« 高松市サンポート港で、釣り大会 | トップページ | 日本一おいしい駅弁「瀬戸の押し寿司」 »

2008年10月20日 (月)

ブログがつないだ家族

Cimg8115 昨日のサンポート高松港での釣り大会で、表彰式でお若い女性から声を掛けられました。
こんなことは滅多にというか、絶対にないので、私にとっては、非日常の世界。だから、当然身構えました。こんなオジンをどうしょうというんじゃい。

「あのー、アナゴの件で・・・」。それを聞いて、すぐに思い出しました。「トーマス」さんです。私がこのブログで、高松港でのアナゴ釣りについて書いたとき、「ポイントを教えてください」とのコメント。

で、丁寧にお教えしたのはいいけど、時期が悪かったのか、「全く釣れなかった」との返事。私としては、大変責任を感じていました。

人柄の良さそうなダンナと、明るい子どもが3人。こういう家族が釣りを楽しんでいるのなら・・・、と、アナゴ釣りでの責任を、もっと感じてしまいました。

お別れするときに、小さい子が親からせかされたわけでもないのに、ちゃんとこちらを向いて、「ありがとうございました」とお辞儀をしたのには、びっくりしました。
この家族の「しつけ方」というのを通り越して、すばらしい「家族のあり方」まで垣間見えました。こちらこそ、ほのぼのとして「ありがとうございました」。

今度、アナゴを釣ったら、ちゃんとお知らせします。ブログを書いていると、こんなにいいこともあると、感謝。

10月 20, 2008 ブログの経緯 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブログがつないだ家族:

コメント

コメントを書く