« NHKの全国放送に出演? | トップページ | 高知市の魚屋居酒屋で、うれしい人と »

2008年3月21日 (金)

ウツボのいろいろ

Cimg6465先週、四国高知市に経団連の御手洗会長ほか、たくさんのお偉い方が来ました。このため、私の職場からも会議の準備のため、大挙して高知入り。

会議の前日、翌日に向けて気合を入れるために、居酒屋に行きました。私の職場のOBで、高知市にいる四国銀行の方や、電力会社の美人も参加。
お店は、高知市にいたことがある山下さんの馴染み。その居酒屋がちょっと変わっていて、香川県では食べられないおいしいものが出ました。

Cimg6466何が変わっているかというと、このお店、普通の魚屋さん。魚が並んでいる店をズズズイーと中に入っていくと、その奥が居酒屋。私たちが陣取ったのは、2階。

県外の人は、絶対に来られない家の造り。そして、料理は皿鉢(さわち)。高知の名物です。大きなお皿に色んな料理を並べ、参加者は自分が好きなものを小皿にとって食べる方式。

Cimg6459たくさんの料理が出ましたが、中でもこれまで食べたことが無かったウツボ料理。
これが、想像していたような小骨が一切ない。ウツボの握り寿司も、鯖寿司のこってりとは違って、あっさりとしていてクセがない味。これなら、いくらでも食べられます。

刺身もありました。私は刺身は好きでありませんが、ウツボがこんなにおいしいとは思いませんでした。特に旨みがあるというわけではありませんが、臭みもクセもなく、かといってしょーもない味でもなく・・・。ま、食べてみる価値があると思います。
高知に行ったときは、是非ウツボ料理を目指してください。

磯で釣っていてウツボを見ると、ただただ海にお帰り願うことしか考えていませんでしたが、これからは持って帰ろうかなあ。

3月 21, 2008 魚料理 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/40487598

この記事へのトラックバック一覧です: ウツボのいろいろ:

コメント

コメントを書く