« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月31日 (金)

石鹸のお魚グッズをください

Cimg8160   昨日、高松市の小料理屋に、ガヤガヤと40人近い人が集まりました。私の職場が主催する異業種交流会。と言っても、単に自腹で食べて飲むだけの会で、面倒なことは一切なし。

その中にいた、あるゼネコン会社の通称「西郷どん」の塚元さんが、言いました。「西郷どん」がどの人かは、写真を見れば、すぐに分かると思います。もちろん、鹿児島出身です。
ついでに、女性二人は、某大手商社の社員ですから、あらぬ想像はしないでくださいよ。

塚本さんが、「お魚グッズを買ったんだが、女房に渡すのを止められたんや。石鹸のお魚グッズだけど、置いといたら溶けるのでダメでしょ、と言われた。さすが、女房は頭がいい」と感心しています。

えーっ、そんなこと言わずに、持ってきてくださいよ。常温で、石鹸は溶けませんよ。まだ彼の部屋に飾っているというので、今度お会いするときに持ってきてくれるように、お願いしました。

私の「お魚グッズコレクション」は、このブログのお陰もあって、ジワリジワリと認知度が高まっています。だから、家族で旅行していても、ついお魚グッズに目が行くみたい。

目が行ったら、ついでに買ってきてください。値段は問いません。安いのでいいのです。特に、海外のを買ってきてくれると、私の気持ちは舞い上がります。どうです?「ついでだったら、買ってきてやってもいい」という気になったでしょ。ふふ。

10月 31, 2008 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月30日 (木)

日本一のマダイ

Cimg8106 10月19日、香川県高松港での釣り大会のお手伝い。釣りクラブ員が40名ほど、ボランティアで集合しました。

その中の三浦明さんが、これまでの香川県記録を超えるマダイの魚拓を持ってきている、とのこと。早速、みんなの前で検寸。そのサイズ、102.5cmには、驚き、桃の木、山椒の木。ついでに、驚き、ビフテキ、ヒラスズキ。特に意味はありません。単なる語呂合わせ。

このサイズは、ある雑誌で日本一と紹介していたのを、超えています。ということは、これが日本一のマダイということになりますなあ。

この魚は、香川県さぬき市在住の大内誠さんが、去年の2月に高知県のうぐる島で釣ったもの。

うらやましい釣果です。一生に2度も3度もなんて言いません。一度でいいから幸運の女神が舞い降りてきてくれませんか。
女神だからといって、抱きついたりはしません。そんな失礼なことは決していたしませんので、私の磯釣りに舞い降りてきてください。お願いします。

「舞い降りても、釣るウデがないやろ」ですか? そうかもなあ。

10月 30, 2008 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月29日 (水)

ボウズではかわいそうやな

Cimg8152 この前の日曜日、愛媛県宇和海での磯釣りを報告しました。ま、ボウズです。

でも、厳しい状況の中で、やっと釣ったのが23cmのカワハギに、20cmのカサゴ3匹。これでも、夕食1回分のおかずにはなります。

Cimg8151渡船で船着場に戻ってくると、渡船のオバチャンがいきなり、「ひゃひゃひや、釣れんと思ったから、お魚を用意しているから・・・」とのこと。
喜んでいいのやら、悲しいのやら。ウデを見透かされています。船付き桟橋にある生け簀から、カワハギをドンドン掬ってくれました。その数、約30匹。

他にも、カンパチの子やら、イカもくれて、クーラーが賑やかになりました。カワハギは、一緒に行ったクラブ員と山分けにしましたが、カンパチとイカはしっかりと自分のクーラーに入れました。ふふふ。

この渡船とは、30年近いお付き合い。若い頃は、一人でよく行きました。最近は、めっきりご無沙汰にしているのに、今だによくしてくれます。恐縮。

それにしても、自分で釣った魚を持って帰りたい。釣りキチの端くれとして、チト情けない感じ。でも、何でもいいから、くれたらうれしい。こういう根性やから、釣りもうまくなれないのか。

10月 29, 2008 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月28日 (火)

読者期待通りのボウズですわ

Cimg8146 この前の日曜日は、四国中の磯釣り師が参加する大会でした。私たちのクラブは、愛媛県宇和海の御五神(おいつかみ)島へ。

私は岡田芳樹さんと、西2番磯。前日から行っていた5人組の釣果は、かんばしくないと聞いていたけど、「ウデが悪いだけや」と・・・。

Cimg8137だけど、実際にサオを出すと、自分も「ウデが悪いだけや」になりました。最初の2時間、釣れてくるのはキタマクラだけ。どうしょうもない。どうりで、足元には、前日に釣ったらしいキタマクラの死に体が、いくつもあります。

私は、釣った魚を足元に、捨てるなんてことはしません。いくら憎たらしいキタマクラでも、ちゃんと海にお戻り願います。

Cimg8149それにしても、グレ本命のアタリは、ウンともスンとも、アハンともウフンとも、なーにもありません。

小さいカワハギが釣れてきたのはいいが、完全なスレ。ちゃんと口に掛けたのではないので、「卑怯者ー」と言われたらいけないので、海に戻っていただきました。ま、小さいので、料理が面倒くさいだけです。

カサゴが3匹。タナを深くすると、これしか来ません。なんやかんやと頑張ったけど、岡田さんともども、ボウズなんじゃい。ウデなんじゃい。しょーないなあ。

一緒に行ったクラブの8人は、全員そろってボウズ。こんな状況の中で、一人だけ釣るというわけにはいきません。なんたって、仲間が大事。一人だけ釣ると、仲間はずれにされます。

グレはどこにおるんだろか。おかしいなあ。

10月 28, 2008 育児 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月27日 (月)

