« 塩焼きサイコーの太刀魚、いただきました | トップページ | おもろい! 「タコの紙風船」 »

2007年9月 4日 (火)

愛媛県八幡浜駅近くのお魚像

Cimg3726今年の春、内藤さんと愛媛県八幡浜市の三瓶湾に釣りに行っての帰り道。JR八幡浜駅近くの国道で、「もう少し行ったら、スピードをゆるめて」とお願いしました。私が大好きな、大きなカサゴの石像があるからです。

以前にも、写真を撮っていますが、もう一度車からでも写真を撮るつもりでした。だけど、その石像を見た内藤さんが、その立派さに、道路脇に車を止めてしまいました。だから、じっくりと写真を撮ることに・・・。

何度見ても、よく出来ています。誰が、何の目的で作ったのかは分かりませんが、本当によく出来ています。リアルっぽくて、なんとなくユーモラス。見ていて、気持ちが和らぎます。写真を見て皆さんも、私の気持ちが分かるでしょ。

P8240050        、この魚はカサゴとばかり思っていましたが、よくよく見ると、ハタかも・・・。そんな気がしてきました。カサゴにしては、唇がちょっと厚い。私の唇も、どっちかというと、タラコ唇型。だから、親近感が一層湧くのかも知れませ                                   ん。                                                                      

 

P4060036それに、上下の唇が「猪木」型。下のほうが上より出ていて、すけ口。これもまた、愛嬌を感じる理由かもしれません。そういえば、「アントニオ猪木」さんの口が、キリリとしていたら、今ほどの人気は無かったかも・・・。勝手な想像で、猪木さんのファンには、申し訳ありません。

ま、じっくりと観察して、香川県高松市の自宅に向けて、走り出しました。こんなことで、「癒し」を感じるというのは、やっぱり老化現象なんでしょうかねえ。

ところで、以前吉野川でラフティングしたときのことを書きました。そして、激流を下る写真が出来たら追加しますと・・・。忘れていました。老化です。ごめんやっしゃ。
是非、写真をクリックして、拡大して見てくれるとうれしい。瀬はボートに乗って、トロ場(ゆっくりとした流れ)はプカリプカリと浮いて・・・。

9月 4, 2007 陸に上がった魚 橋、トンネル、道路に魚 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛媛県八幡浜駅近くのお魚像:

コメント

コメントを書く