« またまた、釣れた魚で遊びました | トップページ | 絶品、カサゴの空揚げ »

2008年6月11日 (水)

タイ国で釣ったナマズの名前、その後

Cimg6219 私がタイで釣ったナマズの名前について、その後二つの情報がメールで届きました。その報告です。私のブログも、国際的になってきました。どうでっしゃろう。インターナショナルですよ。

まず一つ目は、タイ国にある㈱シヘンタイの戸田社長さんからの情報。

> シヘンタイのMr.ナロンに聞きました。
> Pra・Tepo(プラー・テポー)
>  あごの下にひげがある、なまず。
> Pra・Sawai(プラー・サワイ)
>  鼻の横(目と鼻の間かな?)にひげがある、なまず。
> と、2種類あるそうです。
> 双方とも唐揚にして食べたら美味しいそうです。

ということは、私が釣ったナマズはあごの下にひげがあるので、「プラー・テポー」ということになります。「あごの下にひげ」は、日本のナマズから考えると変。ナンカ、不精ひげみたい。「不精ひげナマズ」の名前がいいかも・・・。

もうひとつの情報は、mobyさんからのコメントです。

「はじめまして
いつも楽しくは意見させていただいております。このナマズはバンガシウスの仲間で間違いないですが、熱帯魚屋さんでよく見かける「カイヤン」の成魚ではないでしょうか?」

という情報です。ま、「楽しく拝見」が「楽しくは意見」になっているのは、「意見を言いたい」という気持ちが出ているのだと思います。はい。

早速、調べてみました。バンガシウスというのは、個体の名前でなくて、あるナマズ種の仲間の名前ということが分かりました。ありがたい情報です。
ま、日本で言うと、タイというグループ名と、マダイやクロダイという個体名の関係。私が知りたいのは、個体名です。

で、二つの情報をあわせると、日本名は「カイヤン」。タイ名は「プラー・テポー」。すごく、タメになる情報でしょ。日本片田舎の四国の自宅で、古い蛍光灯に照らされながらパソコンに向かっていても、世界につながっています。すごい時代になっちまいました。

なお、貴重な情報をくれましたお二人には、お礼を差し上げなければいけません。「そんなん、いらん。そういう気持ちで、情報を書いたのじゃない」。そうですかあ。じゃあ、感謝の気持ちの言葉だけで・・・。それだけかい!

6月 11, 2008 釣りのつぶやき |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タイ国で釣ったナマズの名前、その後:

コメント

コメントを書く