ブログ連続、金字塔の1000日

Cimg1843 本日、平成20年10月27日に、このブログ連続執筆1000日達成となりました。別にだれからも、強制されるわけでもなく・・・、だれからも、お願いされたわけでもなく・・・、まただれからも、お金をくれると言われたわけでもなく・・・。

ま、そんなにエラソーに言える内容でもなく、読んでいる人に有益でもなく、ただ1000日書き続けたというだけのことです。

毎日書き続けていると、ホントにイヤになることがあります。書くことは、意識しないでも、自然と自分をさらけ出してしまいます。毎日読んでくれている人には、私は真っ裸になっているようなものです。下半身までさらけ出しているようなもの。オエーッ。

このブログを書き始めたときに、一つだけ意識したことがあります。読んでくれたときに、一日分の記事で、一回は「クスッ」と笑ってもらえたらいいなあ・・・、ということです。
もしくは、「ホンワカとした気分になったなあ」と思ってもらえたらいいなあ・・・、ということです。

そのせいかどうか分かりませんが、毎日のアクセス数は、着実に増加し続けています。何かの検索に引っかかって、たまたま読んだ人が、リピーターになっているからではないかと思います。

連続1000日が達成できたのも、このアクセス数の増加が励みになりました。読者は神様です。奥様は山の神です。

10月 27, 2008 ブログの経緯 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月26日 (日)

61cmのイシガレイだぞ

Cimg8105先週、 高松港での釣り大会の準備。午前6時から参加者の受付を始めるので、午前5時に集合。釣りキチは、朝が早いのは、どうってことない。

集合した中の三崎さんが、東北に釣りに行っていて、大きいイシガレイを釣ったとのこと。クーラーに入れてきているとのことなので、皆で見せてもらいました。

61cmを頭にほぼ同型を3匹。三崎さんが大物ハンターというのは、香川県の投げ釣り界では、有名です。それにしても、東北まで一人でイシガレイの日本記録を狙いに行っていたというのですから、そのバイタリティに頭が下がります。肩も下がります。何もかも下がります。

釣り師として、大物狙いはうらやましい話。でも、大物を狙うには、それなりの努力、金力、体力が必要です。
これを分かっているだけに、簡単に「大物狙いをする」ことは出来ません。ま、たまにするのは出来ますが、大物狙いを続けるというのは、難しい。

小物釣りには、小物釣りの楽しみがあります。大物釣りには、大物釣りの楽しみがあります。同じ釣りですが、道具、エサはもちろんのこと、釣り師の精神構造さえもが違います。

私も職場をリタイアしたら、変心して変身。精神構造も変えるぞー。エイエイオー。どうなんかなあ。

10月 26, 2008 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月25日 (土)

しながわ水族館でお風呂魚

Cimg8061  東京の「しながわ水族館」に行ったとき、当然のお土産コーナー直行です。お魚グッズがあれやこれや、ドンドンバンバンあって、どれを買おうかと迷って迷って・・・と、想像していました。

だって、水族館だったら、そのはず。だけど、お魚もあるにはあるが、圧倒的に多いのは、哺乳類のラッコ、イルカ、あざらしに、亀さん。

お魚も大したものは、なくて、せっかく水族館まで来たのに、お魚グッズを買わずかと思いました。でも、いい物を見つけました。
エイのお風呂おもちゃ。袋の上から、少しだけネジを回してみると、翼が上下します。

これはオモロイ。それに値段も250円と格安。お買い上げーーー。

Cimg8077家に帰ってから、洗面所に水を張って試してみました。ちょっとだけ、ドキドキワクワク。
60過ぎのオジンになっても、この純粋な気持ち。分かります? 分かんねえだろうなあ。

ネジを巻いて、そろっと水に浮かべます。ふふふ。スイスーイとはいかないげと、ジンワリと進みます。
想像では、ドンドコと進んで、壊れたらどうしようかと心配していたけど、そんな心配は無用。ジンワリとしか進みません。それもまっすぐではなくて、ヨタヨタと小さく回る感じ。

どうってことのないおもちゃですけど、少し癒されましたわ。

さて、明日は四国磯連の大会。私も愛媛県宇和海の御五神(おいつかみ)島に、今夕から行く予定。やっぱり、ボウズなんでしょうかねえ。楽しみでしょ。

10月 25, 2008 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月24日 (金)

東京の「しながわ水族館」に行ってきました

Cimg8074東京に出張したとき、仕事が早く終わったので、「しながわ水族館」に・・・。以前から一度は行ってみたいと思っていたところですから、ちょっとワクワク。

入館して、いきなり笑ってしまいました。だって、最初に見えたのが錦鯉です。ま、利根川にいるのかも知れませんが、胸弾む水族館で、いきなり錦鯉ではなあ・・・。

全体として、期待していたほどじゃなかったという感想。エイもいるし、サメもいるし、ピラルクも熱帯魚もいるんだけど、最近流行の圧倒するものが無い。こじんまり。

Cimg8066Cimg8067

さーっと見るのに15分ぐらいで、全館を回りました。これで1300円。高いのやら、安いのやら・・・。タクシー代の方が、何倍も高かったけど。

それでも東京で生きたお魚を見て、ちょっとはホッとしたのは事実。クエのでかいのを、ジーッと見とれました。ま、10秒間ぐらい。

平日の午後だというのに、たくさんの子どもとお母さんが来ていました。子どもはすべて小学校に上がる前の小さい子。その子たちのキラキラした目を見て、四国のお魚さんを釣って見せてあげたら、こんなもんじゃないよ、と思いました。

10月 24, 2008 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月23日 (木)

土佐佐賀駅の横の公園にカツオ

Cimg8021 四国内の出張は、ほとんどJRでなくて高速バスを利用します。だけどバスが走っていないところには、JR。

高知県では、高知市までは高速バスがありますが、それ以遠に行くときにはJR。土佐佐賀は、高知市から列車で約1時間。この土佐佐賀駅から列車が出るときに、目の前に大きなカツオ像があります。

