« 自然のアサリの味を思い出しました | トップページ | 近くの波止でセイゴ狙い »

2008年5月15日 (木)

割烹「友釣」での釣り談義

Cimg6998Cimg7001先週の金曜日、片ちゃんと会うために、割烹「友釣」に行きました。

すると、片ちゃんはすでにカウンターに座っています。

Cimg7000その近くにはサンポート高松港でお会いする谷川さん。しばらくして花田さんが来ました。話が俄然にぎやかになり、ワイワイと話をしていたら、初めてお会いする石川さんも釣り好きと判明。普段は静かな割烹内が、カラオケ店のような大騒ぎになりました。

高松港の常連釣りキチの話で、盛り上がりました。花田さんは自分が釣った魚の写真を、携帯電話にいれています。それを話が飛ぶたびに、いちいち開いて、「どやっ!」と、見せ付けます。被尋問状態。「どやっ!」と言われても・・・。

Cimg6914 店主の勇(いさ)ちゃんは、どこで手に入れたのか、波止の断面図を持ち出してきて、何故あの時間に釣れたかの講釈が始まります。全員が「そうかも・・・。そうでないかも・・・」という顔で、すぐに話題を違う方に持って行きます。

私が高松港に行くのは、巨大エイを狙う晩夏のときだけ。あとはほとんど行かないのですが、そこの常連釣りキチである皆さんが情報をたくさんくれました。 

今度、エイ以外を狙いに行ってみようかなあ、という気になりました。詳しいポイントも、仕掛けも、タナも聞きました。あとはウデだけということになります。「それが最大の難関や」と、思ってるアンタ。夜は街頭が点いている道ばっかりでないよ。

5月 15, 2008 高松黒潮クラブ |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 割烹「友釣」での釣り談義:

コメント

コメントを書く