« こんなサラリーマンいます? | トップページ | 香川県高松市の商店街に、魚の造形看板が・・・ »

2007年5月13日 (日)

「赤澤名工シリーズNO11」 アイスピック2

Cimg3218久しぶりに、磯釣り用バッグを整理していたら、アイスピックが出てきました。一度も使ったことが無いし、「なんで、こんなものが・・・」と一瞬思いました。
だけど、それも一瞬。こういうものは、間違いなく「赤澤名工」のものです。「赤澤名工」には申し訳ないけど、これをもらったときの記憶がありません。本当に申し訳ない。

でも、私には、「記憶にありません」。政治家じゃなくても、「記憶に無い」ものは、「記憶にない」としか、申し上げられません。アンタ、疑っているでしょ。「記憶に一切ございません。私の政治生命をかけて、記憶にございません」。私の政治生命は、もともとないけど。

手に持つところには、貝を入れた花模様があります。きれいです。でも、「赤澤名工」も、なんでアイスピックなんかに、貝で模様を付けようなんて、考えたんでしょうか。
それに、折角もらった私には、完全忘却されている。かわいそうな「アイスピック」です。

「本心からは、思ってないでしょ?」ですか。「分かりますか」。でも、もらったことを忘れていたからといって、このアイスピックの価値が下がるものではありません。
忘れられていても、価値があるものは普遍です。歴代の日本首相の顔を思い浮かべてください。「価値が無い?」 ナントイウコトヲ・・・。

5月 13, 2007 赤澤名工シリーズ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/13319171

この記事へのトラックバック一覧です: 「赤澤名工シリーズNO11」 アイスピック2:

コメント

コメントを書く