« チビメバルばっかり | トップページ | おわりに »

2008年6月30日 (月)

気持ちわるーい魚

Cimg7238  先週火曜日の午後2時半に、片ちゃんから携帯電話に・・・。「オモロイ魚が釣れたので、取りに来てくれー」とのこと。コチトラは勤務中です。もー、勝手なヤツじゃあ。

「ほんなら(「それならば」の方言)、石さんに電話して取りに来るように言ってくれー」とのこと。もー、勝手なヤツ。ふふ。
しゃーないので、とりあえず石さんに電話して、取りに行くようにお願いしました。片ちゃんの興奮した言いぶりからすると、よっぽどオモロイ魚らしい。

1時間ぐらいして、石さんから電話。魚の名前が分かったらしい。「サツオミシマ」。そんな魚なんて、聞いたことがありません。

Cimg7240会社から帰ると、石さんが玄関にクーラーを置いてくれていました。中の魚を見て、ギャオー。触るのもイヤ。38.7cmの大きさも不気味さを増します。
ギザギザの歯が。そして何よりもそのぶさいくさ、醜さ。これをブスと呼ばないで、どう表現したらいいのか。「真ブスの魚」です。

早速、インターネット図鑑で調べました。ミシマオコゼ科の仲間。そこには、名前「ミシマ」の由来が書いています。

「ミシマ」とは、東海道の宿場、三島のこと。この宿場の女郎衆が醜悪でみだらなことから・・・、と書いています。(出典は「新釈魚名考」米川省造、青銅企画出版)
やっぱり、江戸時代から醜い魚と認定していたようです。醜悪は見た目でわかったけど、みだらな魚とは、分かりませんでした。

6月 30, 2008 船釣り |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/41669067

この記事へのトラックバック一覧です: 気持ちわるーい魚:

コメント

コメントを書く