いつか、その像を間近に見たいと思っていましたが、そのチャンスがありませんでした。駅のホームにあるカツオは、国道からでも見えますが、気になっていた像は、国道からは見えません。

一人で釣りに行ったとき、その像を探しに駅に寄りました。すぐに見つけることが出来ました。近寄ってみると、思っていたよりさらに大きい。

Cimg8022駅横に、「魚群(なぶら)公園」があります。公園といっても、この像があるだけ。このカツオ像のために造った公園のようです。
さすが、カツオの町です。それだけに、カツオもリアルに作っていて、この地の人がカツオを大事にしていることが分かります。

このカツオを写したついでに、以前国道から写したホームのカツオも反対側から写真にとって来ました。

10月 23, 2008 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月22日 (水)

またまた、駅で釣り漫画を買っちまいました。内緒。

Cimg8097 愛媛県今治市に出張。帰りに駅の売店をフラフラ。もちろんお魚グッズ探し。
あくまでも「さりげなく」の態度をみせつつ、目はギンギンと獲物を狙うライオンのごとく。とまあ、そんなにたいそうなものではないけど・・・。

目はギンギンさせても、「無いものは無い」と冷たい空気。「お魚」の「お」の臭いもなし。仕方なく本のコーナーに行きました。
そこで「釣り」の字が、飛び込んできました。漫画です。「海釣り 大爆釣り」のタイトル。400円。もちろん、即購入。

それにしても、漫画って、なんでこんなに安いのでしょうか。ちょっとした釣り紀行だの、釣り随筆の単行本となると、すぐに1600円だの、1800円はする。

この本にしても400円というのは、信じられないぐらい安い値段。この漫画を描くのだって大変な手間が掛かっているはず。文章で書くのと、そんなに大差ないと思います。

これで400円というのは、申し訳ない気分。ま、漫画だと発行部数が、単行本に比べて、断然多いのでしょうか。これまで、最近漫画を買ったのは、すべて本屋でなくて、駅の売店というのも、売る対象が違うってことでしょうかねえ。分からん。

10月 22, 2008 釣り本 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月21日 (火)

日本一おいしい駅弁「瀬戸の押し寿司」

Cimg8095 愛媛県今治市に出張しての帰り。今治駅で、一緒に行っていた、同じ職場の水野さんが、「日本一おいしい駅弁があるはず・・・」と言います。

知りませんでした。日本一おいしい駅弁が四国で食べられるなんて・・・。日本一なんて、どうせ胡散臭い宣伝かと思ったけど、取りあえず私も、一緒に売店に付いていきました。

Cimg8094日本一のいわれをよーく聞くと、天下の日本経済新聞がモニターに実際に食べてもらっての評価が日本一。これを聞いたら、私も買わなくては・・・。

うれしいことに、ちょうど二つだけ残っていました。それを水野さんと一つずつ買いました。このときの水野さんの笑顔が、メッチャうれしそうでしょ。

売店のオバチャンの説明では、「新鮮なマダイを使った押し寿司」とのこと。

Cimg8096その日の夕方に、早速食べました。ナント言いましょうか、あっさりとしていて、タイの味がほんのりと・・・。これが日本一かと思いつつ食べたので、一層おいしさを感じました。

私は「日本一」の言葉に弱い。だいたいオジンはそういう傾向があります。うすーくスライスしたタイがご飯の上に乗っていて、味付けがおいしいのだと思う。
私は、タイについて姿はいいけど、味はそんなにいいものではないと思っています。だけど、この鮨はタイのパサパサ感がなくて、その意味でもホントに工夫していると思います。

なんたって日本一。その駅弁を食べられただけでうれしい。アンタも食べてみたくなったでしょ。ふふ。
1260円は四国の駅弁としてはいい値段だけど、その価値は十分にあります。四国の今治市に来たときは、是非ご賞味ください。

10月 21, 2008 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月20日 (月)

ブログがつないだ家族

Cimg8115 昨日のサンポート高松港での釣り大会で、表彰式でお若い女性から声を掛けられました。
こんなことは滅多にというか、絶対にないので、私にとっては、非日常の世界。だから、当然身構えました。こんなオジンをどうしょうというんじゃい。

「あのー、アナゴの件で・・・」。それを聞いて、すぐに思い出しました。「トーマス」さんです。私がこのブログで、高松港でのアナゴ釣りについて書いたとき、「ポイントを教えてください」とのコメント。

で、丁寧にお教えしたのはいいけど、時期が悪かったのか、「全く釣れなかった」との返事。私としては、大変責任を感じていました。

人柄の良さそうなダンナと、明るい子どもが3人。こういう家族が釣りを楽しんでいるのなら・・・、と、アナゴ釣りでの責任を、もっと感じてしまいました。

お別れするときに、小さい子が親からせかされたわけでもないのに、ちゃんとこちらを向いて、「ありがとうございました」とお辞儀をしたのには、びっくりしました。
この家族の「しつけ方」というのを通り越して、すばらしい「家族のあり方」まで垣間見えました。こちらこそ、ほのぼのとして「ありがとうございました」。

今度、アナゴを釣ったら、ちゃんとお知らせします。ブログを書いていると、こんなにいいこともあると、感謝。

10月 20, 2008 ブログの経緯 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

高松市サンポート港で、釣り大会

Cimg8108  今日の天気は、100パーセント満点の秋晴れ。昨日、神様に天気をお願いしましたが、相手の神様がすごい神様だったようで、文句の付けようのない、快晴。
これで文句をつけたら、神様が怒って何をするかもしれませんわ。写真でも分かるように、天高い青空でした。

