« 高松港で、アナゴ狙い | トップページ | 釣りの本で、考えさせられました »

2008年11月10日 (月)

サヨリの処理

Cimg8204 先週、徳島県鳴門市で釣ったサヨリが66匹。これの大半は一夜干しにしました。うろこを取り、頭を落とし、腹の中の黒ヌメヌメをとります。
このヌメヌメを取るのが、一番の手間。でも、これをキッチリとしないと臭みが残ります。

そして7%濃度の塩分に30分。これを取り出して、ラップをかけずにそのまま冷蔵庫。これで出来上がり。赤澤名工が教えてくれました。

最近、このサヨリ一夜干しと、松原さんがくれたタチウオの塩焼きが、私の朝食定番になっています。

Cimg8203サヨリがもう少し大きければ、もっといい味が出るのになあ、思いつつの毎朝です。

釣った66匹のうち、小さい16匹は、何もせずにそのまま冷凍庫にいれています。これは、某大手女性用品メーカー監査役の宮内さんから、「タチウオのエサには、イワシより絶対にサヨリがええんぞ」と、教えてくれたからです。

その教え方が、電話なのに、声を落としてもったいぶっての声でした。すごく内緒の情報らしい。だから、ここで書いていいのかどうかも迷いましたが・・・。だれか、これを読んだ人で試してみた人がいたら、結果を教えてください。

そして、大釣りして、どうしても感謝の気持ちを、物の形にして表したいということであれば、それを宮内さんにお渡ししたいと思います。どうでっしゃろう。ふふ。

11月 10, 2008 魚料理 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/43041599

この記事へのトラックバック一覧です: サヨリの処理:

コメント

コメントを書く