« 宿毛市片島港にできた理想の仮眠所 | トップページ | カニ釣りでウシシ »

2007年11月27日 (火)

東京新橋のビル壁にカニ

Cimg5451東京の新橋をブラブラ歩きしていて、ビルの壁にカニを発見。カニ料理店らしい。以前紹介した巨大フグの隣のビルです。
普通、カニ料理といえば、ズワイガニだの、毛ガニだの、北方のカニが多いのだが、このビルに張り付いているカニは、それではないみたい。
そうかと言って、こっちの瀬戸内海だけじゃなくて、東京湾にもたくさんいるとされているワタリガニとも違う。

ま、漫画チックのカニなのでしょうか。だけど、店には申し訳ないけど、あまりおいしそうなカニには見えないなあ。
カニ料理店というのは、よく分かるけど、このカニを見て、ついフラフラと店に入る人がいるかなあ。ちと、勝手に心配。ナンカ、沢ガニみたい。

お魚類の造形物は、結構多い。多いと言っても、ジャンジャンあるわけではないが、他のものとの比較でいうと多い気がする。

例えば、肉屋さんに牛の造形があるのを、ほとんど見たことがない。一度だけ、焼肉屋に大きな漫画チックでかわいらしい牛の造形があるのを見たことがある。
でも、こんなかわいらしい牛を切り刻んで食べているのかと、可愛そうな気がした。焼肉屋と生きた牛は両立しない。

その店、大きな料理店にある水槽で活きた魚が泳いでいても、かわいそうとは思わないで、どれがおいしそうかと考える。
これがもし、焼肉屋の裏で生きた牛がたくさんいて、どの牛がおいしそうかと考える人は少ないと思う。

理屈でしょ。

11月 27, 2007 陸に上がった魚たち |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京新橋のビル壁にカニ:

コメント

コメントを書く