Cimg8111参加者数は350人。子どもがすごく多くて、名前どおりのファミリー大会になりました。
アジをサビキで釣っている人も多くて、釣りクラブの釣り大会よりもホンワカとした雰囲気。

Cimg8112この高松港は釣り場としても、好条件の場所で、上手な人は30cm超のチヌを6匹も釣っていた家族がいました。この家族は、ま、お父ちゃんの鼻高々だったに違いありません。

Cimg8119釣り具のメーカーさんからも、多くの協賛品をいただきました。それをすべて、くじ引きなどで参加者にお渡しました。

表彰式で、一番盛り上がったのは、このとき。その気持ち、分かります。ウンかウデが分からないけど、他人が大きい魚を釣って表彰されるのは、うらやましいだけ。一応拍手はするけど・・・、「しゃーないなあ」の感じ。

Cimg8123それよりも、自分の参加券の番号を見ながら、ハラハラドキドキの抽選会。最後に一番高価な品が、小さな女の子に当たったときは、会場が大拍手に包まれました。ええ雰囲気でした。

魚種別の優勝者のお名前。チヌ・グレの部、金井日向さん。37.0cm。メバル・カサゴの部、間島魁飛さん、22.2cm。キスの部、神高宏仁さん、25.1cm。ベラの部、網谷涼さん、25.5cm。他魚の部、藤田廣さん、ニベ48.2cm。
皆さん、おめでとうございます。皆さんは、ウンでなくて、ウデです。

10月 19, 2008 釣り大会手伝い | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月18日 (土)

明日のサンポート釣り大会準備

Cimg8098 明日の日曜日は、香川県高松港のサンポートで、釣り大会があります。香川県釣り団体協議会の主催。毎年の恒例大会です。高齢大会じゃありません。

Cimg809920人の釣りクラブ員が集まって、準備をしました。定員300名に対して、申し込み数が400名以上。全員の参加を受け付けることにしました。一つの港で、こんなにたくさんの釣り人が参加する釣り大会というのも、珍しいと思います。

明日の天気も快晴ではないけど、雨は大丈夫のようで、ひと安心。参加者は圧倒的に子どもが多いので、雨ではかわいそうです。子どもだけでなく、雨はオジン、オバンにもつらい。神様、お願いしますよ。

Cimg8102参加賞はちょっと質のいいタオルです。これはもちろん参加者全員にお渡しします。

それ以外に、釣り具メーカーさんから提供してくれたのがたくさんあります。その中で、シマノさんからエコバッグと、筆記具ケースをいただけましたので、これも受付のときにお渡ししたいと思います。
ただし、こちらの方は300名分しかないので、先着300名となります。

ダイワさんからは、サオ4本と、リール2個、マルキューさんからは救命胴衣を提供していただきました。これも参加者に賞品としてお渡しします。
どや! どやどや! どやどやどや! 豪華な大会になりそうでしょ。

10月 18, 2008 釣り大会手伝い | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月17日 (金)

須崎市のマンホールにお魚が・・・

Cimg7986 須崎市のデザインマンホールに、お魚を見つけました。ちょっと、うれしい。
市の鳥に指定しているカワセミが、魚をくわえています。よーく、見てくださいよ。お魚がいるでしょ。

お魚がデザインに入っているマンホールは、それほど多くありません。だから見つけると、ホントはチョーうれしい。最初に「ちょっと、うれしい」と書いたけど、これはテレ。

読者の皆さんは、こんなことに興味がないことは、百も承知。だから、ちょっとテレのポーズ。オジンでも、照れるときは、照れる。

Cimg7993_2須崎市のデザインマンホールに、カラー版があることを知っていました。だから、これを探しにまず須崎駅に。

こういうカラー版は、市としても力を入れて作っているので、たいていは、駅、市役所前、観光地周辺に置いているのが一般的。

だけど、駅周辺には、どこを探してもありません。なかなか見つけられないのが、マンホール探しの醍醐味。分からないでしょうなあ。
駅前に待っているタクシーの運転手が、ドアをあけて所在なさそうにボヤーンとしています。

で、「カラーのマンホールが、どこにあるか」と聞きました。分からないとのこと。そりゃあ、そうでしょうねえ。マンホールなんぞ、見ながら運転する人はいません。

仕方ないので、市として力をいれている道路はどこかを聞きました。しばらく考えてから、「ここらで力を入れている道路整備といったら、多分・・・」と、教えてくれました。そこに行くと、1個だけがひっそりとありました。バンザーイ。でも、カラー版は魚がはっきりしません。これだけ頑張って探したのに・・・。

10月 17, 2008 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月16日 (木)

エサトリの自己新記録、バンザーイ

Cimg8009 高知県黒潮町でのこと。夜釣りのブッコミで、マムシのエサに食い付いてきたエサトリ。

家に帰ってから、図鑑で名前を調べました。独特の体型なので、ハランポの仲間だというのは、すぐに分かりました。
注意深く色や特徴を見て、正式名「ミエハランポ」と判定。間違いなし!

