« 高知の夜は、クエ料理だった | トップページ | 東京新橋に巨大フグ »

2007年11月17日 (土)

「たかまつ市場フェスタ」

Cimg5369Cimg5372先週の日曜日、高松中央卸売市場で市民開放がありました。午後4時までですが、私が行ったのは3時過ぎ。良いものが残っているはずがありません。

この世の中、「残りものに福」なんてことは、期待するほうが無理。残りものを期待していつまでも結婚しないでいるアンタ、後悔しますよ。早く結婚して、わが国の人口減少に歯止めを掛けてください。

さて、ほとんどの店はすでに片付けられて、魚を並べていたのは、3店だけ。それでもマグロの解体ショーが終わっての販売とか、お魚の形をした水槽車がいたりして、そこそこ賑わっていました。

でも、私に興味があったのは、残っていた魚の値段。最後なので叩き売り状態。20cmほどの小ダイが20匹以上入っているのが、1000円で売っていたりしました。
我が家の冷蔵庫は、魚でパンパンなので、そういうのには興味なし。何か、オモロイものがないかと探していたら、ありました。

Cimg5367コブダイです。50cmぐらいの値段が1000円。これは値下げしての値段ではなくて、もともと付いていた値段。

コブダイを売っているのを、初めて見ました。これまでも何回か釣ったことがありますが、全部逃がしていました。というのは、磯釣りの先輩たちが「あんな魚、水っぽくて、まずい」と、口をそろえていうから・・・。

先輩の松原さんは95cmのコブダイを釣ったとき、皆から「港に捨てていけ」と冷たく言われる始末。だれも引き取り手がなくて、困り果てたということも聞きました。

だから、コブダイが魚屋で値段が付いているとは、意外でした。値段が付いているということは、買う人がいるということ。

今度手ごろなサイズが釣れたら、持って帰ることにしました。意外とおいしかったら、これまで捨ててきたことが悔しいけど。

明日の日曜日は「香川県磯釣り連盟」の釣り大会。私は、高知県の西端にある小さな島の「うぐる島」に釣行予定。コブダイが釣れたら、持って帰ります。ふふ。

 

11月 17, 2007 釣りのつぶやき |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「たかまつ市場フェスタ」:

コメント

コメントを書く