« 高知の高速道路SAで、カツオシール | トップページ | 猫のためのお魚グッズ »

2009年2月13日 (金)

贅沢な朝食

Cimg7957 冷凍庫にアコウが入っていたので、塩焼きにして朝食。「そう言えば、アコウって高級魚だったはず」と、インターネットで値段検索。ヤらしいでしょ。

1キロが5000円と書いてあったり、4500円とあったり。ま、ほとんどが高級料亭に行って、魚屋さんには置いていないという記事も・・・。ふふふ。やっぱり、高級魚みたいです。

朝食に食べた頭部の重さを測ってみました。 160グラム。ということは、これだけで800円。朝から、こんな贅沢をしていいのでしょうか。
「いかん、許さん!」とおっしゃる方に申し上げます。四国に来てくだされば、これが可能です。ま、ちょっとの努力は要りますよ。

塩焼きのアコウは、ホントにおいしかった。身がポロリととれます。私の塩加減も最高。焼き加減も最高。

そういえば、最近の人って、魚の焼き加減を知らないというか、無頓着な人が多くていかん。老人になると、ちょっとしたことでも、ガミガミと言いたくなる。

随分と昔に、このブログでも「魚の焼き方」を、書いたことがあります。熱心な読者でも、お忘れになっていると思うので、再度・・・。

私は「俳句焼き」と名付けています。グリルに火をつけて魚を入れないままで5分間。ま、空焼きです。なんでするかと言うと、「強火の遠火」状態を作るためです。
魚を入れて7分間。ひっくり返して5分間。これが基本。5・7・5となるので、俳句焼きと言うことにしました。

私が発見したわけでなく、NHKの「ためしてがってん」を見て、覚えました。NHKですから、信用するでしょ。

2月 13, 2009 魚料理 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/42737005

この記事へのトラックバック一覧です: 贅沢な朝食:

コメント

コメントを書く