17.2cm。私の自己記録に新魚種認定です。バンザーイ。それにしても、このハランポはでかい。エサトリを釣って喜んでいるのは、私ぐらいでしょうかねえ。

Cimg8004このハランポが釣れる前にも、ムロアジが釣れましたが、これも新記録サイズかと、写真に・・・。
でも、家に帰ってから確認すると、ムロアジは平成7年に鹿児島県のトカラ列島で、30.3cmを釣っていました。すっかり忘れていました。

しょーもない記録ばっかりと、「バカにしないでよ~~」。ま、客観的に考えたら、バカにしてくれてもいいですけど・・・。

私のコードネームは「釣りの楽しみ方名人」。エサトリを釣ってでも、ポーン海に捨てる前に、尺を当てて写真に。
このとき、多少の恥ずかしさには、我慢しないといけません。でも、自分の魚種別記録って、結構楽しいものです。

やってみたい方、ご質問ください。ノウハウをお教えします。しょーもない? そんなヤツいないでしょうなあ。ふふふ。

10月 16, 2008 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月15日 (水)

土佐佐賀の離岸堤で、鳥鍋だっせー

Cimg8013 Cimg8011 高知県黒潮町の離岸堤。

夜の8時を過ぎたころ、別役さんが取り出したのは、「鶏鍋セット」。それもチャチなものでなくて、立派なガスコンロに鍋。まさか、高知県の波止の上で鳥鍋パーティが開かれるとは、思いもしませんでした。

Cimg8015別役さんが、これほどの味利きとは知りませんでした。
鶏はどこかのブランド鶏、ダシは料理屋に頼んで持ってきたもの、マッタケは友人からくれた地の物。久しぶりのマッタケを鼻に寄せると、懐かしい強烈な匂いがファーンと。もー、たまんない。

最後の締めは、これまた高知県の安芸市から取り寄せた特注日本そば。
讃岐に住む私としては、「さぬきうどんで締めたい」と思ったけど、この蕎麦は私がこれまでに食べた中で最高の味。ウソはございません。ホント。ちょつと太めで、讃岐うどんとは違ってネチッとしたコシがあります。

Cimg8018ビールが回って、極上の鶏鍋で、腹がパンパン。普通なら、ここで釣りもギブアップ。だけど、3人は頑張りました。

私は午前1時まで。別役さんは、午前2時まで。徹夜で頑張った松本さんが、見たことのない魚を釣っていました。「写真を撮らせてください」とお願いしても、「イヤじゃ」と顔を上げません。そこを下のアングルから無理矢理撮りました。

それにしても、この日の夜は風が強くて、寒さで何度も何度も目が覚めました。ま、釣りに行ったというより、鶏鍋を食べに行ったということでしょうか。それにしても、楽しかったなあ。

10月 15, 2008 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火)

高知県黒潮町の離岸堤で、夜釣りに突入

Cimg8005 日曜日の夜は、高知県黒潮町の離岸堤で夜釣り。一緒に行ったのは、私を誘ってくれた高知磯連別役さんと、松本さん。

午後3時に渡船をしたので、日が暮れるまでの間は、シマアジ狙い。40cm級が数出ているとのことだったが、ポイントが上がったところと違うみたいで、アタリ無し。

小さなカツオ(25cmぐらい)が入れ食いでギュンギュンと掛かるが、ハリが小さいためか途中でバラシ。たまに寄せて、ゴボウ抜きしたら、勢い余って後の海に消えていきました。しょーないなあ。

やっと上がったのが、これまた小さいムロアジ(写真)。これも逃がす。

夜もくれて、マムシ(本虫)でのブッコミ釣りと、カゴの浮き釣りの両刀使い。両刀使いといったら、カッコイーけど、ま、「二兎を追うものは一兎をも得ず」。昔のことわざは良く出来ていますわ。

Cimg8009_2腹が立つのは、ネンブツダイが高価なマムシ1本を丸呑みしようとして掛かってくること。こんなでかいマムシを丸呑みできると思っているのかいな。南国の魚のバイタリティに、脱帽。瀬戸内の小魚で、こんなに元気のいいのはいません。

投げても釣れないので、サオ下で宙釣り。いきなりゴンゴンと大きなアタリで、上がってきたのは、これまたしょーもないハタンポ。

さて、夜は更けて、どうなったでしょうか。明日のお楽しみ。

10月 14, 2008 磯釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

集合時刻までの、どうでもいい釣り

Cimg7999  昨日の日曜日は、四国磯連会長の別役さんとの、半年振りの約束釣行。
高知県黒潮町の、離岸堤での夜釣り約束です。

集合の約束時間は、午後3時。香川県の高松を出たのが、朝の8時。昼前には、黒潮町に到着したので、近くの港に行って見ました。

70過ぎのオッサンに声を掛けると、「待ってましたー」とばかりに、クーラーの中を見せてくれました。40cm前後のボラが数匹入っています。サビキ仕掛けのカゴ釣りです。うれしい釣果のときは、見て欲しいものです。
貧果のときには、ろくに返事さえしたくない。釣りキチの終生、修正できない習性ですわ。これ、オジンギャグですよ。

ボラは欲しくないが、アジも釣れるというので、横でサオを出すことに・・・。

Cimg8001サビキは持っていないので、カゴに1本バリ仕掛けで遠投。オッサンから、「遠投しないと釣れんぞ」との忠告がありました。

エサはすぐに無くなるのに、アタリがでない。ゴボッと大きなウキが沈んで上がってきたのは、20cm超のフグちゃん。
最近、私はフグに好かれることが多い。それにしても、太平洋に来てまで、フグが釣れてきたのには、よっぽどフグに好かれているみたい。こうなったら、全国のフグに愛されるぞー。

ま、時間つぶしの釣りだから、あせることは無い。ゆったりと過ごす時間です。その間も横のオッサンは、ボラを次々に上げて、意気揚々。クーラーの中には、すでに10匹以上のボラが入っているはず。こんなに釣ってどうするんでしょう、とヒトゴトながら心配。

私の方は、集合時間に近づいたので、本番の釣りにレッツ・ゴー。1時間半で釣果、フグ1匹。

10月 13, 2008 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月12日 (日)

釣ったハゼから、ハリをはずす方法

Cimg7966s ハゼ釣りは、手返しの良し悪しで、釣果に差が出ます。ハゼの体を握ったまま、ハリをはずそうとすると、ハゼは口を閉じます。

仕掛けにぶら下がっているときは、口はポカーンと開いているのに、手で握ると口を閉じます。アンタも普段はポカーンとしていても、異性から手を握られると、口を閉じるでしょ。なお、ポカーンと開く? 

