« 新大阪駅にタコ | トップページ | 大きなエイの姿は見えども・・・ »

2007年9月22日 (土)

徳島空港のレストランで、魚発見

Cimg4919東京から、徳島空港着。ちょうど昼前だったので、そこで昼食。広いレストランに、客は私以外に一組だけ。

メニューに、「石焼カツカレー」なるものを見つけ、これを注文。これが出てくるまで、何もする事がありません。ボヤ~ンと、若くてきれいな店員さんやら、何故かセカセカした男性店員をみて、ヒマつぶし。
二人が会話をしている表情をみて、「二人の関係は・・・」なんちゃって、想像。これだから、オジンは嫌われる。わかっとるわい。

そして、目をレストランの壁に・・・。魚を発見。空港のレストランで、まさかと思いました。ま、南国の島の空港なら、分かります。でも、ここは徳島県。ちょっと、不思議。
でも、うれしかったのです。店長がよっぽどの魚好きかと、勝手に想像しました。釣りキチは、ちょっとしたこんな魚でも、うれしいのです。ホンワカとします。

注文した「石焼カツカレー」が出てきました。これが熱いのなんの。9月というのに、最高気温が34度。その中で食べる「石焼・・・」がこんなに熱いものとは、想像を絶します。

食べ終わったら、すぐに仕事先に行こうと思っていたけど、なかなか食べられない。フーフー言いながら20分かかってしまいました。私は常だったら、5分以上かかることはありません。

熱いので、カレーを口に入れるたびに、「アチ、アチ」と、あわてて水を。これの繰り返し。コップいっぱいの水を大切にしながら飲んでいたら、コップにはまだ十分な水が残っているのに、若くてきれいな店員さんがきて、水をドバーッとついでくれます。こんなにうれしいことはありません。

読者の皆さんに申し上げます。真夏の「石焼カツカレー」は、お止めになった方がいいかも。

9月 22, 2007 釣りキチが楽しくなる店 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/16456171

この記事へのトラックバック一覧です: 徳島空港のレストランで、魚発見:

コメント

コメントを書く