« 石鹸のお魚グッズをください | トップページ | オジンはいつまで、磯釣りができるか »

2008年11月 1日 (土)

須崎市の道路端に、グッドなレリーフ

Cimg7989 Cimg7988高知市から、西の足摺岬に向かって約1時間。そこに須崎市があります。以前に書いたお魚の入ったマンホールを、探していました。

マンホール探しですから、車から前方や横の下の方ばかりを見ていましたが、ふと横を見るとお魚のレリーフが目に入りました。あわてて停車。なんたって、貴重なブログネタです。

しばらく眺めましたが、なんでこの長いレリーフがあるのか、わかりません。普通、こういうものには、大きなタイトルがあってもいいもの・・・、と探したら、右下隅に小さく「須崎の自然とくらし そして友情」とあります。

この長い壁の前は、法務局。それにしても、この壁はなんだろうと、裏に回ってみました。
なんと、この壁は公衆トイレでした。ハハーン、法務局の前にいきなり公衆トイレではアカンので、壁を作ってレリーフを描いた。そんなものでしょうか。

さて、絵には釣り人が何人か入っています。魚も、カツオ、カジキ、イカ、マンボウなどなど。全体の雰囲気としては、和み、癒しが感じられて、いい味を出しています。

でも、これを作った市の担当者の方は、ブログで書かれるなんてことを想像した人はいないでしょうなあ。

11月 1, 2008 陸に上がった魚 橋、トンネル、道路に魚 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 須崎市の道路端に、グッドなレリーフ:

コメント

コメントを書く