口を閉じたまま、ハリをはずそうとするとゴカイが切れてしまい、エサを付け直さないといけません。手返しが遅くなります。

ここで、秘訣のご紹介。このブログも、滅多に役に立たないけど、時々役に立つことを書くこともあります。「時々」だから、なお貴重なんです。

Cimg7978_2さて、その秘訣。簡単なことです。
「両方のエラに、人差し指と親指を差し込む」。これだけです。こうすると、ハゼは何故か、口を開いてくれます。ポカーンと、アホげな顔になってくれます。

口を開いてくれると、ゴカイは切れることなく、ハリをはずせます。チョイ投げ釣りで、少しずつ探りながらすると、ハゼはハリを飲み込むことがほとんどありません。

チョイ投げ釣りで、ハゼに飲み込まれる人は、ウーム、よっぽど釣りに向かない人かと・・・。

10月 12, 2008 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月11日 (土)

この時期はハゼ釣りをしなくちゃあ

Cimg7966 昨日(金曜日)の夜、朝食用の塩焼きにする魚がないことに気が付きました。「無ければ、釣りに行けばいいじゃん」と、車で出たら、雨。なんたる不覚。

1分で着いた釣り場で、一応サオを伸ばしたけど、雨は止みそうに無い気配。仕方なく静々と退散。

Cimg7972で、今朝、明日からの高知県釣行の準備をしていたら、太陽が差し込んでいます。ゴカイがあるので、ハゼ釣りにちょこっと行ってきました。場所は、車で20分ほどの県営球場近く。

最初に釣れたのが、チビの当歳チヌ。次にサオがギュンギュンと曲がるので慎重に上げたら、23cmのチヌ。このときに釣り場の後で作業していたオッサンが見に来ました。「えーっ、ここでそんなのが釣れるんな」。

Cimg7984ここは地元の人も知らない、私の丸秘ポイントなのです。チヌじゃなくてハゼの・・・。オッサンが見ている前で、すぐにハゼの連。「えーっ、ここで釣れるんやなあ」と、自分に言い聞かせている。
エサはゴカイを確認すると、ゴカイを買ってきて、昼から釣りをすると、車で消えていきました。

さて、その後もあたりは必ずあるが、小チヌのアタリが多い。チヌのあたりはクン、クンとなるので、すぐに分かる。

なんやかんやで、2時間の釣果。ハゼ23匹、逃がした小チヌ18匹、小さなワタリガニ2匹。これだけ釣れると結構忙しくて、楽しい釣りでした。小物釣り師ばんざーい。ふふ。

10月 11, 2008 波止釣り | | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月10日 (金)

今日は「釣りの日」

Img049 今日、10月10日は「釣りの日」。釣りキチの皆さんは、当然知っていますよね。知らない? ほほほほほーっ。ま、この知識は、釣りウデとは関係ございません。

全日本釣り団体協議会と日本釣り振興会が、1977年に共同で決めたものです。10月10日をごろアワセで、「トト」と読んでのこと。トトとは、お魚のことですよ。杯を持って、「おーっとととと」とは違います。

記念日というのは、言った者勝ち。サラダ記念日と一緒で、「私はこの日をグレの日と決めまーす」と宣言すればいいのです。だれも相手にしてくれなかったら、自分だけの記念日。しゃーない記念日になります。

一年間、毎日のように何かの記念日になっています。最近で言うと、10月7日は「盗難防止の日」ですし、10月8日は「入れ歯感謝デー」で、10月9日は「トラックの日」。

どれもこれも数字の語呂合わせで決めています。安直としか言いようがありません。でも、こういうものって、楽しければいいのですから、文句はありません。

あえて言わせていただくなら、数字の語呂合わせだけなら、10月7日は「盗難予防の日」ではなくて、「盗難の日」ですし、10月8日は「入れ歯感謝デー」ではなくて、「入れ歯の日」です。

10月10日も「釣りの日」でなくて「魚の日」になりますなあ。理屈に屁がつきました。ふふ。

10月 10, 2008 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 9日 (木)

釣りキチ8人+2人が集まりました

Cimg7959 JRの半井常務さんから、「釣りキチばかりを集めるから・・・」のお誘いがありました。釣りキチが集まるのであれば、何が何でも参加します。場所は魚専門の割烹「あきやま」。

釣りキチ8人と、お付き合いで参加の若手2人。サラリーマン世界の若手はつらいものです。しゃーないわなあ。
写真の左から、岡村、半井、山西、秋山、兼田、高倉、田邉、上野、筧の各氏。話題はもちろん釣りの話ばっかり。田邉さんは松山市から、わざわざ仕事を作っての参加。知らないーっと。

飲み始めの話は、半井さんが最近ハマってしまっているというタイラバー。船で出ると、近場でも、60cm級が釣れたと意気揚々。
だけど、その釣り方を聞いて、腰が引けましたわ。ルアーを底に落としてから、ユルリユルリと同じスピードで、ひたすら巻き上げちゃあ、底に落とすのを繰り返すだけ、と言う。磯の上物釣り師には、ちょっとつらい釣りのようで・・・。

「磯には行かん」という半井さんに、磯釣り師たちが磯の魅力を話していたのはいいけど、そのうちに、磯から落っこちた話になってしまいました。磯釣りへの誘いが、磯釣りはアブナイの話に・・・。

宇和海で、山西さんが落ちたのを見て、一緒に上がっていた田邉さんが笑っていたら、その2時間後に、田邉さんが掛けた魚を取り込もうとして落ちた。

そのとき、田邉さんは、片手に魚が付いたサオ、もう一方の片手には飲みかけのビール缶を握ったまま、海の中でも離さなかった、というのには笑っちまいました。「ビール缶ぐらい、捨てろよ」に・・・。

