、意外さと、新鮮な感じがあります。

特に、このミノカサゴのように複雑な体のときは、リアルさに感動です。と言うより、こんな体を抽象化することの方が難しいか。

それに美しいものはリアルがいいけど、美しくないものは、リアルでない方が、世の中がうまくいくものです。女性の化粧と同じか。ふふ。

3月 3, 2009 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 2日 (月)

西日本の磯釣り師が徳島市に集合

Cimg9059Cimg9053 近畿、中国、四国の13府県の磯釣り師が、徳島市に集合しました。
約120人の磯釣り師集合です。山口県や和歌山県からだと大変な距離です。よっぽど暇でないと来れない距離です。ふふ。

Cimg9057香川県からの参加者は10人。四国の磯釣り師とは、年に数度会う機会がありますが、近畿、中国の人とは、年に一度のこの会しかありません。

それでも、やっぱりついついお話しするのは、四国の磯釣り師となってしまいました。4人の写真は、四国磯連の菅会長、鈴木事務局長、秋ヤン、藤本さん。
藤本さんは宇和島市の釣具屋さん。これを見たら、オキアミ、おまけしてください。ふふ。

Cimg9050この日、来賓として来てくれていたのが、オーナーばり会長の 中道弘蔵さん。
早速挨拶に行って、四国の釣り界への協力をお願いしました。「なんでも、言ってくれ」との心強いお言葉。次の大会のときにお願いしょ-っと。

クエ釣り師の植田さんが、使っているのがオーナーばり社製ということで、挨拶に一緒にいってくれとのこと。しゃーないなあ。一緒に行きました。

そして、植田さんが「60号のクエバリを作ってくれ」とお願いしました。すると、45号までは機械で作れるが、それ以上になると、職人がひとつひとつ曲げて作る手作りになるとのこと。
それでも60号のクエバリを作ると快諾してくれました。4ヶ月から半年かかるんだって。これを聞いて、植田さん、ルンルン。私には関係ないバカでかいハリです。

3月 2, 2009 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日)

「B級コレクションのすすめ」

Cimg8272東京の本屋で見つけた「B級コレクションのススメ」。森永卓郎さんの本です。ミニカー、カルタ、テレホンカード、招き猫、携帯のサンプル、グリコのおまけ、キャラメルの箱・・・。
森永さんはなんでもかんでも集めているようなのです。共感しました。私のお魚グッズコレクションも、どう考えてもB級コレクションというか、B、C、D、よりも下で、せいぜいEコレクションです。

コレクションを趣味にしている人には、共通のアイデンティティがあります。集めることが楽しくて、「ど~にも止まらない」。
コレクションに興味がない人には、ゴミ収集(一歩下がっても、「ゴミ蒐集」)と同じじゃないかと思われます。

でも、何でもいいからたくさん集めていると、文化の歴史が見えてくる、とコレクターは言います。分かります?
ガラクタでも、たくさん集めて体系的に整理すると、何かが見えてくるものです。それが学問につながる。どんなもんじゃい。

例えば、お魚グッズにしても、魚種別の数を数えると、日本国民にとって親しみのある魚ランキングなどが見えてくる。だって、売れない商品は作らないはず。売れるということは、皆に親しまれているということの証。

そんなことが分かってもしょーもない? ふふ。そのとおりかも。コレクターは集めたものを並べて、ニヤニヤしています。他人が見ると、気持ち悪いんぞ。近寄ってはダメ。

こんなことを書いていたら、先週の月曜日に東京に出張したとき、浜松町で間近に森永さんとすれ違いました。何となく親近感を感じて、声を掛けたくなったけど、「変人」と思われたくないので止めました。ふふふ。

3月 1, 2009 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)