« 絶品、カサゴの空揚げ | トップページ | 四万十市のマンホールにまたまたお魚 »

2008年6月13日 (金)

備前焼のヒラメ箸置き

Cimg3339_1 岡山市に出張したとき、駅前にある百貨店で、お魚グッズ探索。さすが、岡山の百貨店。一角に、備前焼のコーナーがあります。
そこで見つけたのが、写真の箸置き。ヒラメは箸置きになりやすいのか、ヒラメの箸置きは結構多い。

そして、なによりもうれしいのは、百貨店にコーナーを持つほどの窯元で作られたということ。なんとなく、気品が漂っています。少なくとも、私には、そう見えます。窯元の名前は、南燦窯(なんざんがま)と書いていました。525円。

ま、言ってみれば、ブランドものをゲットした気持ち。女性のブランド志向にはあきれるけど、男のブランド満足は、この程度。かわゆいのです。

Cimg3341 せっかくですので、現在持っているヒラメ、カレイの箸置きを集めてみました。ちょこっと拾い出しただけで、15個。
是非写真をクリック拡大して、見て欲しい。それぞれが「いい」でしょ。「どーでもいい」でしょうねえ。

これらの値段は、平均して約400円。ということは、15個で約6000円。ひやーっ。もし店で、これをまとめて6000円の値段がついていたら、絶対に買わないなあ。
ひとつひとつ買ってきたから気に付かないけど、「ムダの恥さらし」のように、思えてきた。いかんいかん。

6月 13, 2008 お魚グッズコレクション |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 備前焼のヒラメ箸置き:

コメント

コメントを書く