10月 9, 2008 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)

釣り大会で、「長もの」はダメよ

Cimg5083_2 釣り大会で競うとき、対象となる魚から、いわゆる「長もの」と言われる魚は除かれます。審査で受け付けてくれません。

「長もの」とは、読んで字の如く、長い魚。アナゴ、ウナギ、タチウオ、サヨリ、ダツ、ウツボ、ギンポ、ハモなどです。
10月19日に香川県高松港で行われる、「サンポート高松ファミリー釣り大会」でも、大会要領に「長ものは除く」と書いています。

なんで、長ものは対象にしないのでしょうか。先日もサンポート釣り大会の申し込み希望者から電話があって、「サヨリを釣って、審査に出したい」との話がありました。

関西での釣り大会は、1匹長寸で競うことが一般的です。要するに、一番大きなサイズの魚を釣った人が優勝ということ。マグレであろうが、ウデであろうが、一番でかい魚を釣れば優勝ということです。

中型の魚をバンバン釣った人よりも、マグレで1匹だけでも、大きい魚を釣った人の幸運を祝福するということ。分かりやすいでしょ。

だから、長さで測ると、「長もの」のサイズは卑怯。60cmのイシダイに61cmのクロアナゴが勝ったら、卑怯でしょ。で、釣り大会では、長物を除くということになっています。ご了解ください。

10月 8, 2008 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 7日 (火)

カツオのステンドグラス

Cimg7839_3   高知県に出張したとき止まった「かんぽの宿 いの」。ここで、金箔入りのカツオを315円で買って満足していたら、玄関脇にいいものを見つけました。

ナント、ステンドグラスのカツオです。ステンドグラスに魚を見たのは、初めて。それも、熱帯魚とか、金魚や鯉なら、なんとなく分かる気がしますが、生臭いカツオなので、びっくりし、うれしくなりました。
ちょっと想像してください。ステンドグラスにイシダイとかグレだったら、もっとうれしいでしょ。

ヨーロッパの教会に行くと、たくさんの美しいステンドグラスに出会います。でも、どれも情緒的なものが多い感じ。

今回は、ステンドグラスにお魚。この前は、東京築地のビル一面に、大きなマダイの絵。

他にも探せば、突飛もない所にお魚がいるかも知れません。例えば、飛行機の機体にお魚とか、巨大なお魚地上図とか、お魚の形をしたお星さんとか・・・。

もし、読者の方が見つけたら、教えてください。だけど単純な絵は、うれしくありませんよ。とにかく巨大なお魚の図なら、是非教えてください。
お金と暇と体力と、若干の好奇心があれば見に行きます。

10月 7, 2008 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 6日 (月)

須崎港一文字視察

Cimg7851高知市から西に、車だと約1時間の須崎市に出張。須崎湾に建設しつつある巨大なケーソンの視察です。見学でなくて、視察。同じことだけど、視察というと何となくカッコイー。

  高知県は南海沖地震が来ると、大津波で甚大な被害が確実視されています。その被害をできるだけ抑えるために、各港の沖に巨大な防波堤を築いています。この須崎港にも高さ15メートル、長さ500メートルの防波堤。

Cimg7846一緒に行ったのは、愛媛大学の柏谷増男教授と、徳島大学の村上仁士名誉教授他。どちらも土木の専門家です。
工事の進捗状況と、その効果について、教えてもらいました。

港には、これから海に沈められる大きなケーソンが2個。そのケーソンの重さ、2600トン。これを4000トン級のクレーンで吊り下げると聞いて、ちょっとした感動を・・・。

だって、せいぜい2メートルのちっぽけな人間が、こんな巨大なものを造るという英知はすごいでしょ。

Cimg7848この視察の合間に私が興味を持ったのは、「ここで釣りができないか」ということ。当然ですわな。

高さが15メートルもあるので、上には行けないなあ、と見ていると、階段が付いています。ふふふ。
だけど、残念。階段の途中に柵があって、それ以上、上にいけないようになっています。残念。

  見たところ、水深もあるし、流れもあって、絶好の釣り場と見ました。釣り人に開放して欲しいなあ。

10月 6, 2008 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日)

土曜日の出来事

Cimg7941 土曜日、目覚めると天気予報どおりの秋晴れー。神様からいただいた、こんなに素敵な天気の贈り物を、無視するわけにはいきません。ちょこっとサヨリ釣りに出かけました。

初めての穴場開拓のつもりで、香川県坂出市をドライブ。いい波止を見つけました。先端に先客がひとりいます。
声を掛けに行くと、サオが大きく曲がっています。だが、バラシ。「何ですか」と声を掛けると、「グレ・・・」。
フム。「ここで、サヨリが釣れますか」と聞くと、「釣れるでー、たくさん釣れるでー」の景気の良い話。このアメリカ発信の不景気模様の中で、これだけ景気の良い話なので、元気が出ました。

Cimg7946 だけど釣れてくるのは、ミニミニグレばっかり。足元はもちろん、バーンと仕掛けを遠投しても、ミニミニグレの入れ食い。
潮が変われば、間違いなくサヨリが釣れる感じ。だけど、予定していた2時間は、またたくまに過ぎてしまいました。

このあと、野球の地域リーグで頑張っている、四国九州アイランドリーグの協賛に駆けつけました。この日の入場者数は3600人強。


Cimg7943 前期優勝の香川オリーブガイナーズと、後期優勝の愛媛マンダリンパイレーツの、総合優勝をかけての決戦試合でした。香川が勝って2008年の総合優勝に・・・。

Cimg7952 私の職場の総力を上げての協賛。企業からいただいたすごい数の豪華賞品を抽選で観客にプレゼント。私が、当たりクジの抽選役。
お陰で、大いに盛り上がりました。私のお陰じゃないですよ。豪華賞品のお陰です。

