« 夢枕獏さんの「愚か者の杖」 | トップページ | イカ頭巾かと思ったら・・・ »

2009年1月 9日 (金)

巨大マグロの造形

Cimg8594 東京の葛西臨海水族館に行くと決めたとき、何か魚の造形物があるかな、という期待がありました。
水族館だから、魚の造形がどこにもあるような気がしますが、そんなことはありません。
ショーのシャチ、アザラシなどの造形は多いけど、魚の造形は少ない。

ここの水族館の正面入り口には、期待通りのでかいマグロの造形が立っていたので、ウシシと、写真を撮りました。

「マグロとせいくらべ」と書いていて、2メートルのマグロ造形があります。
ホントはその横に立って写真を撮りたかったけど、周りに誰もいません。しゃーない。マグロ殿との同伴ショットは、あきらめました。

Cimg8610_2お土産売り場の前にも、マグロやサメの造形がたくさん泳いでいます。
この水族館に行った人で、魚の造形に見ほれて写真を撮っているのは、この私ぐらいなものです。

怪しまれてはいけないので、人が少なくなるのを待ってから、シャッターを押しました。ふふ。

この魚を作るにも、結構金が掛かったんだろうなあ、と考えてしまうのは、「お魚造形ハンター」の習性です。

1月 9, 2009 陸に上がった魚たち |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巨大マグロの造形:

コメント

コメントを書く