« 犯罪をお魚に例えると・・・ | トップページ | 回文「新幹線、感心。安心、完全監視」 »

2008年2月27日 (水)

「メンズショップ まつばら」にお魚

Cimg4516元四国磯連会長で、現香川県釣り団体協議会(香川釣り協)の会長、松原さんの仕事は、メンズショップ。背広やネクタイ、ズボン、など衣料品を売っています。

今まで、何度も行っているけど、今回気がついたことが・・・。店に入って、アブラを売るための椅子に座って、周りを見渡すと、お魚グッズや釣り道具のディスプレイが、いろいろとあります。西日本磯釣り界の重鎮の店なので、当然と言えば当然。

Cimg4515一番びっくりしたのは、机に彫られたでっかいカサゴ。なかなか立派。
ブログのネタにするからと、写真を撮らせてもらいました。この机の前に座って、松原さんとくだくだと話していると、段々と癒されてきます。ま、釣りキチにとっての「癒しの間」というところでしょうか。

この店は、「メンズショップ」と、名刺にも書いています。だけど、以前作っていた名刺の印刷が出来上がってきたら、「メンズ」の「ズ」の点々が無くて、「ス」になっていたらしい。「これでは、男性用品じゃなくて、女性洋品店になってしまう・・・」、と笑っていました。

私には、何のことか、さっぱり分かりませんでしたけど・・・、はい。下ネタには、弱いんです。「弱いのに、何で下ネタか、分かるのか?」と、疑問でしょ。松原さんがこのこことを話すときの顔が実にうれしそうなのです。だいたい、ヒッヒッヒとまではいかなくても、うれしそうに話すのは、下ネタに違いないとの想像ですわ。

壁に掛けている道具には、餌のエビをすくう網だとか、友釣りに使う玉網があります。全部、このブログでも紹介している赤澤名工の作。そういえば、私が赤澤名工にもらったものがまだあるのに、最近紹介するのを全く忘れていました。
人間は忘れる動物です。しゃーないわ。ボケじゃありませんよ。

2月 27, 2008 高松黒潮クラブ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/15906584

この記事へのトラックバック一覧です: 「メンズショップ まつばら」にお魚:

コメント

コメントを書く