全国初の地域リーグ野球。今年からは、北陸や上信越にも広がり、日本一決戦も予定されています。
地域は頑張っています。

10月 5, 2008 波止釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

割烹「友釣」に、釣りキチ

Cimg7934  木曜日に、割烹「友釣」に集合したのは、6人。私はいつもより1時間前に行ったので、皆が来るまで、店主の勇(いさ)ちゃんと釣り談義。

Cimg7935先週の土曜日、私が高松サンポート港に行ったときに、勇ちゃんと会いました。
今年はエイの数が例年と比べてすごく少なく、チヌ釣り仕掛けが切られることも、非常に少ないと聞いていました。

ところが、私が帰ったあと、3回もエイが来て、仕掛けを切られたとのこと。私は9時半過ぎに帰ったけど、やっぱり「釣りは、納豆、山芋」。粘りが大切なんですなあ。

それに、勇ちゃんは、私の仕掛けに注文。私はハリス8号。これを「3号にせー」とのこと。
「アホにみえるエイも、太いハリスには食わない。それにエイには歯がないので、細いハリスでも時間をかけてやりとりすけば取り込める」と言います。

それで、どうしようかと迷っています。ハリスの太さを少し落とそうかどうか、すごく迷っています。真剣に迷っています。平和な迷いでしょ。四国って、いいなあ。

10月 4, 2008 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 3日 (金)

金箔入りカツオ

Cimg7844 今年は高知県への出張が多い。今回泊まったのは、高知県いの町にある「かんぽの宿 いの」。外観はホテルのような立派なビル。ちゃんとしたお土産店もあります。

当然、お魚グッズ探し。なーんにもありません。あきらめて部屋に戻ろうとしましたが、ナンカあきらめきれません。もう一度、見て回ります。
すると、かごの中に小さなお魚発見。ひゃお~~。探せば、ある。 そして、丁寧にも金箔入り。これは、超めずらしい。金箔入りのお魚グッズなんて、これまで買った記憶がありません。当然、ゲッツ。315円。こんなに安くて、金箔入りというのが、どうにもインチキ臭くて、これまたオモロイ。

カツオが入った袋にお品書きがあります。「金箔入り 土佐のかつお 勝つ勝つ勝つ 金箔つかんですべてに勝つ いつも貴方のお財布に」と、書いています。

「勝つ勝つ勝つ」とあるけど、何に勝つのでしょうか。すべてに315円で勝つというのだから、これは楽しい。財布に入れていたら、勝つ勝つ勝つでしょうか。

高知のみやげ物店はたくさん見て回りましたが、この手の商品は初めて。超レア物。高知県でお泊りの節は、「かんぽの宿 いの」にお泊りいただくと、この商品に出会えます。そんなヤツはいないでしょうなあ。

10月 3, 2008 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 2日 (木)

金沢市の内藤さんからのメール

P9170037久しぶりに、金沢の内藤さんからのメールです。北海道釣行の内容です。

先週1週間、恒例となっております、アイナメ・カレイ釣りに行ってきました。

今年は天候にも恵まれて楽しい釣行となりましたが、カレイを入れたスカリを流したり、糸を漁船に引っかけられて竿立てを海に落としたりで・・・大変でした。
釣果はウサギアイナメ 55cm~30cm 45匹。クロガシラカレイ 36cm~30cm、31匹。カジカ 37cm、1匹。
以上で過去最高の釣果でした。
添付写真はウサギアイナメの雄です。体色が赤。因みに雌は黄色でこれから10月の産卵期が近ずくと、この体色が更に強くなります。
                   内藤三平」
相変わらず、頑張っているんやなあ。まあ、もともとスタミナがすごい人やったから、どうってことないのかもしれません。

内藤さんのメールに「来年は男女群島に行く予定ですので決して忘れないでください。」。
これは、彼が高松から金沢市に転居していくときにした約束。男女群島は長崎県の絶海の孤島。磯釣り師のあこがれの地です。
来年は私もユラリユラリの釣りから、少しは頑張りますか。

でも、無理してはいけませんよ。オジンはガクッと突然に来ますから。私のようにホンワカとユラリユラリと釣りを楽しんでいると、ガクッとはきません。

10月 2, 2008 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 1日 (水)

プロフィールの写真を変更しました

Cimg7348 このブログのプロフィールの写真を、変更しました。2年ぶりです。毎日見てくれている読者は、おとつい見たとき、「あれっ」と思ったはず。「ナンカ、感じが違う」と・・・。

変更前は、50cmのグレを抱えた、いい写真でした。でも釣友から、「いつまで、昔の写真を使っとるんや」と、言われてしまいました。
ま、最近の釣果をみていると、言われてもしゃーない。最近の釣果にふさわしいものに変更しようと考えました。

で、チョイスしたのが、この写真ですわ。写っている魚は、カサゴじゃないですよ。ハオコゼです。どうです? 最近の私の釣りを代表する写真でしょ。

ま、「ハオコゼをぶら下げて、嬉しそうにしている写真」は、このブログの雰囲気ともマッチしてます。自分でも認めます。しょーないわ。

最近、磯釣りにも行けていません。磯に行けば、ちっとは大き目の魚が釣れます。エサトリでも、まあ、絵になる魚が釣れる可能性があります。
だけど、近場の釣りだと、ハオコゼの写真まで撮らないと、ブログ用の写真ができません。ブログを始めたばっかりに、つまらん恥さらしまでする羽目になっています。

ここしばらくは、このハオコゼ写真でいきます。そして大きな魚が釣れれば、即更新とさせてもらいます。いつになりますやら・・・。1年後?、5年後?、10年後?。えーい、生きとらんかも・・・。

10月 1, 2008 ブログの経緯 | | コメント (0) | トラックバック (0)