« オランダのアムステルダムで、釣りしました | トップページ | 方言を変換したら・・・ »

2007年6月28日 (木)

やりました。アムステルダムでの釣り

Cimg3908_1 オランダのオークラホテル横の運河。釣り場を決め、いよいよ仕掛けを投入です。
第一投目、軽く竿を振ったつもりだったが、仕掛けが木の枝に・・・。ナント、第一投目からケチが付いてしまいました。仕掛けを引っ張ると、どうにか切れないで回収。

Cimg3816 第二投目、アンダースローで振り込みます。「とりあえず一息」と、竿を置きます。「そうだ、釣り場の写真を撮っておかないと、ブログに書けない」。どうせ、釣れないのだから、釣りをしたことだけでも書こうという、そんな感じ。カメラを取りにいこうとした、その瞬間!
竿先がいきなり、ガンガン、ビンビン。

Cimg3906_1何が起きたのか分からなかったけど、本能的に無我夢中で竿を握ります。「ヒェー、魚がきた。ホントかよ」。魚は、ギュンギュンと引きます。思っていたより、でかい。コイと思いました。
もし奇跡で魚が掛かったとしても、せいぜい20cmぐらいと思っていたのに、掛けている魚は、そんなものじゃない。もっと、でかい。

一度、魚の頭がこっちに向いたかとおもったが、再び強い締め込み。周りには、もちろん誰もいません。
「タマ網がないけど、大丈夫かな?」 取り込めそうだと思い始めたとき、そんなことが、頭をよぎります。両手をいっぱい上に伸ばして、魚の強い引きに絶えます。ギュンギュン。ギューン、ギューン。

Cimg3901_2 どれぐらいのやり取りをしていただろうか。すごく長い間していた気もするが、短い気もする。興奮しているので・・・。
やっと、魚が浮いてきました。コイじゃないようです。ランディングは、ゆっくりと慎重に引きづり上げました。このときに心配していた暴れ出しはなくて、意外に素直に上がってきます。上げた途端にバタバタとして、これを引きずり上げるときにされていたら、糸 が切れていたはず。

Cimg3905 手で測ると40cm超のフナ。やりました。奇跡としか、考えられません。神様が「お前は、釣りをずーっと、一生していろ」と、授けてくれた贈り物のようです。その贈り物は、写真を撮った後、運河に戻しました。放たれたフナは、ゆっくりと沈んでいきました。

デジカメに残った、この写真だけが証拠です。この1匹だけで十分です。ホテルに帰ることに・・・。ホテルの入り口近くで、同じ視察団の吉良さんが散歩に出ようとしているところ。デジカメの写真を見せると、拍手でお祝い。ふふふ。

今回のオランダ、イタリア視察旅行にあたって、 こっそりと準備してきたことが、すべてうまくいきました、本当に幸運としか言いようの無い釣りでした。感謝、感謝。

6月 28, 2007 オランダ・イタリア, 波止釣り |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/15539731

この記事へのトラックバック一覧です: やりました。アムステルダムでの釣り:

コメント

コメントを書く