« またまた、新魚種を釣りました | トップページ | 釣りキチ6人集合 »

2007年11月 2日 (金)

朝からイセエビスープに、鯛の塩焼き

Cimg5265_2今週は、ずーっと毎朝、贅沢な朝食が続いています。日曜日に愛媛県の宇和海に行って、渡船のオバチャンからイセエビをもらいました。このイセエビをゆでた汁が、たっぷりとあります。

それにカワハギの肝をぶち込んで、なんとも贅沢なスープ汁。イセエビの濃厚な味が、ホワホワーンとしみ入ります。

それに、これももらったマダイを塩焼き。もちろん尾頭付き。写真を見てください。ミカンも渡船のオバチャンからもらったものです。豪華でしょ。
朝から、こんな贅沢な朝食が食べられるのも、釣り師の特権。とは言っても、自分で釣ったわけでないので、エラソーに言う資格はなし。分かっていますって。

贅沢な気分は、間違いないのですが、一つだけ気になることがあります。私は尿酸値が高いので、毎日薬を飲んでいます。それで、限度ギリギリの値に・・・。
この尿酸値に悪いのが、ビール、魚の内臓など。いわゆるプリン体の多い食べ物です。

贅沢朝食には、カワハギの肝が入っています。いつもなら、捨ててしまうのですが、今回のカワハギの肝は、実に旨そうだったので、つい確保。そして、実に旨い。トロッと旨みが凝縮。魚好きには、堪えられません。

「エーイ、痛風になってもかまわんわい」と、思わせるほどの旨さ。今度の健康診断が恐いわ。「後悔先に立たず」。わかっとるわい。と言いつつ、ちょっぴり心配。

11月 2, 2007 魚料理 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/16934421

この記事へのトラックバック一覧です: 朝からイセエビスープに、鯛の塩焼き:

コメント

コメントを書く