« 釣りキチ6人集合 | トップページ | 高知新聞の記事「アカメ」 »

2007年11月 4日 (日)

タチウオ釣りに行きました

Cimg5281Cimg5280Cimg5282 土曜日の夜、香川県の最西端にある、観音寺市で、タチウオ狙い。
釣りキチが集合して酒を飲んでいるときに、急遽決定。参加者は、私、増原さん、斉藤さん、片ちゃん、猪ちゃんの5人。

観音寺港を出た船は、5分で釣り場到着。港から出て、すぐ。初めてのタチウオの船釣りなので、要領が分からない。最初に、片ちゃんが釣る。また、片ちゃん、またまた片ちゃんと、片ちゃんの絶好調。

そのうち、猪ちゃん、猪ちゃん、と猪ちゃんが断然好調。船首側にいた4人のうち、2人だけが好調で、増原さんと私はゼロの絶不調。でも、1時間後に絶不調の2人に釣れてからは、ボツボツと釣れる。やれやれ。

船頭が教えてくれた、タチウオの釣り方は、簡単。いったん仕掛けを底に着けたら、ユルリユルリと巻き上げる。そしてアタリがあったら、しばらく食わせてから、一気に合わせるという方法。

合わせでハリ掛かりしたときの、引きは強烈。すごい締め込みが来る。でも、その強烈はほんの数秒だけ。あとは簡単に上がってくる。簡単といっても、大きいのが来ると、海面から抜き上げるときは、ヨイショがいる。

Cimg5283 でも、これはアタリがあっての話。アタリがないことには、どうしょうもない。最初は巻き上げるスピードが遅すぎたみたい。その巻き上げスピードが分かると、簡単。私にも、釣れ始める。

掛けたあと、途中でよくバレる。ハリ掛かりせずにえさに食いついただけのときがあるらしい。傑作だったのは、私の仕掛けのエサに、ハリ掛かりしてないのに、エサに食いついたまま、釣られてしまったアホなタチウオがいたこと。

エサは、キビナゴとサンマを用意したが、サンマの切り身が断然優位。どうです? 参考になるでしょ。たまに、こういう情報を入れておくと、アクセス数がグーンと。

なんやかんやで、3時間。猪ちゃんが絶好調継続で20数匹。他の4人は全員が8匹ずつ。猪ちゃんは、オモロイを連発。そりゃあ、合コンで1人だけ、もてまくった気分なんでしょうよ。
ま、猪ちゃんはタチウオに、もてたということかなあ。

11月 4, 2007 船釣り |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/16968631

この記事へのトラックバック一覧です: タチウオ釣りに行きました:

コメント

コメントを書く