« 高知県中村駅にアユ大群の像!!! | トップページ | グアム土産のお魚グッズだよ »

2007年8月16日 (木)

高知県宿毛市の水車に、釣り人仕掛け

094s0967月の早朝に、ご飯を食べながらテレビを見ていました。全国版で流れる投稿ビデオのコーナー。何気なく見ていると、水車に仕掛けられた魚と、猫と、釣り人が出ています。
水車が回ると、そこに取り付けられた魚が動き、それを追いかけるように猫が動き、釣り人も動くという仕掛けです。

 

「ひゃ~、おもろい。と゛こにあるんや」と、見ていると、ナント四国。高知県宿毛市にあるとのこと。

 

早速、その宿毛市出身で、同じ職場にいる山下雅生さんに、「知っているかい」と聞いたが、知らないとのこと。でも、そのあと調べて写真を送ってくれました。おもいろいでしょ。

山下さんによると、この水車がある場所は、高知県のくろしお鉄道の、東すくも駅近くにある水車街道。ここに6台の水車が並んでいて、その1台に釣りの仕掛けがあるそうです。
この6台の水車の中には、宿毛市出身の現役幕内力士の豊ノ島関の寄贈もあるそうだが、この釣りの仕掛けのものかどうかは、分からないとのこと。

 

実際にどういう風に動くのか、詳細は分からないけど、想像して推察。多分、猫も釣り人も一生懸命に動くけど、いつまでたっても魚をゲットできないはず。
考えさせられました。ま、私の釣りもこのカラクリと同じで、やってもやっても、努力、努力を重ねても、取ろうとしても徒労。ふふ。おじんギャグ。ここで笑わないと、笑うところがありません。何が?ですか。「取ろう」として「徒労」です。ふー、疲れるわ。

8月 16, 2007 陸に上がった魚 公園、道の駅、民家 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高知県宿毛市の水車に、釣り人仕掛け:

コメント

コメントを書く