« 鳴門のマンホールにマダイ NO2 | トップページ | 80cmのチヌを釣るぞー »

2008年3月29日 (土)

こんな大きいタチウオを見たのは初めて

高知市で職場の人たちと、魚屋さんの居酒屋で食事をしたときのことです。魚屋さんの二階が宴席。そこに上がるなり、「大きな太刀魚を見たか」という。

気がつきませんでした。「エーッ」と言うと、菊池さんがわざわざ階下までついてきて、指を差しました。「でかー」。息を呑むというのは、こういうことでしょうか。確かに大きい。

Cimg6464魚の大きさを測るのに、長さ、重さでいうのが、普通ですが、タチウオはその幅を人間の指の本数で言います。
大体四本だと80~90cmと目安がつきます。誰が言い始めたのか知りませんが、タチウオの大きさは、長さで言うよりは幅で言う方が分かりやすい。

このタチウオ、上半身しかありません。でも、大きさは、十分に分かります。指を当ててみると、指5本でもまだ幅が余る。指7~8本ぐらい。

写真を撮ると、菊池さんが大きさが分かるものを一緒に撮ったほうがいいと、携帯電話を差し出す。
確かに。携帯電話がこれほど小さく見えるのですから、その大きさが分かると思います。店主にきくと、高知市から車で1時間ほど西にある須崎市の市場で買ってきたとのこと。

こんなに大きい太刀魚を、見たのは初めて。魚屋さんだから、魚があってもおかしくないのだが、こんなでかいのは・・・。ちょっとした感動でした。

Cimg6467これほど大きいのであれば、私に釣られていれば、もっといい人生じゃなくて、魚生が送れたと思います。
だって、私に釣られていれば、ギャーギャーと喜んでくれて、香川県魚種別記録として認定され、末永くありがたがられるのですから。ふふ。

魚屋店主の話では、須崎の市場だと、こういうサイズがよく売りに出されるとのこと。今度須崎の船釣りに行って狙いましょうかねえ。ゲボゲボの船酔い恐怖と戦うのも、これぐらいのサイズがくるのであれば、なんでもありません。

このタチウオは、塩焼きになって出てきました。もちろんのこと、脂がワンワンと乗っていて、旨さ満開でした。

3月 29, 2008 魚料理 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/40487622

この記事へのトラックバック一覧です: こんな大きいタチウオを見たのは初めて:

コメント

コメントを書く