« カッターのお魚グッズがあるなんて | トップページ | 回文「なべやかん なんかヤベな」 »

2007年8月23日 (木)

うれしいアメリカ土産(2)

Cimg4733

これも、ミホからのアメリカ土産。スーパーマーケットの中にある「1$コーナー」で買ったとのこと。

使い方は、コンセントに直接差し込んでのナイトライト、要するに足元灯。こんな商品は、まだ持っていないので、チョーうれしい。1ドルの商品にしては、よくできていると思います。1ドルショップの商標名は、「Bubbly tubbly」。

この魚、何か知ってますよね。クマノミです。もちろん全米でヒットした、ディズニー映画「ファインディング・ニモ」の影響だと思います。
この映画、それまで「ライオンキング」が持っていたアニメーション映画の歴代記録を塗り替えました。私も、見に行きましたが、ま、子供映画。観客にオジサンは少なくて、ちょっとだけですが、恥ずかしい感じ。
でも、こういうのも見ておかないと、世間の話題に付いていけないといけません。努力です。努力。オジサンも大変なんです。

Cimg4741部屋を暗くして、このライトを点けてみました。クマノミの悲しそうな表情がボンヤリと浮かび上がりました。
まさか、オジサンとオバチャンの二人しか住んでいない家で、こんなものを使うことはありません。もう二度と点灯される可能性は、ほとんどないと思います。

だけど、歳を重ねると子供に帰るとも言います。ひょっとしたら、10年後の我が家には、子供グッズであふれかえっているかも知れません。そのときは、このファインディング・ニモも輝きを放っているかも・・・。
これぐらいのことは、言っておかないと、余りにもお魚グッズがかわいそうです。可能性が全くないなあと思っていても、ちよっと言い方を変えればやる気がでてくるかも。そういえば、昔の上司が私に同じようなことを言っていたなあ。

8月 23, 2007 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うれしいアメリカ土産(2):

コメント

コメントを書く